ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ザスパ草津 in 正田醤油

油断するとすぐ遅くなりますね(笑)申し訳ない。


とりあえず良かった。
選手たちが言っているとおり、今年は先制されても崩れないのが一番の成長だと思います。
先制したのは岐阜戦だけ。スコアレスの岡山戦を含めれば4試合は先手をとれてない。
にも関わらず、負けてない。誇るべき結果ですよ。

草津戦は前半に失点してしまうという新パターンでしたが、前半のうちに追いつき、後半しっかり逆転し、さらに逃げ切るとやるべきことをやってる。失点もオフサイドくさいしさ。でも、ああいう不利なジャッジに晒されたときは崩れることが多かったよね。この試合は崩れなかった。結局、福王がイエローもらったみたいだけど。落ち着いていたと思う。

ちなみに、今回のあれがオフサイドじゃないなら、去年のホーム最終戦・富山戦のコモのゴールは絶対オフサイドじゃないな(笑)
コモのをパスミスでオフサイドじゃないという解釈は(苦しいけど)できても、草津戦のはイチが触れたのはバックパスじゃないし、ってか、そもそも高田が裏にいるからジャンプしてるわけで、全くもってオフサイドでしょう。
あとは、ポジションだけ。正直、TVじゃ映ってなかった。逆サイドの最終ラインがどこなのかわかんない。全ては出てたらって話。まぁ中の選手があれだけアピールしてて、解説もオフサイドじゃないかみたいなイメージで、ベンチの藤田さんまでオフサイドでしょうって言ってるわけだから、たぶんオフサイドと思う。

とはいえ、ゴールはゴール。ジャッジがゴールなら覆らない。
事故の1点は常にある。高木監督が言っているこの言葉がこういう場面ではありがたいよね。


得点は矢野とただよのCBコンビ。素晴らしかったです。
矢野はCKから。西森くんが蹴ったんだよね。素晴らしいキックでした。
その前にCKをとった西のドリブルも素晴らしかった。彼のバネはすさまじいね。改めて思った。

ただよさんのロングシュートも圧巻でしたね。
あれはただでも枠に飛ばすの難しいのに、あの強風の中、しかも完璧なコースで。GKとれないよ。

あのゴールも前提があるんだけどね。ストーリーが作れます。
まず、草津が先制した後、草津のDFラインが下がってしまった。連敗してたから守りたいってのが強く出たのかな。
監督はずっと修正したかったみたい。前半から指示が飛んでいたようで。
草津のDFラインが下がったことでうちは中盤でボールを持てるようになった。草津中盤とDFラインの間にスペースが出来て、プレスがかけられないから。ピンチも増えた。同点弾に繋がる西のプレーもそういう状況下で生まれている。
後半、草津は修正してきた。DFラインをあげてプレスが強くなった。でも、DFラインを上げるってことは裏のスペースが大きくなるってこと。そこをカバーするのは現代サッカーではGKの役目。自然とポジショニングは前目になる。それを、ただよが逃さなかった。奪われ方も悪かったしね。

たらればがあるならば、草津が4戦4敗じゃなければ先制したまま良い調子で攻めれたのかもしれない、熊本が前半追いつくことはなかったのかもしれない、1点ビハインドの状態ならただよはあのシュートをチャレンジしなかったのかもしれない。

勢いの差なのかもしれないけれど、すごい微妙なズレが試合の行方を左右するような大きなズレになっていくこともある。もちろん上の説明は想像ですが、ただGKが前に出てたわけじゃない。ただよの技術もすごいけど、うちの調子の良さが存分に出たように思える。

まぁ何にせよ、素晴らしかったと思います。


あとは、高木監督の交代カードの切り方も面白かったよね。
今回はえらい引っ張ったし。もう少し早く切るかと思ったのに。
匠はいつもどおり。あと、山内と山下か。山下とか草津・梅井のパワープレー対策だし。
山下はなかなか試合に出れてないしね。ピンポイントの起用でも公式戦で経験を積めるってのは大きいと思う。
藤田さんが見られなかったのは残念でしたが。匠も山内も山下もやるべきことをやってたと思うし、控えに満足せずスタメンを虎視眈々と狙っている気迫もプレーに出ていたと思います。とても良かった。



あさっては、甲府戦。甲府もあまり調子良くないね。
戦力的には十分だと思うんだけど。なんだかちぐはぐな印象を受けています。
正直、今チャンスをもらえてない選手たちがプレーするとかなり危険な気がするね。
今までと同じようなスタメンならいいけど、2,3人替えてくるようならそれが一番危ない感じです。
途中交代が早くても同じ。とにかく気を抜けない。

甲府の場合、草津とは違って、早く失点したらゲームが崩れてしまう気がします。
粘って粘って失点しない。そうすることで、焦りとか不安とか出てきそう。
去年完敗してますし、波に乗せたら一気に来ると思う。
前節の鳥栖みたいに根気よく守っていきましょう。チャンスは必ず来る。

そういや松橋兄弟対決もあるかもね。
そう。優みたいな選手に出て欲しくないわけよ。片桐とか優とかこういうのが怖い。

まぁびびるのはサポーターだけでいいです。選手たちはのびのび闘ってきてください。
甲府を皮切りに、いわゆる「強豪」たちとの連戦になりますが、いい試合が見られるよう期待しています。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。