ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 大分トリニータ in 水前寺

水前寺って、なんであんなに入ってるように見えるのに、いつも5000人くらいなんだろう。10000人とか入るのが全く想像できない。

そういう意味では、KKがあって本当にラッキーだなと思う。
陸上トラックはあるけど、観やすいし。
Jの加盟要件の中ではおそらく一番現実的っていうか、財力がモノを言う無慈悲な要件。
ラッキーだよね。ほんと。

それでも、もちろん水前寺にもお世話になってると思うしさ、熊本のサッカーの聖地といえば、まだまだ水前寺だとも思う。色んなドラマがあったもんねぇ。ロアッソに限らず。



さて、大分との試合。
内容は良かったんだけど、結果は引き分け。

勝ち負けに関わらず、水戸、栃木、大分と試合が続きましたが、共通して言えることが1つ。

前半いくつかチャンスがあったのに決めきれず、後半を迎えていること。

栃木戦なんかは完敗とか言われてますが、十分に得点のチャンスはあったと思っています。シュートはなくても崩しまでいけてる場面はあったし、あえば1点の場面を作れていました。
水戸戦はもちろん、PKをもらった大分戦は言わずもがな。

後半運動量が必然的に落ちる中で、1つは勝ち、1つは負け、今回は引き分けと結果が分かれることに。

ありきたりな分析ですが、やっぱり問題は3試合で1点しかとれない攻撃にあるのかな。守備はミスはあるものの耐えてますしね。3試合2失点は十分でしょう。

そうなると、どうしてもフィニッシャーを任されている松橋に厳しくなりますね。
PKを他の人に蹴らせたら決めてたみたいな結果論は言いませんけど(笑)

まぁでも、フィニッシュに至る形もちょっと少ないかな。大分戦は宇留野を前に置くことで、問題の解消をはかったんでしょうけど、解決には至りませんでした。やはり井畑との組み合わせの方がしっくりいくのかも。ファビオ松橋も一度みたいですけど。

一方で、右の山内はよく頑張ってましたね。運動量も多かったし、前線で勝負もできた。ここも前線でためを作れる人がいると違うか。1トップの下に、松橋、山内、宇留野、西のうち3人が並びどんどん追い越して、シュートを打つのが理想かな。

あとは、たぶん大分のディフェンスラインが思いの外低かったというのはあるかもしれません。
それはそれで、山内の仕掛けみたいのが有効になるので、決定的なポイントだとは思いませんが、あんなに守備的に来るなら松橋は一列下で使った方が効果的だったかな。
こればかりは相手があることだし、難しいですね。

一つ言えることは、大分は熊本をそれなりのチームとして相手をしてくれたってことでしょう。そう考えれば嬉しいことです。


今週末はお休み、来週は徳島、その後リーグ戦は中断となります。
試合ないってのはヒマですけど、代表戦もあるし、今年はサッカーに飢える感じはしませんね。

W杯かぁ。
とりあえず今は、ロアッソ熊本の選手が名を連ねる日を心待ちにしてます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。