ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs FC岐阜 in 長良川

最近もやもやした試合が続きますね。

シーズントータルで俯瞰したらこの試合は勝ちたかったし勝てるチャンスはあったと言えるけど、この1試合のみをぶつ切りで評価するなら引き分けOKでしたね。

前半はあれだけぐだぐだだったのに、よく失点しなかった。SGGK南様々。
後半失点直後、すぐさまきりかえてゴールを奪ったカレン&藤田さんも見事。

この試合はベテラン組の活躍が光りましたね。


今回は個人よりチームがちぐはぐな前半という感じでした。
ボールを奪われたらそのまま高い位置でプレスをかけるのか、一旦リトリートして適正なポジショニングをとってからプレスにいくのか。

今季の熊本はどちらかというと後者。陣形を一旦コンパクトにしてから守備をスタートさせるというイメージ。
でも、この試合に関してはイマイチ意思が統一されてない感じはありました。

結果、プレスをかけても連動できず、中盤が整う前に相手のパサーに前を向かれ、最終ラインはいとも簡単に裏をとられる。
それが、ますます最終ラインのポジションを下げさせ、中盤との距離が広がり、スペースが出来て、前を向かれる。プレスがかからないし、セカンドもとれない。選手間の距離が広がったことで、パスも繋がりにくくなる。ボールの競り合いでこぼれたものもよりコンパクトな岐阜の中盤がかっさらい、建て直す前に連続攻撃をくらう。

前半は負のスパイラル。
今までどんな相手にもこういう展開は許さなかったんだけど。
守っていても、意図したプレーができていて、奪いどころがはっきりしてるのが熊本の守備のいいところ。

後半はずいぶん改善されたけど、今回の前半は十分に見直す余地がありそうです。


攻撃は草津戦に比べたらだいぶ良くなってましたね。
単純にシュートが増えたというのもある。
守備でリズムがつくれなかった分、1つ1つの攻撃が淡泊になったり、個人任せになったりすることもありましたが、それでも随分良くなった。

得点シーンは素晴らしかったね。
今季のゴールの中でもかなり綺麗に決めた部類に入る。
カレンが流れたスペースに入ってくる藤田さん。
あれはGKにはとめられない。
岐阜の虚をつけたというのもあるかもだけど、練習の成果が見えたゴールでした。素晴らしい。



最後に、審判か。
なんていうか、なんも言いたくないな。
自分で話題をふっておいてなんだけど(笑)
いくつかのイエローは正しかったが、いくつかのイエローに関しては間違っていたと思う。

まぁ実際のところ、審判が良いか悪いかは、判断の正否より正しい判断をしようとする真摯な態度にあると思うんだよね。
間違いは誰にでもあるのは分かってるけど、間違いを許容してるわけじゃない。我慢するだけ。
だから、せめてしっかりしたポジショニングをとってほしいし、選手と対等な態度でピッチに立っていてほしいなぁと思うわけで。

大変なのは分かるけどさ。
1つのジャッジが試合の行方を左右することは往々にしてあるわけだから。



さて、明日は千葉。
昇格を意識するならこの試合は落とせない。
まだまだ試合は続くけど、昇格するという目標を達成したいなら千葉に負けたら終戦だと思っている。

個人的には、単に1つの試合として勝ってほしいと思っているけど、昇格はまだまだ高いハードルだなと思っています。
クラブにも、選手にも、サポにも、まだまだやっておかなきゃならないことがたくさんあると思うので。

もちろんJ1に上がりたくないわけじゃないし、上がってほしい気持ちはあるし、心から応援してるけどね。

明日の千葉戦で、熊本だって昇格に相応しいチームなんだよってとこ見せてくれると腹くくるんだけどなぁー(´∀`)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。