ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 横浜FC in KK-WING

今の更新ペースで週2試合はつらい(笑)

今日とまとめて…とも考えたんですが、前節があまりにひどかったのでまとめたくないってのが本音です。



さて、前節は動員があって、地上波の放送もあって、とにかくたくさんの人の目に触れるであろう試合でした。

にもかかわらず…でした。

客観的に感想を述べるなら、今の順位や結果ほど横浜FCは弱くないし、個人の能力では向こうが上なくらいだし、かなり研究されたという印象があったので、完敗だったと思います。前期の福岡戦、栃木戦と並ぶワースト3の試合。

勝ってほしかったよ。
せっかくの環境だったし。


以下、横浜FCのことはさておきで思ったことを書きます。

まず守備。
スカパーの山崎アナが開始15分の失点なしなんてデータ持ち出してきたので、フラグにならなきゃいいなぁと思ってたら…甲府戦では逆だったんですけどね(実況が甲府は先制したら負けないデータを持ち出したら、うちが先制したっていう)。

まぁそれは気分の問題ですが、横浜FCは徹底してうちの左サイドをついて来ました。そっからファーにFWが流れたところで筑城と勝負させる。中央がただよでなくてソンジンだったことも大きくて、あの辺のマークが、ボランチ含めてふわふわしてた。ボランチが2列目をしっかり見て、CBはFWにつくと決めるか、もしくはCBとSBのマークの受け渡しをもっと綿密に打ち合わせる必要があった。

さらに、左サイドは堤一枚で守ることが多く、一つ前の西やボランチがヘルプにいくタイミングが悪すぎた。ないか遅いか。そういう時間帯にやられた。

あとは、最終ラインとボランチでのゲームの組み立てが全然できなかった。横浜FCのプレスは狙ってたみたいだし。ここもただよか拓ちゃんか平木がいたらなと思わずにはいられなかった。後半開始から藤田さんが入ったのはその辺の修正もあると思う。

最終ラインはそんなにビビってライン下げる必要ないと思うんだよね。南のクロスへの対応や1vs1の反応はピカ1だと思うし。オフサイドとれないくらい下がるより、クロスやミドルにプレッシャーかける方が効率良さそうな気がする。セットプレーからの失点が多いのも、結局ラインが下がった状態でのスタートで南が抑えるべきポイントがたくさんあって手に余るからでしょう?

今年は失点減ったけど、CBはもっと出来る。もっとしっかり守りたいね。



攻撃面は、後ろの組み立てが稚拙だったのが不遇でしたけど、1タッチで崩すとかシュートにチャレンジするとかなかなか出来てなかった。ファビオがいるんだから単純にクロスでもよかったと思う。ロングにしたって精度を欠いたし、何より前の動きに合わせて蹴れてなかった。
攻撃パターンは開幕当初より増えてきたし、岸野監督が言ってたらしい「カウンターだけ」というのは大きな間違いとは思うけど、カウンターを封じられると幅が狭くなることもまた事実。

まぁでも、そろそろ対策たてられたって、その上からぶちかますだけのメンバーは揃いつつあるとは思うんだけどね。
今回は早い時間帯での失点と効果的なタイミングでの追加点献上でますます厳しくなった。カウンターが信条のチームは先制点をやったらだめだ。


水戸・甲府に引き分けたのはつなげなかった。

本当に残念な試合でした。

今日の愛媛戦は連敗回避が目標。
そして、また1から踏み出してほしい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。