ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs アビスパ福岡 in KK-WING

やばいよやばいよー(笑)


あと1時間で天皇杯の鹿島戦が始まりますね。連休初日なので茨城遠征してる人もいるのかな?いいなぁ。

NHKが放送してくれないのが非常に残念。
録画でもラジオでもいいから頑張って欲しかった。NHK熊本に頑張って欲しかった。

ってか、今の放送の頻度ならNHKは天皇杯の放映権とらなくてもいいんじゃないの?
高い放映権料払ってもらっておいてなんなんだけどさー。



さて、今さらですが、勝ちましたね。ナイスゲームでした。
点をとって、勝つ。サッカーの醍醐味をたくさんのお客さんが目撃できたようで良かったです。


今さらなので、短めにしますが、勝因の1つは運動量ですかね。
前線と中盤がものすごく動いた。DF陣は前が絞ってくれたコースを消すことに集中できたので守備が崩れなかった。すごいよかったよね。セカンドもここ2戦に比べたら格段に拾えてたし。

2つめは福岡の戦術。
横浜・愛媛とうちの良さを消す戦術が徹底していたのに対して、福岡は割りと自身がやりたいサッカーを貫いてくれたので、双方の良さが活かされて試合ができた。たぶん他サポが観ても面白い試合ができたんじゃないなかなぁ?横浜・愛媛戦は他サポは全然つまんなかったと思うけど。これに関しては、福岡様々ですね。前の試合で柏に負けていたことも要因としてあるかもしれない。自分たちのサッカーを再確認しよう的な意識が強かったのかもしれないね。

最後は運。
あんだけポストに弾かれることもないと思うし、開始後数分で久藤が決めてたらとか、中町のゴールがオフサイドにならなかったらとか、あの辺でもツキあるなと思ったよ。2つめとも関連するんだけど、紙一重だったんだよね。福岡の戦術選択も別に間違ってなかったと思うし。チャンスはたくさんあったからね。先手をとられたらワンサイドゲームの可能性もあったと思う。だからこそ、運の要素は大きかったなと。



まぁつきつめるところ、監督もおっしゃっていましたが、選手の頑張りでしょうね。
要因は色々考えられるけど、全ては選手のコンディションとパフォーマンスから始まる。それを後押しするのがお客さん。そして、こんだけのお客さんが来たときに勝ってくれると、また次もスタジアムで応援しようって人が出てくる。選手のモチベーションも上がる。

そういう好循環にもっていかないとね。

2万人集まって、ゴールが入ったときのスタジアムの熱狂はまじですごいと思う。
あれを味わうことなく人生を終えるのは不幸。絶対不幸だよ。

行かなきゃ。スタジアムへ。
ゴールが決まって勝つまで。行かなきゃ。

もったいないよ。



さて、天皇杯は放送無いですが、鹿島の公式でラジオ放送みたいなのやってくれるんだっけ?
いつもやってるよね。あれ。昔鹿サポの友達に教わって聞いたことがあります。
当然鹿島寄りの実況・解説になると思うので、天皇杯の記事は書かないと思います。

次は17日に徳島か。強いからなぁ。徳島。
ただよ・矢野の津田封じに期待しましょう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

実は某巨大掲示板で見つけたんですが
鹿島のネットラジオがありました。
記事に早く気がつけばよかったですね。
審判をけちょんけちょんに言ったりとかなりおもしろかった。
鹿島びいきはまあ良いとして試合もどん引きでしたが
福王が良いミドル決めたようで良かったです。
【2010/10/09 15:04】 URL | 同意に一票 #-[ 編集]

>同意に一票さん
もしかして鹿島主催のやつですか?喋ってる人なかなか個性的な人ですよね(笑)

こちらは松橋・ファビオ・藤田さんの帯同無しかつ宇留野までスタメン外してるのに対して、鹿島はガチのメンバーで闘ったうえでの2vs1ですから自信持っていいんじゃないですか?

希くんや西森も出たし、加藤や井畑も帯同してJ1の空気吸えたなら良い遠征になったように思います。ただよはキレキレですな。

それにしても、終了間際の失点が痛かった。
もう少し苦しむ鹿島を楽しみたかったですね(笑)
【2010/10/09 20:05】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。