ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第16節 vs FC東京 in KK-WING

残念。

展開的には、引き分けどころか、勝つチャンスもあっただけに。

残念。


内容はFC東京ペースに見えたけど、熊日朝刊の監督、選手のコメントを見るかぎり、何かしらの手応えはあったみたいですね。

前日、当日の豪雨によりピッチコンディションはかなり悪かった。
ただ、そこは熊本が誇るKK-WING。ボールがとまるような状況じゃなかったし、大きな影響とは言えなかったように見えました。
まぁただよが滑って大ピンチってのはあったけど。

その中で、技術の差は出たね。
それは仕方ないのかもしれない。相手はサッカーエリートみたいなとこあるし。
そこはしょうがないかなと思って観てた。


惜しむらくは、その差を埋めるはずの運動量とか気迫みたいなものがイマイチ感じられなかったことかな。
ないとは言わないってか、言ってない。

去年の柏戦、一昨年のC大阪戦や仙台戦、その前の年の広島戦。
相手にもよるけど、年々チームの力は高まってきてるのは実感してる。闘える。同じ土俵で闘えてるって感覚は増してる。

それにJ1レベルの選手との力の差も縮まってきてると思うよ。

この試合も1vs1でしっかりやりあえてる部分はたくさんあった。
イチなんてさ、ほぼ勝ちでしょ。長沢の高さも、ただよのフィードも、片山のミドルも十分に通用してた。

それでも、勝てなかったのはなぜか?
あと一歩が届かないのはなぜか?

長沢は決定機2本、せめて枠に飛ばさないと。
強引に反転シュートした場面も、それも悪かないけど、冷静に落とせば片山がどフリーだった。
1つめの決定機で外してしまったのが全てかなと思う。
反省はしても、後悔はしない。
最後の最後の2つ目の決定機は、あれは見た目以上に難しいから。気にしないでいい。

うちのチームの浮沈は、文字通り、長沢の出来次第だから。
プレッシャーどんどん背負って。それを抱えながらゴールを奪え。
で、また強くなれ。

チャンスの時ほど、ふてぶてしく笑えって誰かが言ってた。まさにですよ。


あと、全体としては、間延びしすぎた感じはあった気がする。
高い位置でのプレスではほとんどボール奪取できなかったのと、前半早い時間にセザーに裏取られて、縦に勝負されてピンチを招いたことが響いたのかな。

結果、前からのプレスは連動せず、リトリートする場面が多かったし、守備から攻撃へ転じる時もディフェンスラインの押し上げが遅かった。
そこから、エジがもらいに下がる場面、最終ラインまたはボランチでのパス回しが増えて、パスがカットされる状況につながる。オフサイドもほとんどとれなかった。相手は、最終ラインとサイドハーフの間、1ボランチの脇をどんどん狙ってくる。その対応で、サイドハーフが中に絞るから、また攻撃への切り替えが遅くなるという感じ。

だからこそ、イチのオーバーラップが活き活きして見えるってのもあるんでしょうが。


何にせよ、チームとして、本当にやりたいことができてたのかな?とは思いました。

なので、監督、選手に比較的前向きなコメントが多かったので、びっくりしました。
たぶん現場はまた違うんでしょうね。
それならそれでいいんだろうなとも思っています。



さて、次節はアウェーで大分戦。
大分はお世辞にもうまくいってるとは言えないね。
若い選手が多く、この2年でほとんど変わったメンバーを考えればやむをえないんでしょうが。
しかし、その中にも技術のある選手はいます。西も元気そうだしね。

バトルオブ九州はあまり良い成績残せてないし、前の試合負けてるっていうのもあるので、しっかり闘ってきてほしいですね。

長沢がんばれ!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。