ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs京都サンガ@西京極

ぐうの音も出ないほどの完敗。点差以上の力負け。

責めているつもりはないです。
京都に合わせるのではなく、自分達のスタイルを貫いた結果ですから。
京都は去年一年使って、じっくり作り上げたサッカーですから。
仕方ないです。


ただ、その中で強いて不満を挙げるとするなら、運動量と声だしですか。
運動量に関しては、押し込まれてばかりだったので、単に体力の問題というわけではないのでしょうが、誰かがボールを持った時の動き出しがかなり少なかった。スローインの時もそう。イエローもらってる片山がボール入れるときには特にもらえるように動いてあげないと。
パスサッカーのコンビネーションは形や技術、判断力も大事ですが、出した人が次々に動いていかないと前には進まないからね。ワンツーはもちろんできないし、囮がいなければスペースやパスコースができない。
まぁ改めて言わずとも、選手が1番わかってると思いますが。

あとは、中盤でプレスかけられて背後から綺麗にとられる場面が散見しましたが、あれは声だしがうまくいってないからじゃないですか?推測ですが。


改善できてた点があるとしたら、守備陣でしょうか。
2点とられましたが、南と片山がぎりぎりで防いでなければ、あと5点くらいはとられてた。
もちろん南と片山だけがすごいっていうつもりはなくて、コースを切ったり、最後まで競り合ったりといった他の選手たちも頑張ってたと思うよ。
何よりサイドの守りは少し改善してたように見えました。前半序盤はけっこうスムーズに対応してたし。左サイドは特によかった。
後半は厳しかったけど、あれをあのまま評価するのは少し可哀相かな。前線や中盤で悪い形で奪われることが多かったし、ポジショニングを修正したり、一休みしたりするヒマもなかったし。


あとは、ピッチコンディションが厳しかったね。
見てても、ボールの跳ね方とか転がり方とかおかしかったし、ただでさえ技術で負けてるのに、アウェーかつ特殊なピッチでさらにハンデ背負ったなという印象はある。
ピッチは相手も同じ条件だって言われるし、そうなんだけど、元々の差がさらに拡がるようなコンディションなら熊本にとっては厳しい条件の1つと言わざるをえないよ。


いやぁ。まけたまけた。
悔しいのは当然だけど、今回は一種の清々しささえ感じられる。

そして、熊本のスタイルの方向性を京都のサッカーで確認させられる。目指すところはこの方向かと。
期待はしてる。
J1で勝てるチームになるにはこれを極めていくしかないと思う。



次は町田。
JFLでも対戦してないし、公式戦では初顔合わせかな。
相馬、ポポビッチ、アルディレスと羨ましいほどに良い監督を連れて来るという印象。きっとサッカー知ってる人がトップにいるんでしょうね。
鳥取に3-0で勝ったようだし、全く侮れない。
中二日、アウェー連戦、かつ、敗戦を切り替えなきゃいけないので難しい試合になると思うけど、なんとか勝って熊本へ戻ってきてほしいですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。