ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs町田ゼルビア@野津田

いやぁ。まいったね。これは堪える。
町田を甘く見てたわけじゃないけど、前半を見てて引き分けには持って行けるだろうと思った。

新しいチームとの対戦で良い結果が出てないのは知っている。
連戦に弱いのも知っている。

でも、もう少し良い内容の試合にしてくれると思ってた。それが残念。

負けは負けでも福岡戦や京都戦とは違う。
福岡戦は後半しっかり立て直して光が見えた。
京都戦は力の差を見せつけられたけど、チャレンジした結果だと思って受け止めた。

今回は違う。完全に自滅。

失点の形は不運だったとも言える。
でも、相手の方にボールが転がるのは、相手より初動が遅いからですよ。
奪われた形も最悪だったけど、全力で切り替えて取り返しに行けていればしのげたんじゃないですか?

一つ言っておきたいのは、守備陣は非常にがんばっていたと思う。
南はもちろん、廣井も祐太朗も大きなミスなくプレーできていたと思う。
ただよもバイタル付近以外の守備が軽かったことは気になるけど、まぁ悪くなかったと思う。

対して、攻撃陣はミスが多かったね。
町田は決して堅いチームではなかった。現に前線のプレスは割とはまったと思う。
奪えた回数はここまで4試合の中では一番多かったんじゃないかな。

なのに、無得点に終わった。
細かいパスミス、判断のミス、コンビネーションのミス。散見しました。

チームはこれからなんですって言われたらそれまでなんだけど、そこに甘えてほしくはない。
仮にもJ1昇格を目標に掲げてるんだから、J1でも通用するようなプレーヤーになってもらわないと困る。


思ったんだよね。

たとえば、柏とか広島とか仙台とかC大阪とか、今年で言うならFC東京とか。
「今から思えば、J2降格も良い経験になった。」的なコメント聞いたりするじゃない?

これは成功があるからこそ言えるコメント。成功した現在があるから言えるコメント。
降格したときは死ぬほど不幸だと思ったろうし、後悔しただろうし。

じゃあ彼らはその不幸の最中によりどころになったものって何なんだろう。

1年でJ1復帰したチームは言うほど不幸な感じはしなかったかもだけど。
J2の1年はトントン拍子で駆け上がって優勝したわけだから。

降格してなくても、もがいてるチームはたくさんあるし、そこから脱出して強くなったチームもある。
そんなチームの人たちに聞いてみたい。選手やサポーターに聞いてみたい。
心の拠り所って何ですか。どこですか。


個人的には、今をポジティブに考えるには、どうしても必要なのは1点だけ。1つだけ必要なのがある。

目指してるものが間違っていないっていう確信。

京都戦後にも書いたけど、ああいうサッカーできるよっていう良い未来の切れ端でも見られれば。

だから、今回の試合は見ててつらかった。

言い方がきついかもしれないが、守備が頑張ってるのは高木監督が来てからずっとなんだよ。
そこは当然って言うか、出来てたことだからさ。守備が頑張ったけど負けたじゃポジティブにはなれんのだよ。
上積みがないっていうかさ。成長してる感がないっていうか。こんなこと言うと守備陣には申し訳ないけどね。
せめて1点でもとってくれないとさ。リスク背負ってでもチャレンジする姿勢見せてくれないとさ。


次は湘南戦。絶好調の湘南をホームに迎えての試合です。
メンタルがーとか、コンディションがーとかじゃない。今週末はそういうのじゃダメなんだと思う。

必死な試合がみたいです。

泥臭くても良い。へたくそでも良い。かっこわるくても良い。

「勝つ」ために必死になってる11人がピッチを走り回る姿を見たいです。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。