ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs湘南ベルマーレ@KK-WING

やればできるじゃないか!

っていうのが、この試合の簡潔な感想。ちょっと上から目線すぎるか。

やってくれた!の方がもっと端的かもしれない。


勝てなかったけど、良い試合したね。
3失点したけど、リード守れなかったけど、良い試合したね。THE良い試合。
熊本的には惜しい試合になるかもだけど、客観的にみたら面白い試合だったと思いますよ。

熊本にとって良い試合ができた理由の1つは、走れたことでしょう。
画面に映る選手たちの数が明らかに多かった。それを最後まで貫けたことは誇るべき。
運動量があがり、攻守の切り替えが素早かったことでアグレッシブな守備ができました。
相手の個人技やちょっとしたミスで突破されることもあったし、失点につながったりもしたけど、そこは課題としてきちんと修正すれば、方向性は間違ってないかと。90分もつならそれにこしたことはないし、もたないなら質をあげたり、時間帯のバランスを工夫したり。とにかく「走れる」っていうのが復活したのはよかった。

あとは、五領くんがよかったね。ゴールを奪ったわけではないけど、自分の長所をしっかり出せていたし。
なんとなくニッシを思い出しました。プレースタイルが似ているわけじゃないけど。
でも、こっからですよ。
マーク厳しくなってきて、削られたりフィジカル勝負されたり。思い通りにいかないときこそ真価が問われるわけで。
今は期待しすぎない程度に期待しています。


失点に関しては、直接ミスした部分に目が行きがちですが、ボランチ2人が前に前にっていう感じだったので、チーム戦術上やむをえないところは多かったのかなと思います。もちろんもっとセーフティにいけたんじゃないかと思うし、たとえば1失点目なら廣井のキックの判断は甘かったし、その前の養父の中途半端なバックパス?もダメだったと思うし。それはそれとして反省はするけども、突発的なミスでの失点は守備戦術が崩壊したわけではないともいえるし。人が変われば、そこは大丈夫かもだけど、他のところでミスするかもだし。
要はもっと大きく見た方がいいのではないかと。
あれだけ前からプレスいって、縦に早く攻めていれば、当然守備のリスクは高まるわけで。
同じシステムってことは3バックに対して、3トップだから余りなしだしね。
それがプラスに出たのが3得点で、マイナスに出たのが3失点だったのかなと漠然と思ってます。


まぁでも、この試合に関しては前半から今日は点が入りそうだという感じがしたし、2-2の同点の段階で3点目とれそうな雰囲気もあった。それは相手にリードされてからも変わらなかった。
本当になんとなくだし、今これを書いても後付けじゃないか!って話なんだけど。
それくらい期待できるというか、ワクワクした試合になりました。久しぶりにやってやった感はありますね。

これを続けてほしい。もしかしたら負け越すかもしれないし、上位には顔出せないかもしれないけど。
そうだとしても、こんな試合を1年続けてくれるなら、毎試合期待をもって応援できます。
J1昇格はもちろん目指すべきだし、本気で目指しているからこそ南や主税が熊本へきてくれたんだけど、J1にあがることがゴールじゃないことは多分みんなが理解してることでしょうしね。
J2できちんと勝てるチームはJ1でも結果を残せることを、熊本J2参入後の昇格チームが証明してくれている。
今のサッカーは面白い。これをJ1でも通用するサッカーにしてほしい。


最後になったけど、湘南戦はレフェリーがすごくよかったですね。
簡単にとめることもしなかったし、納得できるジャッジが多かった。
良いゲームになったのはレフェリーのおかげでもあります。
ありがとう。福島さん、藤井さん、正木さんありがとう。


次は同期のライバル・岐阜戦です。
個人的には、昇格した当時よりずっと仲間意識が強いですね(笑)もちろん負けたくはないけど。
湘南戦をいいきっかけにして、次につなげていってもらいたいです。
今度こそ3点とって勝ちましょう。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。