ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


契約更改続報など

公式にきました。

昨日が上村、そして今日、我らがエース泰。

ディフェンスリーダーとエースが残ってくれて本当によかったです。
これで他の3人が出ていっても何とかなる…気がします。

いや。もちろん残ってほしいんですよ。
それでも、当面…というか、もし最悪の事態が起こっても…っていう話なだけです。

あとは、コバ、もりさん、コモですか。
特にコモに関しては嫌な感じしかしません(苦笑)
良い条件でオファーきてそうだけどな。大丈夫かねぇ。

ヤスはレンタル延長しそうって聞いたけど、ほんと?誰か知ってたら教えて☆
鹿児島のPCならもっと調べられるんだけどね。実家はホント…orz


週末にJリーグやロッソの試合がないので本当につまらない日々を過ごさせてもらってます(笑)

こういうオフシーズンの楽しみは、練習見学とキャンプ巡りと移籍動向調べなんですが…
いずれも今のロッソには無縁のようで。

練習は来月16日から。
キャンプは無い方向。
新規加入選手情報も全くなし。

むー。つまらん…


しょうがないのでJFLのチームの移籍動向を少し調べてみました。

一番びっくりしたのが、鳥取。次が栃木。


鳥取は、まず鶴見を残留させたのが非常に大きいなって思う。彼の前への推進力は鳥取サッカーの原動力となっていたし。JFLにきた当初からフィットしてたのは本当にすごいなと思いました。うらやましい。

ちなみに、鳥取の補強戦略の特徴はJFLの他チームからの戦力補強、かつピンポイント補強。

まず、横河武蔵野FCからFW大多和(5得点)とMF原島(12得点)を獲得。原島って横河のエースだし、横河は来年大丈夫かとちらっと思ったけど、去年は陽介をうちが引き抜いたし、GK井上は鳥取に移籍したし、横河はそれでも強かった。そういうチームなんだろうな。すごくうらやましい。
他に、小原一展(水島・DF)、小井手翔太(鳥栖・DF)を完全移籍で獲得、さらに札幌からレンタルでDF吉瀬広志を獲得。
去年の補強と併せて、これでしっかりとした縦のラインを作れたような気がする(GK井上、DF古瀬、MF鶴見、原島、FW秋田)。これで川田(大分・MF)を残せたら…かなり最強やったけどな。

去年、直に鳥取というチームを観戦した感じですが、明らかにDFの力が不足していると思ったので、今回の補強はかなり良い補強だと思いました。来期の鳥取が楽しみですね。他のチームよりも確実に能力の高い戦力を集めたと自負できるチームに仕上がってると思うので。


栃木の補強戦略の特徴は、J2を見据えた戦力補強、そして、柱谷監督の意向を強く反映すること。

先日、東京V所属の佐藤悠介選手の加入が発表されました。
佐藤選手は昨期、東京ヴェルディに所属していたボランチの選手。ヴェルディのキャンプは見に行った、しかも、佐藤は去年のヴェルディの補強としてはかなり有力な補強だったので、けっこう注目してみてました。フィードに良いものを持っていると思いますし、山形ではキャプテンを務めたとのこと。キャプテンシーもあるのかもしれませんね。
今年のヴェルディは選手の個の力は群を抜いていたから、出場機会には恵まれませんでしたが、元々山形で柱谷監督(現栃木監督)のもとでの再出発を決めたということでしょうか。

また、栃木は今期TDKで活躍したFW得点ランク3位(18ゴール)の松田を獲得。おそらく松田も佐藤と同じような理由での栃木入りじゃない?山形から京都ってことは、柱谷チルドレンじゃない?昨期途中から栃木に所属している米田、小原が栃木に残れば、本当にすごいチームになりそう。来期、佐川・Hondaに勝る戦力とスタッフは確保できたと思う。鳥取と富山の出来も楽しみだし、4位以内の争いは非常に熾烈になりそうです。

栃木は、他にも、武田博行(水戸・GK)、入江利和(ジェフR・DF)、石舘靖樹(柏・MF)、鷲田雅一(山形・DF)、赤井秀行(流経・DF)、斎藤雅也(明治・DF)、向慎一(法政・MF)、飯田健巳(上武・GK)、川鍋良祐(青学・DF)、稲葉久人(法政・FW)、鴨志田誉(神大・MF)を獲得。

最近の大学生はレベルが非常に高いからね。今年は特に流経、法政、明治が強かった。
ポジションもまんべんなく補強。栃木の本気度が伺えます。
監督の知名度・能力もさることながら、栃木の地理的場所の良さもあるよね。関東だし。熊本みたいな僻地に来るよりかは決断も早くなるはず。そりゃ当たり前ですよ(笑)元々九州に住んでた人じゃないと、決断しにくいよね。

そういう意味では、九州に住んだこともないのにロッソ熊本に在籍してくれている選手のみなさま、コーチのみなさま、そして、池谷監督には本当に頭が下がります。今日更新された泰ブログの内容をみても、やっぱ監督頑張ってたよねって思いますわ。来年はもっとやりたいことを追求してほしいものです。


あ。そういえば、フロントさんよ。本日の熊日朝刊を読みましたぜ。

まだチーム目標決めてないらしいね。
しかも、関係者と要相談だって?この状態で年を越す気…ですよねー?(苦笑)

…もうどんどん落ち込んでいくよ。失望してしまうよ。大丈夫なのか?

無理な目標は立てられないから慎重になるのも分かる。
チームの改名問題で色々と指摘されて慎重になるのも分かる。
だけど、スポンサーの獲得や選手との契約更新、新戦力の獲得などなど…はやっぱり先のヴィジョンありきじゃないか?

何年後にどのくらいのレベルを目指すのか。
選手たちのサッカー人生を無駄に過ごさせたくないし。
目指すものはJ1っていうはっきりしたものがあるんだしさ。
さすがに1年とは言わないけれど、3年なのか、5年なのか、10年なのか、そこら辺はっきりさせんと。

スポンサーさんたちもやっぱりJ2よりもJ1なわけだし、サポも選手も監督もみんなそうじゃない?
おれがスポンサーでもJ1を積極的に目指してないんなら余裕もないし、断ろうかと思うもん。社内でも反対されそう。地上波放送のないJ2にどれだけ宣伝価値があるのか?って。

ぐだぐだとJの底辺を彷徨ってはいられない。それは間違いなく。

GMがいないロッソでは、フロントがバシッと目標を掲げることがかなり大切だと思うな。
多少無謀でもいい。現実を知った上で、強気の目標を掲げよう。
サポはその目標に夢を描くのだし。
今いる選手たちにJ1のピッチを味わってほしいじゃんか。おれはそう思ってますけど。

叩かれても、批判されても、着実に成長の足跡を残していければ…

フロントは、こうなったら、全ての汚名は自分たちが被ろう!くらいの気概で構えておかないといけないかもしれませんね。そういう意味では、GM今西氏の力で完全に立て直した岐阜や赤字覚悟で大量補強し、来期のJ参入を目指す鳥取、時間は掛かりつつも着々と力を伸ばしている栃木、ビッグサプライズで世間をわかせた琉球のように、フロントも強い気構えを持たないと。これからが本当にフロントの力を試されるんですから。無能とは言われたくないし、言わせたくないもの。我らがロッソのフロントですから。


J参入が決まったとき、いろんなところで使われてた言葉だけど、もう一度考えなきゃ。

J参入はゴールではない。これからが本当のスタートなのだ。っていうことを。

ってか、せっかくJ参入を決めたんだし、そろそろ本気で求心力のあるGMに来てもらうのがいいんじゃない?
今年はそんなに補強はしないんでしょ?たぶん。だったら、なおさら今年がチャンスな気がします。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

米田は熊本に来るよ。
【2007/12/27 16:06】 URL | OP #-[ 編集]

>OPさん

え?まじですか?
それは栃木さんには申し訳ない気分になりつつもかなり嬉しいニュースですね。
ソースも教えていただけると助かります。

ただ、米田獲得が事実だとすれば、コモは出ていくってことなんでしょうなぁ。
【2007/12/27 17:13】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。