ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TM 清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山

おととい、われらがロアッソ熊本は横浜FCと対戦。0-1で敗戦とのこと。

メンバー入れ替えてからの失点ですし、相手の決定力不足にも助けられて…とのことですが、徐々に守備組織は出来上がってきつつあるのかなと思いました。観戦レポをいくつか読ませていただいた印象ではそうとう悪いイメージを持ったんですが、先ほどみた公式動画の選手コメントやゆたかブログでは、やれる手ごたえを掴んだ感じですね。そういう意味ではいいTMだったのかなと。

明日は鴨池で鳥栖戦。
個人的にはそうとう厳しい試合になるかなぁと思ってます。
とにかく何かをつかめるTMであってほしいものです。


さて、おとといは熊本に参戦する余裕もないので、近場であったTMを観に行きました。
もちろん甲府を偵察しにです☆

当日の鹿児島ですが…

強風…
風 TM 清水 vs 甲府 in 中山 
背景の旗がやばい…

もともと中山って風の強い場所ですからねぇ。
日が照ると暖かいんですが、風で体感気温は10度は違う!くらいに。

例年、清水キャンプは人が多く、中山は観戦しにくいので、やや早く出て、昼食とりながら場所取り。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 001
試合前のボール回し

後で気づいたんですが、甲府応援団のど真ん中に陣取ったようで…(苦笑)
おれの携帯「ロッソ」や「しろ」のストラップついてるんで、ばれないようにコソコソしてました。

それにしても、はるばる甲府や静岡からおいでなさる人もおられたようで。
たまの休みを応援してるクラブのためにささげてらっしゃるのですね。
同じJサポとして心から尊敬します。

…と同時に熊本ももっとキャンプ地として頑張った方がよいのではないかと思いました。
ロッソのために…というのもそうですが、思った以上に経済効果あるっぽいよ。
そういうことはご存知なんでしょうか?県の方。今ひとつ知らんのじゃないかなぁ?
今の熊本県には厳しいことかもしれませんが、是非とも頑張っていただきたいですね☆


さて、メンバー(甲府の方のみ)ですが、背番号とはやや一致しないみたいなので、J'sGOALのキャンプレポートを参考に。

1本目、2本目
-----羽地-----
宇留野---前田-
--藤田--石原--
------林------
井上------杉山
-山本英-池端--
-----鶴田-----

3本目、4本目
-----木村-----
-美尾----久野-
--国吉--井澤--
-----大西-----
吉田------鶴見
--寄居-山本僚-
-----桜井-----

交代
鶴見→20が入る。

08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 017
1本目前

DFラインのポジションチェンジがありました。よく覚えてないけど。
いちおうJ's GOALを信じてるんで、あってるとは思いますが…間違ってたらごめんなさい。
まぁ1試合目(1本目&2本目)は顔知ってる選手が多かったんで、あってる自信はあります。

とにかく1試合目がレギュラー同士、2試合目が控組同士の対戦になった模様です。

結果…
0-0、0-1、0-1、1-0

トータル1-2で甲府の勝利。

1得点目はCKから。混戦を井上が押し込む。
2得点目は2試合目開始直後。細かいパス回しから、速攻で国吉のゴール。
失点は、CKから。ファーのドンピシャヘッドにやられました。

試合の大まかな流れとしては、1試合目、2試合目ともやや荒れでしたね。
プレーが荒かったから…というよりは、風でうまくいかない展開にイライラして…という感じでした。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 018
もめてる写真。さて、怒られたのは誰でしょう。


1本目は風上に立った清水が猛攻。一方的な展開。
2本目は風上に立った甲府が猛攻。一方的な展開。
3本目は風下でも甲府の方がゲームを作る。清水は完全に個人頼みの展開。
4本目はやや清水が盛り返し、互角の展開。

攻撃の速さは甲府の方が上だったので、甲府の攻めの方が怖い感じはしました。
清水は1本目、決めるというよりは崩しにかかっていたので、結果的にそれが裏目に出た展開。
決めるところで決めてないと、前半どんなに有利な展開でも後半は全く別物になることもあるという訓戒のような展開でした。


以下、甲府について。
例の如く、がっちり長いので、そこらへんはよろしくお願いします。

今回の偵察の目的は、
①主力が何人か抜けた甲府の現有戦力を見ること
②監督が変わって甲府サッカーはどうなるのかを見ること
③長所・短所の分析
です。


まず①について。

J2に降格するにあたり、主力では、須藤、茂原、増島が退団。
その穴を埋めるべく、ジョジマール、前田、美尾を獲得。
ルーキーでは吉田くんだけ知ってます。U-18日本代表で見ました。
巧いし、走れる選手だよね。甲府には最適な選手かも。
ソニー仙台の山本は見たことあるはずなんだけどね。あんまり印象にない。
でも、1本目を見た感じ、無難でした。背もあるし、甲府にとっては貴重かも。

さすがに穴を埋めたということはできないかもしれませんが、ジョジマールの活躍いかんではすごく強いチームになりそうです。甲府はでかくて強いCFが1人いれば攻めに関してはほぼ完璧ですしね。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 013
ジョジマール

今回のスタメン組羽地に関してはまだまだな印象を受けました。ヘッドはそこそこ競り合えるけど、おさまる感じじゃないし、シュートもことごとく枠に飛ばず。宇留野せんぱい(別に先輩じゃないけど、HondaFC出身なので、気分的に)&前田はそれなりに勝負してたけど、中に切れ込む展開が少なく、怖い感じは受けませんでした。これからかなぁ。

甲府攻撃陣でもっとも怖いと思ったのは藤田&石原。
藤田のプレースキックは本当に正確。内巻きのボールが蹴れるように、右でも左でも蹴ってた。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 030
藤田。これから右で蹴ります。逆サイは左で蹴ります。

ロッソの失点ってセットプレーけっこう多かったし。
不用意な位置でのファウルは減らさないといけないし、DFの連携も大事になってきますね。
石原もミドル巧いからなぁ。前でチェックすればスペースが出来るし、引きこもればミドルが飛んでくる。本当に嫌なチームですね。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 008
石原
林はいつもどおり。でも、速い選手じゃないので、そこら辺をうまいことつきたいですね。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 006


DF陣はメンバーは揃ってるけど、鉄壁にはまだまだかなと思います。高さ、速さ、ともになんとか勝負できそうな気がしました。SBはかなり高めのポジションをとるので守備よりも攻撃面でのケアが必要かもしれません。


②について。

これは心配してました。今年は同じカテゴリーに属するライバルだ!…とはいえ、甲府のサッカーは魅力的で。他のどのJクラブとも異質で。素敵です。大木前監督が作った甲府サッカー
を何としてでも受け継いでいってほしいなぁと思っていたので。

結論からいうと、変わらず。
新監督の安間さんは前から甲府におられた方で、その前はJFLの門番HondaFCの監督で。
大木イズムを色濃く受け継ぐ方が甲府の監督になられて、本当に良かったなと思います。

少し気になったのは、昨年よりも大きなサイドチェンジが多くなった点。
スタメン組をみてると、それを非常に感じました。指示があったんでしょうか?
甲府みたいなサッカーをする場合、サイドチェンジはいい面と悪い面がある気がします。
いい面はサイドバックの上がりを推奨し、人数をかけて攻めれる点。
悪い面は多用すると時間がかかり、相手DFがきちんと形を作ってしまう点。
多くなるということは、それだけ攻めあぐねているということをも示すので。

ただ、2試合目の控え組が去年の甲府サッカーをやってたことから考えると、ベースは全く変わらないと思われます。新加入の選手にもそれなりに徹底されているということだしね。2点目の速攻は本当に見事だった。細かなワンツーと縦のドリブルであっさり抜け出て、1対1。

みてても楽しい。やっても楽しい。分かっていてもとめられない。いやぁ。素晴らしい。
補強においても、ぶれがなく、誰が入っても、どんなメンバーでも甲府のサッカーを体現できるというのは本当にすごいことだなぁと思いました。甲府おそるべし。


③について。

ここまで書いてきたことが全てなんですが、長所は層の厚さ。
最も警戒すべきはオフェンシブハーフの2列目からの飛び出し。
FW、DFには物足りない部分もあるけれど、特に弱点と呼ぶほどのこともなく。
なにより、あのパスサッカーをどうやって防いでいくかは悩ましいところでしょうね。

個人的には、4-5-1をもっとちゃんと習得するとか、4-4-2でも中盤をダイヤモンドにしてサイドハーフ&ボランチにはハードワークしてもらうとか、そういうことからだと思いますし、何より選手同士の連携、コミュニケーションを向上させておかないと無限にチャンスを作られそうな気がします。押し込むことで更に威力を発揮するのが甲府のサッカーなので、ボールを持っているときに捕まえて確実につぶすことが大事になってくるでしょうね。



一方、例の如く(笑)攻略しなくていい方の清水ですが…
去年の今の時期とほとんどおんなじ。システマチックな感じはなく、個に頼る形。
この調子だと、今シーズンも昨シーズンと同じような成績かなぁと思いました。
優勝は無理だけど、それなりに上位には食い込む感じ?
昨シーズンは中位がだんごだったので他チームの状態によっては、真ん中あたりになる感じ?

新加入選手としては、アウレリオとパウロみれました。

パウロはでかいし、1ボランチとして声だし、キャプテンシーなんかは持ってる選手のような気はします。ただ、スピード系につっかけられるとファウルで止めるしか出来なそうな印象を受けました。ああいうボランチは外で観るよりチームの役に立ってることが多いので、おそらく使うんだろうなとは思いますが、短所もまた十分に把握しておかないと厳しいかもしれません。

アウレリオはフェルナンジーニョですね。簡単にいえば。やっかいといえばやっかいですが。良くも悪くもフェルナンジーニョですね。それにしても、この手の選手を補強したということは、矢島と心中する気でしょうか。ちょっと危険な気もしますね。矢島はちゃんとのびればきっと大物になるとは思いますが、今は波がありすぎますし。

あとは、五輪代表で山本と青山、本田、岡崎がいなかったです。
本田拓也を見たかったけどなぁ。
山本はいなくても、他のGKも能力が高いんで大丈夫でしょうし、岡崎もアウレリオとった時点で大丈夫なんでしょうけど、青山がいなくなるのはかなり厳しいんじゃないかという印象は受けました。3番手は山西か岩下か。ちなみに、当日の1試合目は廣井でした。例年清水は守備力のあるイメージですが、青山がいない時期は苦労しそうです。

2試合目では、神村の永畑くんと流経柏の大前くんをみました。

永畑くんはフィジカル的にまだまだでしょうね。面白い選手なんで頑張ってほしいです。

それにしても、ケンタは大前くんをどのように使うんでしょうかねぇ。
個人的には今年からどっかで出してあげたいですね。
能力的には非凡なものがあるなと思いますし、ドリブルも通用します。
ただ、清水のMFは層が厚いし、FWはアウレリオとったしね。

何か清水は補強ポイント間違えてる気がするけどな。
大きいFWと即戦力DFがほしかったんじゃないかなぁと。
GKとMFは下のカテゴリーにレンタルに出して経験積ませてもいいくらいいるのに。

あと、さりげなく淳吾ファンですが、彼も伸び悩んでる感じはするなぁ。
08.02.16 TM  清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 in 中山 022
淳吾

ドリブルで勝負できなくなりつつあるし、シュートで行くべきところとクロスやパスを出すべきところの判断があやふやになってるような気も。ま。決して能力自体が…っていうわけじゃなくて、疲れか精神的なものが原因のような気はします。


オマケとして淳吾のFKの動画をあげてみました。
ずっと蹴るとこ映そうと思って待ってるのに、左隅に出てくる男に邪魔されました(笑)
音量注意。あと、ぶれてるんで。ごめんなさい。



スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。