ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TM vs サガン鳥栖 in 鴨池(後編)

筋肉痛が治りました。

ただ、重要な試合の記憶が薄れつつあります(汗)
メモを頼りに思い出しながらになりますので、多少間違いがあるかもしれません。
その点につきましては、ご理解くださいませ。


後編は、TMを振り返ると共に、鳥栖の攻略ノートも兼ねることになるんで、まとまるか不安ですが、とりあえず書いてみます。


まず試合の内容について。

TMの前日のJ's GOALのキャンプレポートにて、鳥栖戦は守備、特に奪い方を確認するという意図が示されてたようなので、そこに注目して観ていました。



1本目。

現時点でのベストメンバーとも言える布陣。
おそらく開幕戦はGKがコバになるくらいの変更かなとは思います。
イチが復活してました。右足のサポーター(テーピング?)は痛々しかったですけど。
関も今年初見でした。白いバットマン。黒い方がやっぱかっこいいかなと思いました。

一方の鳥栖ですが、これまた現時点でのベストに近いメンバーを並べてきたようです。
藤田や衛藤は観たかったけどなぁ。ケガとのこと。残念です。
鳥栖は「日本一走るチーム」を目指すらしいので、ロアッソが苦手なタイプかなぁというのが個人的な戦前予想でした。

が、決して走り負けてなかった。1本目。

出来るだけ高い位置でボールを奪う姿勢ははっきりと分かりました。
山内、関、西森の前線でのチェイシングはよかったと思います。
それと、東京V戦でも評価の高かった福王1ボランチ。いいかもね。
DFラインも統率されていたし、よかったと思います。

失点は、矢野がPKとられたのは不運だったなと。
上村がPKとられたのも誘われたし…というか、その前に有村と関が2人でチェックいったのにその間をドリブルで抜かれたのがそもそもの原因。中央からカバーにきた上村はよく触ったと思うよ。審判によってはシュミレーションとったり、流したりするかもしれない非常に微妙な場面でした。

1本目は全体的にジャッジが定まらず、特にロアッソの方が不利にとられることが多く、イライラしてた部分はありました。あのいつも飄々としてるコモがレフェリーにつっかかったり、グラウンド外に思いっきりクリアする場面もみられましたしね。

鳥栖とうちの攻めに対するコンセプトは対照的。
鳥栖は基本ロングフィードから。シンヨンに当てると高確率でマイボにできるし。
彼がポストになって、後詰めしてくる高橋に預け、サイドへの展開が基本かなぁ。
まぁとにかく速いです。守備から攻撃への切り替えが。
藤田が復活してきたら二人になるのか…脅威以外の何物でもないですな。

うちは長短混ぜつつの展開。
鳥栖ほどプレーヤーのスタイルが決まってないので、多彩な攻めの可能性だけは残されていると。現に、出てくる選手によって、やや攻め方は変えてると思います。
1本目は山内が裏をとれるタイプなので、単純に裏を狙うケースが多かったかなと。
それが成功したかなと思われます。


2本目。
鳥栖は基本変わらず。ロアッソ側は全替え。
よしおさんが入ったので割合的にロングフィードは増えたかな。
1本目に比べると前目で奪う意識が感じられなかったかも。
フォーメーション的にも相手ボランチをどうやって捕まえるかがなかなか難しかったのかなと思う。

失点は、左サイドを清水に完全にぶち抜かれ、えぐられてからのクロス。
これはだれか個人を責めるというよりは何段階ものミスが重なった…という方が適切かも。
ボランチやFWがパスの出所をつぶせなかった。
河野が簡単に裏をとらせた。そのカバーも遅れた。
稲田が飛び出したにもかかわらず触れなかった。
1つ1つが小さなミスで、だけどそれらが繋がり、ファイヤー・アイスストーム・ダイヤキュート・ばよえ~ん…となる(ぷよぷよ笑)

得点ですけど、その前からチャ様がよく攻撃参加してたのが印象的でした。
それなりにスピード・技術もあるみたいだし、小さいわりに強いよね。
前よりは確実にコンディションが上がっている印象を受けました。
オウンゴールにはなりましたが、あれは相手のミスによるもの…というよりは完全に崩した結果だと思うので、前向きに考えていいとおもいます。

それに、よしおさんがドフリーの1対1もいくつかありましたし。
マチのトラップミスもありましたし。
スコア以上に両チームともにチャンスのあったゲームでした。


3本目。
今度は両チームとも大量に選手入れ替え。
鳥栖の方の戦術はほぼ変わらず。31番谷口のプレーがやや荒かったのが印象的でした。

ロアッソの方はスピード・テクニックタイプがそろったので、攻めの基本はスルーパス。何本か1対1があったんですが、やっぱりGKに触られる。いい加減シュート精度あげんとなぁ。
中盤の構成はけっこうよかったと思います。
DFラインは不安定でしたね。祐輔はちょっと判断が遅い場面もあったし。稲田がフォローすべきところでもあると思いますけどね。失点は完全にうちのDF陣のミスです。残念。


稲田は1対1になりかけたところを31番と交錯して負傷。遠めだったので理由は分かりませんが、ばっさんが31番にぶちきれてました。まぁ確かに無理して飛び込むようなボールでもなかったですしね。故意に削りにいったと思われても仕方のないタイミングだったかも。稲田大丈夫でしょうか。

得点は中盤のプレスからボール奪取、木島の良い動き出しにスルーパスが出て、GKとの1対1。なんなくゴール。



次に、鳥栖について。

おそらくコンディションがまだまだでしょう。それほど走れてるイメージはなかったです。
が、さすがに守備から攻撃への切り替えは早い。
攻めるときのFWとMFの詰め方はすごかったですね。

それに、シンヨンはJ2所属の外国人選手の中でも1,2を争う卑怯っぷり(笑)
ポストに専念されると相当厳しい。それでも、ばっさん競り勝ってたけどね。
シュートも巧いし、テクニックもある。ちょっとなぁ…C大阪何考えてるんだろう。

さらに、上にも書きましたが、攻めはシンプルな戦術で。シュートで終わる意識も強かったです。
これから詰めていけば、もう少し決定力の精度も上がってくるかと。

MFは小さめの選手が多く、真ん中には運動量豊富でテクニックのある高橋がいて、前線に積極的に飛び出していける衛藤がいて、両サイドハーフはスピード自慢という印象。構成はうちによく似ているかと。対峙する場合はとりあえず高橋をどれだけ早く捕まえられるか…でしょうね。なるべく前を向かせず、相手陣地内でつぶしておきたいところ。

DFは正直あまり良くない印象を受けました。高さはそれなりにあるし、個々の能力もそれなりにあるんだろうけど、いかんせんラインがぐちゃぐちゃ。とくにSB。うちのスルーパスが通って、1対1を作れたのはそのせい。なぜか片方のサイドバックが残っちゃってるんですよねー。これは…仕様でしょうか?それともコンディションが悪くてたまたまでしょうか?うちだからGKが触ったものの、広島の佐藤や徳島のドゥンビア、C大阪の古橋あたりを迎え撃つには少々心もとない気もしましたね。



最後に個人についてですが、既に随分長くなったので、気になった選手だけ(といってもかなり書いてしまいましたが)。もし「この選手がどうだったのか知りたい!」というのがありましたらコメント欄にて受けつけます☆


太くん
例年になく当たってますねぇ。PKは止めそうな気がしていた。そういうオーラが出てた。
飛び出しの判断がやや遅いところはあるけど、キックもそこそこ安定してたし、今かなりいいのでは?
あとは、DFラインとの兼ね合いで、ラインが高い時はその後ろをカバーするくらいの気持ちも必要かもしれませんね。

イチ
まだ全開…って感じではなかったですけど、攻守に無難な感じでした。決して守備が巧いわけじゃないけど、それでもまぁ落ち着きはあるかなと。今はあまり無理せず、完治を目指してほしいです。

上村
イエローをもらった1プレーは余計でしたが、取られたファウルも不用意な感じではなかったですね。やむをえないというか。他の選手のミスの尻拭いというか。イエローをもらったプレーも後ろからでしたが、フィードをカットしにいったタックルだったし、まぁ許容範囲かなと。余計だと思ったのは、まだ相手陣内だったからで、ポジション的には関がカバーすべきところでしたしね。要らんと言えば要らんけど、本番だったら行かざるを得ないだろうなぁ…という場面です。


どうかなぁ…と思いましたが、よかったですね。生き生きしてました。バランスをとったせいか西森が全然でしたけど。得点のシーンも見事なシュートでしたし。前が山内だと前がかりになった後も戻りやすいですしね。パスやクロスの出し手としてはもう少しですが、攻撃しようという意識はすごくよかったと思います。守備はまだまだですね。上村がPKとられる前のプレーはいかん。2人で囲まれた時のセオリー、2人の間を抜く、を簡単にやらせてしまいましたし。そこら辺は西森の方がいいかなぁと思います。

中山
ドフリーが2,3本。決めてればもっと大差で楽な試合になったかなと思う。
wikiに書いてあるように、やっぱりポストプレーには向かないかなと思う。
別にチャンスは何度でも作ってくれるし、自信を持ってシュート蹴ってほしいなぁ。

山内
この日のTMのMVP。高橋が間に合わないならスタメンの匂いがする。
前線からのチェック、スピード、それにシュートも巧いし、他のどのFWとの相性も良さそう。
G大阪の山崎(元大分)的な感じか。シャムスカが松橋じゃなくて山崎を使いたくなる気持ちは非常に分かる。
もちろん苦手な状況もあるし、どうやってスペースを生み出していくかは非常に大事になってくるかなと。全体を押し上げてくる速いチーム相手には効果的な選手だと思いますね。

ただよ
1ボランチ。すごいいい。CBの時よりも気兼ねなくフォアチェックできるし。
何本か球離れが遅いことがあったので、それだけ気をつけてもらえれば、あとはいいんじゃないかと。
前に小森田がいて、後ろに福王がいるっていうのはパスの出所、出しどころが多様だし面白いと思う。
前にもよく飛び出してた。ミドルも巧いしね。やってくれる予感。

よしおさん
コンディションが上がってきてる。前よりは確実におさまるようになってきた。
あとは、シュート。中山やマチと同じく何本も決定的な場面を作ってもらいながら、何本も外した。
去年から考えてもさすがに目に余るかなぁと。タイプ的にゆたかとかぶるし、出番はあるはず。
そこでのチャンスをものにするためにもシュートは是非とも。お願いします。

マチ
もっとシンプルでいいと思う。トラップとか考えない方が良い。
ゴールが見えたら打ってしまえ。そのくらいがマチらしい。

陽介
消えてたなぁ。良さを出そうしてるのはすごく分かるけど。
陽介に合うのはアーリークロスだと思うから、きよし&木島のえぐりタイプではなかなか難しいかな。
もう少し陽介に合ったパスを回りが出すべきかもしれんなぁ。
公式動画見ました。まずは仲の良い友達を作るべき!

網田くん
攻撃面では何本か良いシーンがあった。サイドチェンジもあったし、視野の広さは分かる。
でも、ディフェンス面ではいくつかミスがあったなぁ。まだまだ。SBとしてはこれからかと。

稲田
名古屋戦で見たときよりは不安定だった気も。キャプテンシーはあるけど、もっとCBの二人に声かけすべきだと思う。名古屋戦ではそれが出来てたのにな。ま。少しずつってことで。

木島
点に絡んでいるのは間違いない。ただ、それはロアッソ熊本全体の組織があってのもの。
獲得はするんだろうけど、FWで起用したり、スタメンで起用したりすると今ほどの活躍は出来ないかも。
残り30分のスーパーサブとして右ハーフで投入するのが一番いい気がする。
トリニータの高橋大輔理論。一番生きるのは右ハーフ。

河野
前よりディフェンス上手くなった。プレスのかけ方も上手くなった。
ただ、やっぱり1人で突破できなかったなぁ…攻守のバランスのとり方がもう少し上手くなればと思う。
イチには無理させたくない感じだし、河野には是非とも頑張ってもらいたい。

ばっさん
身体能力の高さをみせつけた。まさかシンヨンにも競り勝つとは…ミスマッチなのに。
もっと前目、前目で奪えるようになるとスタメンとるかも。当面は矢野との争いかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

レポお疲れ様です(・ω・)ノ
相変わらず読み応え満載で

この鳥栖の攻め方を今のうちに見れたのは大きいですね。リーグ戦、早い段階で当たりますし。

コモ・タダヨの縦ラインはほぼ確定ですかねぇ。
結構使ってるぽいし。

関・山内・西森など若い選手は自信になったっしょーねぇ!ありがたいw

ただ相変わらず課題はDFの連携ですか・・・
【2008/02/22 08:59】 URL | 高菜 #-[ 編集]

遅くなりましたー。すいませーん。

フォーメーションどうなりますかねぇ…
ま。たぶん予想通り…っていうか、ロッソサポなら「ああ。やっぱり!」っていうものになると思いますね。変化球なしな気はします。

個人的にはFWが一番悩ましいです。
ゆたかが戻ってきたら山内出れないのかなぁと。

守備は去年もそうでしたけど、うえみーがきっちり開幕に合わせてくれると信じてます☆
【2008/02/25 15:10】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。