ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまには真面目に語ってみよう

なんか熊本にいないんでわかんないんですけど、山崎くんの内容そんなにひどかったんですか?(汗)ロアッソ熊本特集やるってことですごい観たかったんですけどねぇ…チームはこれからってときだし、もしそうなら残念ですね。

鶴見・鳥取の事件についてはなんとなーく知ってます。

サポはイエスマンになるべき…とは思いません。
チームへの愛は基本的に無償だけど、勝利という見返りを求めてる部分も少なからずあるし。
そういう意味では、結果は出してほしいなって。強くは言わないけど、どうしても思ってしまいます。

となると、納得のいかないプレーや納得のいかない采配に意見を言いたい!っていう気持ちも分からなくはないですが…やっぱあくまで参考程度ってことで。なんたってあちらはプロですから。
結果が出なければ、遅かれ早かれ「契約解除」が待ってるわけで。失業ですよ。失業。

だから、少なくとも必死なんだと思っていつもみてます。練習も。試合も。
どんなにチグハグで、バラバラでも、それが勝利に向けて必死になった結果なら、まとまるまで信じて待ちます。ずっと待ちます。


何とかしたいという気持ちが空回るときもあります。
何とかしたくても体が動かないときもあります。
スランプに陥ったら全てが上手くいかなくて、イライラしたりもします。
プライベートも大事です。離婚で調子落とした選手を最近だけでも2人は知ってます。

監督は選手の個性と能力、コンディションを正確に把握する必要があり、選手には監督の描いているイメージを共有することが求められます。選手は「出来ないことは要求されない」、「仮に自分では出来ないと思っていても、監督が出来ると信じてくれている」と思える…そういう関係を築いていくことが大事だと思います。そういう関係が築けているうちは結果が出なくても、チームとして成長していってると思います。


それと、鶴見や鳥取の事件がうちの汚点であるとは思いません。
いいじゃないですか。それだけ親身に応援しているということなんでしょ?
ああいう熱いサポートがあるからチームは持ち直したんだって胸を張って主張したらいいじゃないですか。
ただ、もしサッカーじゃない部分で監督や選手のことを悪く言うのだとしたら、それは違うんじゃないかなって思います。

my愛読書『はじめの一歩』で鴨川会長がいった言葉(マンガでもいいじゃないかw)。

努力した者が成功するとは限らない。
だが、成功した者はすべからく努力している。

正確じゃないかもしれませんが、こんな感じのことを言ってました。
この言葉が大好きです。
頑張っても結果が出ないことはよくあります。
でも、結果を出すには必死に頑張ってみるしかないってことです。

結果が出ないからといって、それまでの過程を否定したり、頑張った人を蔑んだり罵ったりする人は悲しい人だなと思います。頑張ったかどうかは自分で判断するべきですしね。

あ。これはあくまで一般論ですよ。思ったことを書いただけです。


あ。それと、最近よく思うんですが、大人は根に持つ生き物です。
特に屈辱的な出来事は、そう簡単に水に流すなんてことはできないです。
大人のほうが小さなプライドたくさん持ってたりするもん。

一度壊れたものはもう元には戻らない。
これは壊された方からみた言葉かもしれませんね。
壊した方は謝って償えばなかったことになるものです。

そうです。これもあくまで一般論です(笑)

たまにはこういうこと書く日があってもいいですよね☆

ちなみに、自分自身はチームのために泣けるサポになりたいです。
嬉しいことも悲しいことも楽しいことも悔しいことも。
他の人に不満をぶちまけるのではなく、あくまで自分の中で整理したい。
周りの人には涙で伝わればそれでいいかなって。そう思います。
それがサポとしての永遠のテーマです。


明日は鹿島vs広島。ゼロックススーパーカップ。
広島に注目しながら思ったことを書こうかなと思います。

あさっては、我らがロアッソ熊本のPSM。vs札幌。
たぶん行けませんので、他のサポさんのレポートに期待してます☆
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

初めてコメントします。
山崎くんはあのシーンが何の説明・フォローも無く流されたので、番組的に何がしたいのかわからなかったですね。
客を呼ぶ為の番組なのか?過去の歴史を説明する番組なのか?とっちらかっていてまとまりが無かったです。
「お客さん来てよ!!」であればもっと違った作り方があったと思います。
当人にしてみると「悪いのは俺らみたいじゃん」となるでしょうね。
私個人としてはすんさんのスタンスで応援して行きたいと思います。
【2008/03/01 08:47】 URL | 同意する者 #-[ 編集]

>同意する者さん
なるほどー。なんとなーく分かりました。
でも、何の説明もフォローもないっていうのが今ひとつピンと来ませんね。とりあえず、そのVがあって、「週間山崎くん♪」ってCMに入ったくらいのイメージです(笑)

ニュアンスとコンセプトの問題ですかねぇ。
隠すような事件でもないので、ロアッソ熊本をドラマティックに表現するスパイスとして使うなら肯定したいし、仰るとおり「観客動員に貢献しよう」という観点からはもっとデリケートに扱って欲しかったなというところでしょうか。

ともかく今回の番組の件に関してはチームは(たぶん)何も悪くないんで、彼らに批判の矛先を向けることはあってほしくないなと思います。大事な時期ですもん。
【2008/03/01 11:07】 URL | すん #-[ 編集]

番組の流れとしては
ボランティアの紹介→例のシーン含めたチームの現状の様な話→新人紹介→選手達とのお話→ヴェルディ戦の紹介だったような気がするんですが
現状の様な話の中では大阪、鳥取のシーンがほぼフルで使われました。ほんとにそこだけです
歓喜する映像やシュートシーンはその流れでは使われませんでしたので、そのシーンがとにかく目立ってしまいました。それについてそのシーンが起きた経緯等の説明もフォローも無かったということです。
【2008/03/01 13:27】 URL | 同意する者 #-[ 編集]

>同意する者さん
たびたびありがとうございます。
なるほど。中立の人が見て悪い印象を受けるような編集だったということですね。
ただ、もう無かったことには出来ませんからねぇ。今後のことはともかく、訂正を求めるのも違うと思います。それほど効率の良い方法だとは思えませんし。
とすると、すごく前向きに考えて、良くも悪くもロアッソ熊本に興味を持ってもらえたってことで、あとは個々で修正していければそれで良いのかなと思っています。
【2008/03/02 01:07】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。