ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甲府 vs 岐阜

我らがロッソの永遠のライバル・岐阜の試合を観ました。

相手は甲府。
今年のJ1昇格有力候補。

それぞれなんとなく思ったことを。


まず、甲府から。

チームとしての力は前評判どおり甲府が上。

前に清水とのTMを観に行った時とあまり印象は変わりませんでした。
ショートパスで繋げるサッカーは健在。いいサッカーをしてると思います。
ただ、やっぱり攻撃に迫力がないのと、カウンターへの対応が拙いなと。

羽地が決めたのは良かったですが、他にもチャンスはたくさんありましたし。
何より大西、前田ががんがんシュートを打たないと結局昨季と同じ。
バレーがいなくなってから弱くなった…といわれ続けることでしょう。そんなの悔しいじゃないか。

前半はわりとコンパクトに保てれていた人と人との距離が、後半は間のび。
パスは繋がらない。セカンドボールは拾えない。
甲府のサッカーはポゼッションされることを極端に苦手とするシステムなのかなとも思えた。

ディフェンスは1対1の対応はけっこう良かったと思う。
だけど、ラインがずるずる下がりすぎててワンボランチの林だけでは捕まえきれないほど、アタッキングゾーンに岐阜の選手に入り込まれ、為す術なしの時間が続いた。ジョジマールが入ってからは彼のゴールに向かう姿勢でやや盛り返したけど、時既に遅し…という印象を受けました。でも、甲府みたいなチームにはジョジマールみたいにちゃんとシュートを意識してる選手が最も必要なんじゃないかなと思います。いい選手とったんじゃないかなぁ。

この試合で甲府はシュートを打つべきタイミングで何度パスを選択したろう。
石原・藤田はミドルを撃ったか?
後半岐阜が前がかりになった時、フィードをする姿勢だけでも見せれていたか?

とにかく甲府はシュートを打つべき。
シュートをブロックしなければいけないから、DFはパスと迷うわけで。
シュートの選択肢がなければ、守りやすいし、全然怖くない。

あと、カウンターに対する耐性がなさすぎ。
J2を…というか、岐阜をなめてるとしか思えない。
強いチーム相手に引きこもるのは当然だし、それ以前に岐阜のサッカーはJFLのときから全く変わってなかったのに。その戦法に、曲りなりとも去年までJ1で戦っていたチームが対応できないなんて。

ちょっときびしめですが、甲府のサッカーが好きだからこそです。
羽地の位置でジョジマール使ってほしいね。羽地は点決めたからすぐにとは言わないけれど。
それと、プレースキックは藤田に蹴らせろ!それしかなくない?


最後に、小瀬で行なわれた今回の試合。
試合の前に、水がまかれていたということですが、事実ですか?
芝が湿るとボールの滑りが良くなります。
ショートパスを多用する甲府のサッカーに有利だと思ってのことかもしれませんが…
前半いい裏へのパスがことごとく長すぎ。転がりすぎ。もしかして、うらめったのでは?

加えて、そういうこともあるのだなぁと思いました。
うちも気をつけてほしいですねー。
小瀬は晴天でも湿ってるかもしれないことを是非とも知っててほしいなと思います。



次に、岐阜。


去年はいなかった選手が何人かいました。
総じて、思ったよりフィットしてたなぁと。

サッカー的には去年と同じ。
守備を重視して、カットしたらトップへロングパス。カウンタースタイル。

その徹底した戦術は、前半からも何本かチャンスを作ってたし。
甲府相手には大正解だったというか、守備をしてても攻撃をする姿勢を常に示せていたのは良かったかなと。そうやっていたことで、DFラインを下げさせ、MFが飛び込んで勝負できるスペースを作ることができたなと。

さらに、思ったんですが、去年よりも片桐が下がり目で受けて、キープし、トップのもう1人、またはMFが飛び出していくパターンがたびたび観られました。去年観た感じ、片桐は確かに巧かったですが、この試合ほど下がって受けるイメージも、キープして前にパスを出せるイメージもなかったな。今が調子いいのか、去年が悪かったのか、それとも出来たのにやってなかったのか、あるいは単におれが知らなかっただけか、何にせよ、あそこに対応するのが必要かなと思います。ボランチとDFの役割分担。

小島はよかった。決定力もあるし、どこにいるべきかを分かってるかのような動き。
去年も厄介だったもんなぁ。なんでスタメンじゃないのか分からんかった。

ディフェンスについては、ちょっと心配かな。
1失点だったけど、川島と小峯が合ってくるのはこれからな部分もあった気がしますし。
今回は球際を厳しく…っていう感じでカバーしましたけど。
もっといいFWがいるチームになると…まだまだ心もとない気もします。

あとは、松永監督の采配良かったね。
まさか最後に森山出してくるとは。勝ちに行くぞ、お前ら。のサイン。
ああいう明確な意図の見える采配は気持ちいいですね。
そして、森山見せ場作ったし。ボレーのとこ。あそこが決まっていたら松永「名将」だったなぁ。
去年の後期のこともあるし、岐阜サポさんには何気に支持されてないのかなぁと思ってて、そんなにやばいのかと思いながら観てましたけど、ああいう采配が出来るんならもうちょい任せてあげてもいいような気もしましたね。



結論としては、岐阜頑張った。
でも、もっともっと守備のシステムを強化し、新戦力フィットさせないと、J2チーム相手には厳しいかも。
今年は元J1チームよりJ2チームの方が怖いと思うし。
次は仙台か。頑張って!健闘を祈る。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。