ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ザスパ草津 in 正田醤油

引き分け。

まぁ仕方ないのかなぁ。

勝つにはやっぱりいくつか足りなかったのかも…と素直に思う。
一方で、前半の流れからしたら後半きっちり追いついたんだから良し!とも思う。


監督がおっしゃってた後半勝負のプランはしっかり分かったよね。
前半は心配するくらい悪かったのに、後半は全然違うチームだった。

プラン通りに出来るようになったことはチームとしての成長の証なんじゃない?

ただ、やっぱり前半がプランだとしても悪すぎるよなぁ。
ゴンさんと宇留野に申し訳ないくらい、良いボールが入らなかった。ゴンさんは何度も手でアピールしてたよね。栃木戦との違いはここかな。

守備面での差はあまり感じられなかった。木下のスーパーセーブもあったし、4バックも良く守ってたよ。

失点のシーンは、ソンジンのコミュニケーションの問題じゃない?
中央に一歩絞ったタイミングで裏とられちゃったからね。
あとは、後藤が落ち着いてた。
右利きをあの角度でフリーにしたら、もうGKだけでは守れないよね。


後半は明らかに縦に速くなって、木島のスピードに相手が全くついてこれず。

でも、1つ目の決定機を外したときは今日はだめかと思ったよ。普通はそういうものなんだけどね。

木島はさすが。普通じゃない(笑)
そういえば、去年の第3クールの鳥栖戦を観に行ったときに、ハーフタイムの練習でビシバシ決めてたコモの横で、次々と外しまくってた木島をみて、友達と「今日は調子悪いのかなぁ」 って言ってたら、途中出場でシュート決めたのを思い出した。

ナイスゴールでした。



連戦つらいけど、次は天敵岐阜戦。
結果ほど力の差があったことはないと思うんだけど、勝てないよなぁ。
岐阜も今大変みたいだけど、他を心配する余裕もないし、前節の徳島戦での岐阜は素晴らしかった。

厳しい試合になりそうです。

でも、勝ちたいよー。

vs 栃木SC in 水前寺

良かった。ホッとしたね。
久しぶりの勝ち。

この勝ちは大きい。
熊日曰く「自信をつなぎ止める勝利」的な。



ただ、試合の内容はお世辞にも良いとは言えなかった。

栃木に押されていたとは思わないけど、決定機を決められてたらどっちに転んでいたか分からない。

ギリギリで防いでくれた守備陣には感謝したいし、誉めたいと思うけど、サイドのやられ方、ラインの調整、バイタルのマーク、まだまだ詰めるとこあるみたい。


攻撃の方は2トップの良さを遺憾無く発揮できたのが大きかった。
宇留野も復調してきたね。
ゴンさんも復帰戦にしては上々だった。

得点の形も良かったね。

1点目は藤田さんのスルーパスから宇留野が抜け出し、中に走ってきた西に右アウトで絶妙のクロス。西がダイレクトでニアを抜いてゴールと。

2点目はショートコーナーから一度クリアされるも、セカンドを拾ってサイド入れたボールに前線に残っていたソンジンが反応。折り返したボールを二列目から飛び出してきた石井さんがゲット。

特に2点目は練習どおりの形だそうで。素晴らしいね。ナイスゴールでした。


とはいえ、本人も言ってましたが、西は得点シーンと後半のイチが右サイドを駆け抜けたシーンくらいしか目立たなかった。

相手のストロングポイントが右サイドだったというのもあるのかもしれないけど、もうちょい頑張ってほしいとこだね。

あと、石井さんも渋くらしさをみせてるけど、囲まれることも多くなってきてる。うちの核だから狙われてるのかもね。ただよのミスもあったし、パス回しの判断はもっともっと上げていかねばなるまい。



と言っても、ここで書くまでもなく、試合後の選手たちの表情やコメントで十分感じてるみたいだし、明日の草津戦に直ってるってことは難しいだろうけど、こんな状態でも完封できるし、2点取れることを自信にしてほしいね。


それにしても、勝ちは良かった。
ほんとは内容とか関係ないんだわ(笑)

やっぱ勝たなん。
半分…いや、せめて3分の1を目指してほしいね。


草津は強いけど、都倉が離脱してるのはチャンスだよね。
なんとか、なんとか勝てると良いね。
開幕戦の借りを返しましょ。

vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬

結果ほど一方的な試合ではない…と言いたいところだけれど、個としてもチームとしても、完全に負けてしまったね。


前半の2点は全く要らない失点だった。

累積警告で出場停止の左SB拓ちゃんに加えて、右SBのイチも怪我で不在。
本職CB4人の同時起用という明らかに苦し紛れの配置。
連携に不安のあるところに、高いラインも相まって、個で勝負を挑まれる展開が増えてしまったように見えました。

それでも、万全ならそう簡単には負けなかったと思うんだけど。
ソンジンがスタメンで出ちゃってるような日替わりCBが現状。矢野とばっさんはあまりコンディション良くないんだろうな。

ただ、一つ言えることは、高いラインは悪くない。
パスサッカーを志向するなら当然だし。
最近、ラインが上がらなくてダメなとこもあったからね。
今回は破られましたが、やられても高いラインをとったことは評価してます。


3点目は不運であったし、ジャッジのせいにも出来ると思うけど、まずはリスタート時の集中力だよね。

リスタートはいつもだめ。
ボールがきれそうな時も、ファウルを受けたっぽい時も、オフサイドがとれたっぽい時も。
今までもFKやスローインでずいぶんやられてる。

今回のスローインもボールを切るまでは良かったのに、スローインの時にボール入れる人の近くにソンジン・ヤス・翔平ちゃんの3人がいた(たしか)。
結局、一番早く気づいた翔平ちゃんがファウルとられてしまったけど、本来はソンジンやヤスがケアすべきスペースだったし、3人の脳みそが働かなかったのは問題でしょう。ソンジンが若いこと、ヤスが本職じゃないことを考慮しなきゃいけないのかもしれないけど、試合に出てる以上しっかりしなきゃ。

あそこは完全に防げたと思う。
リスタートの問題は攻撃時もそう。
早く始めるとこはみんなで感じてポジションとるようにしないとね。

3点目で試合が壊れたから、4点目はもう何も言うことない。



攻撃陣も深刻。

一時期のようにシュート撃てるのに撃たない状況でもない。
どうやって攻撃するかがイマイチはっきりしなくなってるよね。

中で繋ぎながら後ろからロングという形は良し。
ならば、木島のように単騎で仕掛けられる選手がいるし、西森や西はそういうポジション取りをして仕掛けなきゃいけない。

そうできない時はどうするか?って話ですよ。
木島の単騎駆けは裏に広いスペースがないと使えないし、ライン引かれてると使えない。

中で繋げないときはどうするか?
プレスが厳しいときはどうするか?
まだまだ引き出しは少ないよね。
チームとして新しいからこれからっていうことなのか。

でも、こないだは西森くんわりと良かったな。
Jで出た試合の中では一番の出来じゃない?
彼の良さは左クロスとプレースキックの精度だと思ってるので。
一発で裏に抜けるようなパスを受けられるようになると面白いよね。

西はSBでも良いね。
マラニョン抑えれてたし、イチのいない間に右SBとしてやれるようになると面白いかも。



チームは10試合も勝ちから離れて、何をもって良しとするかが見えなくなってきてる。
結果で一喜一憂しないっていう建前があるからかな?っていう気もするな。

サポは当然なんだけど、今はスタッフと選手ももしかしてそうなんじゃない?
コメント見てるとそういう印象を受けます。


個人的には、今の方向は間違ってないと思うし、補強を主張するような段階でもなく、必要もないと思ってる。

信じてますから。

とにかくがんばれ。
今は、それしか言えない。


こないだNHKでガンバの遠藤選手が「どれだけチームにために走れるか」と言ってたのを見て、あんだけすごい選手でもチームのためなら自分を犠牲にすることは厭わないんだなと感動しました。

頑張る頑張らないは、きついとき、劣勢のときにこそ判別できるかもしれませんね。

そんな気がしました。

vs 横浜FC in 水前寺

良くなかったねぇ。

どうやらうちの好不調の波は人的要因のせいじゃなさそうだ。

横浜FCの中盤での潰しがそうとう早くて、藤田さんが中盤に戻りっぱなしの時間が多くなってしまった。
鳥栖戦もそうだったので、ハードワークもだけど、プレッシングが強くて、ラインの高いチームはどうも苦手なイメージ。
そういうチーム相手にパスを回すのが難しいのは分かるけども、このプレスを動じずにかわせるようになるかが今季の目標かなぁ。慣れかなと思う。それまでは細かいミスには目をつぶる心の余裕も大事と思うな。

広島が今みたいに回せるようになったのも意識や技術をじっくり習熟させていったからだし、その間大量に失点したりもしてたわけだし。

今はね。

自分たちのチームの骨格がまだまだカッチリ固まってないのか、相手に合わせてしまってる感といいますか、相手に振り回されてしまってる感と言いますか。

最近のJ2は昔と違って、多様なスタイルが混在するリーグとなってますので、守ってカウンターしておけば勝てる的な時代もありましたが、今はとにかく自分たちのサッカーをどんな相手にも同様に貫けることの大切さを感じます。

うちのサッカーは「継続」の部分もありますが、やはり新しくチャレンジしてる部分が大きいのでまだまだなのかなと思いますね。

それにしても、勝ててないってはあるよ。
選手やサポのモチベーションも気になるし、うちは今ようやく熊本の中で確固たるスポーツとしての位置をつかみつつあるからね。中身も大事だけど、適度に勝ってる印象は大事かなと思う。


ゲームとしては、圧倒的に横浜FCの流れの中できちんと先制出来たことは素晴らしかったと思う。
藤田さんの縦パスから一気にスピードアップして、翔平ちゃんのパスもダイシのシュートも素晴らしかった。

湘南戦のようにポゼッションを高めてパスも回せる中での美しいゴールもみせながら、今回みたいに主導権は握れない状況でも攻守の切り替えの早さで得点できるってのは最高だよね。

次は1試合2得点が目標か。
今節も惜しい場面はいくつもあったし。
井畑くんのミドルとか素晴らしかったね。バー直撃だったけど。
井畑くんとニシ(西森)とコモの初得点に期待。


守備陣も大きなミスなく頑張ってたけどねぇ。
後半の一番きついときにチーム全体で雑になりすぎた感はあるかな。
大事にいくとことセーフティーにやるとことの判断がまだまだでうまくやればマイボでいけそうだけどなってとこもある気がします。

失点は左からのクロスから難波のヘッド。

SBの裏はここ何試合かよく狙われてるね。
SBが戻れればいいんだけど、そう無茶も言えないから、そこは分担かなと思う。

ヘッド競り合い担当はソンジンだったか。
足元は正直矢野やばっさんよりうまいと思うけど、出足のとこは遅れることが多いかな。そういう意味ではDF陣は一長一短だよね。総合でずば抜けてる人がいない。言い換えれば、だれにでもチャンスがあるってことか。苦手なとこをなおすもよし。長所をガッツリ伸ばすもよし。うちのDF陣が今シーズンどんな成長をしてくれるのかは非常に楽しみですね。

それは、GKにも言えるか。いなやんが一歩リードな感はあるけど、サイド攻撃に対するポジショニングはちょっと気になるし、キックは吉田くん、経験はコバだもんなぁ。木下くんはとりあえずプレーを見たい。



とにかくチームがもうちょいかかるのは分かる。

だけど、そろそろ勝ちたい。勝たなん。
6月早めに勝てれば良い月になりそうだけどなぁ。

ハードワークも厳しいようだから色々入れ替えながらやってほしいね。


次は甲府戦。
第一クールの感じからいくと湘南戦のようになるのが一番良い流れかなと思うな。

totoも絡んできてるし、たくさんの人を泣かせたいです(笑)

vs 湘南ベルマーレ in 平塚

久しぶりに楽しい試合になりましたね。

前半1点差に迫られたところでのソンジンのゴールで勝った!と思いましたが…
やっぱさすがに首位湘南は強かった。

逆に言えば、あれだけ強いチームを相手に残り数分までリードを奪う展開で試合を進めれたことは自信とすべきですね。

良い試合見せてもらいました。



この試合は藤田さんのトップ起用から全ては始まりました。

マスコミや評論家のコメントを見るに「ゼロトップ」とか「奇襲」とか、さもこの試合が特別なことをしているように思われがちですが、決してそんなことはない。

コモがトップにコンバートされて、プレシーズンからずっと続けてきた形が一つ身を結んだというべきでしょう。

この試合の藤田の動きは誰よりもまずコモにとってお手本となるべき試合になったのではないでしょうか。


そして、2ゴールを決めた西。
起用されはじめの何試合かこそスペースを生かして見事なドリブルを披露していましたが、ここ数試合は周りとも噛み合わず、孤立する場面も多く見られました。
が、今節は藤田さんの動きで相手が動かされていることに加え、前線で自由に動くことができてました。
久しぶりにその積極性を遺憾無く発揮してくれましたね。
守備面ではまだ課題を残しますが、今節はフル出場できたことも含め、ほぼパーフェクトでしょう。


さらに、セットプレーでの初ゴール。
ここまで長かったよ。ほんとね。
うちのようなチームこそセットプレーは得意でないといけないのに。
うちにはキッカーもターゲットもちゃんといるから伝家の宝刀となるべき要素は元から秘めてたんですけどね。
これを機に是非とも量産してもらいたいものです。



湘南戦の解説は名波。
藤田さんの動きを名波が解説する。
それだけでも夢のようなのに、前半は誉められっぱなし。
敵将反町監督も普段はみせないようなイライラっぷり。

誇らしかったねー。
これが地元のチームがあることの醍醐味でしょう。
ゴールも全て素晴らしかった。
みんなでハードワークして内容も抜群だった。


確かに、展開的には勝てたかもしれないし、吉田くんあたりはPKの件で矢面に立たされよう。

けどさ、あれはアジエルのパスが素晴らしすぎるやろ。
岐阜のときと同じ形だったのは残念ですが、それだけあそこの判断は難しいってこと。
あそこは出て正解でしょ。
ただ、出たあとのボールの読みが甘かった。出方によっては確実に先に触れたと思うし。濡れたピッチのせいかな。


まぁ今年の湘南相手にここまでやりきるってのは素晴らしいよ。
逆転される可能性だってなくはなかったし。
後半は押し込まれる場面も多い中で粘ってたと思う。

厳しく言えば、3点とったら逃げ切ろうよとか、後半ダメ押しとれただろーとかいう見方もなくはない。

ま。無粋っしょ。今回は。


あとは、みんな言ってることだけど、今回みたいなサッカーをコンスタントに表現できるようになること、ホームで披露すること、相手を選ばずに良いサッカーをすること、そして、勝つこと。

今は勝つことにそれほど執着しなくてもいいとは思うけど、手を抜くって意味でもないし、勝たなきゃ楽しくもなかろう。サポもだけど選手もね。

とりあえず勝とう。良いサッカーをして。
それがチームにとっての特効薬だろうね。


うちの目指すサッカーは湘南戦が一つの答え。
チームが迷ったらここに帰ってこよう。
そういう試合になったことが今節最大の収穫かなと。



次は横浜FC。今季初勝利の相手。
相手は決して良い状態じゃないけど、舐めてかかれるほどうちの調子も良いわけじゃない。
ただ、良い流れで次を迎えるのは間違いなくうちだから。
それをうまいこと利用したいね。

vs サガン鳥栖 in 水前寺

岐阜戦よりは良かった。

しかし、相手に気後れしてたように見えたのは非常に残念だ。



鳥栖は非常に気持ちが入ってた。

去年の第3クールの一戦、今年の第1クールの一戦。
鳥栖には悔しさのみが残る試合だったのではなかろうか?

負けたな。

ガツガツこられるのはいつもだけど、前回はどっちもガツガツいった。今回は鳥栖だけガツガツいってた。
それは、木島のイライラが象徴していたとおり。
絶対に前を向かせないっていう気迫は完全に鳥栖の方が上だったよ。


今回はシュート4本だったらしいけど、今回は打たなかったわけじゃなくて、打たせてもらえなかった。

その中で1点とれたことに関しては決めてくれた木島、前線から追ってくれた井畑くんを手放しで誉めたい。よくやったよ。ほんと。

彼らには言うことないね。
うちの試合に出てたメンバーの中で明らかに気持ちを出して闘ってた選手たち。あと、翔平ちゃんも良かった。


個人的に思う今日の試合の敗因は中盤かな。

何であの3人になったんだろ?
鳥栖の猛プレス相手に、しかも1人少ない状態で、ポゼッションで主導権にぎれると思ったんだろうか。
石井、藤田、原田といったら確かに昨年までJ1に所属していた、うちの選手たちの中でも特に技術のある選手たち。
でも、3人とも運動量で勝負するタイプじゃない。石井だけはかなり動けるけど、1人で追い回すのは無理。
完全に中盤の支配権をとられてたし、二列目からの飛び出しを全く捕まえられなかった。

2失点目は見事にやられたけど、あの形は前半にも度々やられてた形だし、修正できてたら防げたんじゃないの?

1失点目は相手SBが上がってきた時の対応の詰めが甘かった。
今まであそこまでアタックされること少なかったからね。矢野のSB起用が今季初だったのも不運だった。


要は、完全に研究されてたと思うわけですよ。

4-3-3ならSBが上がってサイドの高い位置で優位を作れ。
マイクに当てて起点が出来たら二列目が飛び出せ。
中盤・前線の選手には必ずマンマークで厳しくいって前を向かせるな。
DFラインはなるだけ追い回してミスを誘え、ロングは蹴らせろ、ショートを狙え。

こんなとこじゃないですか?
シンプルだけど、これを愚直に実行されただけのような気がします。

対策としたら4-4-2かな。
井畑、翔平ちゃん、ジホが入って4-4-2になってから良い形出来はじめたよね。決定機も作られなくなった。
中盤もサイドも数で不利にならなけりゃ、そんな簡単に負ける選手たちじゃないからね。

唯一、4-4-2だとFW選択が難しくなるけど、木島・宇留野のどっちかはハーフで使うとかもあるわけだし。コモはもうちょいFWで使ってみたい。井畑くんは途中出場で結果残してもらうのがいいな。

4-3-3も決して悪くないけど、その中盤には少なくとも2人は運動量豊富なオールマイティなタイプがいないとだめじゃないかな?
監督はポジション・システムにこだわらない的なこと言ってた気がするから、今の選手たちの状況からすると4-4-2がベストになるかなと思う。

あと、今日見た感じ、拓ちゃんは左SBの方が良いような気がするな。本人もその方が楽しいんじゃない?
矢野も悪くなかったけど、ポジション取りが去年の感じだったから、あれだと今年のスタイルにおけるSB像には向かないかなと思う。

ソンジンはミスも多いけど期待はさせる。

吉田くんも2失点したけど、別に悪くはないから頑張ってほしいよ。去年よりは完全にうまくなってると思うし。

ばっさんは前半の決定的場面を防いだのとイエローもらったプレーは良かったよ。イエローのやつは矛盾してるように感じるかもしれないけど、あそこでやれなかったからここ何試合かカウンターで失点してたわけだし。深くこられる前に潰せたのは進歩だと評価します。

イチはいつもながらよく動くし良いシュートもあった。

石井はここ何試合かミス増えてる。疲れてるのかもね。石井の代わりはいないけど休ませるのも念頭に置かなければいけないのかな。

藤田さんはさすがです。


宇留野は良さ出ないなぁ。良いボールが来ないのもあるかもだけど。いくらかあってない場面があったから気にはなってる。前半だったと思うけど、木島と合わなかったプレーがあったみたいだし。あれはうまくやれば1点ものだったと思う。

コモは厳しい意見も出るだろうけど、少しずつ良くはなってる。何か良いボール入らないんだよな。やっぱりFWとMFのボールの呼び込みは違うのかも。ハイボールの入り方には苦戦しているように見えます。足元は前より踏ん張れるようになってるし。


交代メンバーはかなり良かった。

ジホはあまり目立たなかったけど、中盤で使うと面白そうだね。まぁ今11人選ぶとなると難しくなるけど。サイドアタッカーはでかいFWがいてなんぼだからな。

井畑・翔平ちゃんは良かったよ。翔平ちゃんはスタメンの時もあれだけ気持ちみせて、フォローとかパス出しだけじゃなくて、飛び出してくれるとめちゃくちゃ応援したくなるね。



そんな感じでしょうか。
一人で勝手に思ったことは。


大丈夫だ。
5月勝てなかったけど。
たぶん大丈夫だ。

選手たちは自信をもってやるといい。


次は湘南か。
正直J2で一番強いのは湘南だと思う。
セレッソも仙台も強いけどつけいる隙はある。
湘南だけは…

しかも、次はアウェイでしょ?
湘南ホームで負けなしじゃなかったっけ?
かなり絶望的だね(苦笑)

今回の山田みたいに木島対策もされると思うし、何かを見せたいとこだし、見せてほしいと思っている。


6月は勝つぞ。
相手は関係ない。勝つぞ。

vs FC岐阜 in 長良川

あぶなー。

もう少しでテレビのリモコン床にたたきつけるとこだったー(笑)

人や物にあたるのは良くないよね。
すまん。リモコン。



でも、今回の試合はないやろー。

セレッソ戦であんだけしっかりしたサッカー出来たのに、岐阜戦では中盤を飛び越えるボール多数。

これまでどんな相手にもしつこく貫いてきたパスサッカーはいずこへ…


わかるよ。
分からんではない。

岐阜のように中盤で激しくプレスするチームに対して、プレスを無効化するには大きな展開が有効だからね。

失点するまでにいくつかチャンスあったけど、大きなサイドチェンジは今までの試合ではあまり見られなかった展開。隙あらば縦一本でもチャンスを作りだし、シュートも打ててた。

ただ、どうしても付き合い癖ってか、相手に合わせてしまってるというか、相手のやりやすいようにさせてしまってる感は否めない。
しかも、今節は前節と異なり、自分達のサッカーが出来ずに…という最悪な展開。特に後半はロング一辺倒で中盤が完全に置き去りになり、木島・宇留野について行けず厚みのない攻撃に終始。そのため、前半から陣形は間延びし、岐阜のカウンターが決まる決まる。

結局、去年おととしと同じような展開になり、岐阜には楽させたかなという印象。岐阜には、去年とは違ううちのサッカーを見せたかったけれども。


最後に、一つフォローするとしたら、得点力不足、決定力不足が指摘されるのは、パスサッカーではよくあること…というか、避けては通れない山みたいなもんだ。

良いFWを育てるとかパス精度と崩しを磨くとか道は色々だから、方法はどれでもそれはうちらしく越えてったらいいと思う。そこはのんびり構えるよ。

当面は守備。岐阜戦はバランスが悪かった。逆サイに振られたら人がいないんだもの。そもそも失点が多いのは修正ポイント。取られなきゃ負けん。徐々に良くなっているとは思うけど、安定感はないよね。最終的には取られても取り返すサッカーでもいいんだけど、当たり前だけどさ、守備を蔑ろにするって意味じゃないから。

ちなみに、今節のPKによる失点は仕方ないと思ってます。吉田くんがひっかけたけど、あそこは出るべきだったと思う。出ないであっさり突破されるよりマシ。吉田くんは高いDFラインの裏を良くケアしてた。うちの他のGKじゃこうはいかないかもと思いました。キックの次に良いところ。

ついでにいうと、カウンターにかかるとき、中盤でのアタックが弱すぎる。特に前線の選手たち。ファウルしないにこしたことはないけど、ファウルしてでも止めて良い場面はあると思う。
甲府戦での失点が顕著。仙台戦や岡山戦のFKでの失点も悪い形を作られる前の前のプレーで強くいけば失点は防げたかもしれない。
前節のセレッソがそういうプレーを度々見せてた。あれが強さかなと思う。

うちだと木島はよく止めてくれるよね。岐阜戦では警告リーチの影響もあってか遠慮してたみたいだけど。


それにしても、またしても岐阜に勝てなんだか。無念。



これで第一クール終了。

第一クールの印象は、パスサッカーの可能性を見せつつも、自滅して落とした試合が多かったこと。
そして、点がとれない試合は増えてますが、一方でぎりぎりで粘れる試合も増えているってこと。

第二クールは上と下の差があらわれ出す時期。
戦術や補強の本当の効果があらわれはじめるのはこれから。
強いチームは第二クールで頑張れるチームだと思う。


第二クール初戦は九州ダービー第二ラウンド。
ホームに鳥栖を迎えての試合となります。

うちにとっての九州ダービーは不思議なことに、ホーム全敗アウェイ無敗となってます。
去年はホームで2試合でしたが、今年は4試合。このホームでの悪しき記録はここで止めたい。
あと、5月を勝ちで締めたい。

がんばれ。

vs セレッソ大阪 in KK-WING

まけたー

でも、清々しい負けだ。


中二日、木島不在、相手が首位セレッソ大阪とかなり厳しい試合が想定される中、監督から「カウンターも見せたい」的なコメントが出され、ガチで勝ちにいくのかな?と想像した戦前。

蓋をあければ、首位相手にがっぷり四つに組む堂々たる展開。

決して引きこもりフィード1発で得点を狙いにいくことなく、今までやってきたやり方を貫いた。


結果、0-3と点差はついてしまいましたが、今季のベストゲームとも言える闘いぶりでしたよ。


前半は切り替えの早い好ゲーム。
選手にしたらかなりきつい試合だったと思うけど、観客にしたらめちゃくちゃ面白い試合だったと思う。

Jリーグはどちらかと言えば相手の良さを消すことに重きを置いているイメージ。

なので、セレッソのような個の能力の高いチーム相手には、特にJ2では、自陣に引きこもり、スペースを消し、奪ったら素早くカウンターをしかけるのが定石。勝てずとも、引き分ければいいや!的な。

これだと確かに引き分けも狙えるけれど、おもしろくないんだよね。窮屈な試合になるしさ。

そういう意味では、セレッソ相手に己を貫けるチームなんてJ2でほんとに少ない。それで勝負できるチームなんて微々たるもの。


良かった。
うちが闘えるチームになって。誇っていい。
今までやってきたことが間違いじゃないって分かったし。
極めれば、セレッソにも通用する=J1で闘えるってことじゃないですか。
これで第二クールがダメでも耐えられる(笑)


終盤突き放されましたが、前半飛ばしすぎたかな?という印象。

飛ばしすぎたと言っても、無理したと言うよりは、攻めの強弱つけれずに、全部強でいってしまったという感じ。

あれで90分いけたらそれに越したことはないけど、セレッソ的にも攻撃にスペースあってやりやすいし、うちのDF陣には相当負担かかってしまったと思う。

それが後半のマルチネスのスーパーゴールに繋がったのではないかと。

あれってあと一歩寄せられればさすがにブロックできてたと思うのよ。
あのあと一歩は普段は出るんだけど、疲れてるときって出ないんだよなー。
決してサボったわけじゃない。前半と後半の半ばまであんだけ頑張ったからそのしわ寄せかな?と思う。


残りの2失点は修正の余地はあるけど、試合全体の流れもあるし、誰が悪いって感じじゃないな。みんなよく頑張ったよ。


個人で言えば、コモは素晴らしかったね。足元に入れればかなりの確率でキープしてくれたし、スペース作って良いパス出してた。
ま。強いて言うなら、サイドで展開してるときはクロスに待機してくれればなぁって思う。うちの前線で大きいのはコモだけだしさ。
フォローするのも、クロスを待つのも選択肢を一つ増やすという意味では同じだと思うし。だとしたら、コモにしかできないプレーで選択肢を増やした方がいいんじゃないかなって。

あとは、ばっさんが今季一番のプレーだったでしょ。前半は圧巻でした。1対1でほとんど負けなかったのも良かったし、あんだけドリブルのうまい相手に対してファウルもなかった。
すごい。かなりすごい。

ただよも良かった。ただよが入ると最終ラインのパス回しがかなり安定する。残念ながら、オウンゴールしてしまったけど、パス回しでってわけじゃないし、負けてる終盤の状況で簡単にクリアして相手ボールにしないっていう前向きなプレーだったと思うし、あんまり気にしないでいいと思う。


一方で、戦前期待してた西森くんはもう一歩だった。木島のイエローのことを考えれば、次も同じポジションがあくかもしれないのに。これでは次のチャンスは他の人にを渡してしまうかもしれない。山内とか良いプレー見せてたし。
フォローが少ないポジションだから難しいとは思うけど、ドリブルとか裏をとる技術とかに磨きをかけて、自分の武器を見つけてほしいよ。キックはうまいんだから、もう一つあれば。


とにかく今節は良い試合だった。
この試合はファンを増やせる試合だったと思う。
次の段階はこういう試合で勝ち点を奪えるようになることだね。

少なくともゴールは奪う。
ホームだしさ。サッカーの醍醐味をお客さんに味合わせてあげなきゃお金はとれないよー(笑)


次節は日曜。長良川で岐阜と第一クール最終戦。
まだ岐阜に勝ったことはないけど、長良川ではこっちも負けてないしね。審判はたいがい最悪なのに当たるけど…

岐阜は選手もかなり変わってるし、今までとは違う展開になりそう。
できたら早いうちに先制して、楽な展開にもちこめたらいいけどね。

どうなることやら。

とりあえず木島さんには是非発奮してもらいたいものです。

勝ちで第一クールを締められたらいいね。

vs 栃木SC in グリスタ

日付が変わって本日はもう次の試合ですか。

はやかー(笑)



その前にきちんと振り返っておきたいと思います。


よく追いついた。
劇的な試合でしたね。

こんな試合を見ると去年よりは確実に強くなってるなと思うわけで。

一方で、やっぱりこれなら普通にやれてたら勝てたんじゃない?という気持ちも少なからずあるわけで。

木島の退場は痛かった。
イエロー2枚だから復活してもリーチ状態継続中だし。

まぁ仮に相手が何かしたり言ったりしてたとしても、木島のプレーは責められるよなぁ。前半のレフェリーのカードの出し方見てたらまずいよね。特に2枚目は。

1枚目は、結果的にはレフェリングのミスのとばっちりをうけた形になりましたが、審判の目の前で引っ張っちゃったからね。カードは仕方ない。

ただ、あの時はばっさんが倒れてて止めないのに、後半似たような状況で若林が倒れてる時は止めて、ちょっとやな感じはしましたよねー。

や。止めるのは普通なんですけどね。

前半はめっちゃカード出してたのに、後半全然ださないしー。
良い方向で修正してくれたのかもしれないけど、こっちは既に退場させられてますからね。
正しいんだけど、なーんか不公平な感じー(笑)



試合内容は前半の入りからなかなか良い感じ。

最近の試合は最後のとこで迷う感じもみられてましたが、この試合ではフィニッシュまで綺麗に行き着く形が多かったし。
中には無理なシュートもありましたが、シュートに対する意識の高さは見られました。

なので、木島の退場まではストレスなく見てましたよ。


一人少なくなったあとは、選手と監督に頑張れって感じで。

みんな頑張ってたと思います。

失点シーンはミスからのカウンターでしたが、ここは11人でもおきるからね。ポジショニング等は修正してほしいとこ。



今回退場者が出て、一つ気にして見てたことがあります。


監督はこの状況でもパスサッカーを貫くのか。


一人少ない状況で勝ちにいくなら守り固めてカウンターかなと。0-0だったし。まずは守備からって感じで。

とりあえずどっちにしたって、守備には人数欲しいから、トップを一人減らして中盤を増やすのかなって予想しました。福王いれるなりダイシいれるなりして。

もしくは、コモを西森に早い段階で代えてDFラインの裏で勝負する態勢を整えるのかなと。

もしくは、3バックにしてトップと中盤を減らさずにSBの二人に負担を強いるスタイルをとるのか。


監督がとったのはそのどれでもなかった。中盤は3人のまま。

サッカーに正解はないと思うから考えはいろいろあっていいと思うんだけど、西森が入るまで、つまり失点するまで、イマイチだったような気がしたなぁ。

DFラインでのパス回しを追われたのも、危ないのが何本かあったのも、軸がはっきりしてなかったからなんじゃないかなぁって。パスを繋ぐのかロングでトップに当てるのか。クリアもロングフィードもトップに全然届かないし。パス回しても全く前に進まない。

そりゃあ仕方ないよね。
中盤以下のパス回し要員が明らかに少ないんだから。数的不利。
ギリギリになってたのは選手のせいじゃないと思う。


ただ、追い回させて相手を走らせたのもまた効果はあったと思います。

イチが1対1で相手GKにシュートを止められたプレー。
その前の藤田さんがスルーパスを出す前の藤田さんがボールを受けるプレーに注目。

藤田さんの受け方はもちろんうまかったんだけど、相手ボランチがあれだけマークを外す場面はそれまでなかった。疲れと思う。
あのあと栗原が入ってきたから松田監督も同じように感じたんじゃないですか?

栃木メンバーは全体でよく走ってたし、これが90分続く選手が何人もいたらJ2にはいないわけで。去年うちもフィジカル面は序盤だいぶ苦労したからね。分かる。序盤は後半の運動量落ちるもんね。遅くても秋口には怖いチームになりそうだなぁ。栃木。
そういや松田監督、試合前にかかる栃木県民の歌?歌ってたね。いい人すぎる。いい監督だわ。



ま。ともかくパスを出来るだけ回せたおかげで、相手が疲れ、アディッショナルタイムの劇的同点弾が生まれたのではないかと。そう見ます。

まぁ一旦中盤は4人にした方がよかったんじゃないか?と個人的には思ってますが、特に監督に不満はないですよ。きっちり引き分けてくれたしね。

ここらは直接に監督に聞いてみたいとこですよね。
マスメディアもうちょい頑張って。
こういうとこに踏み込んでくれるとニュースや新聞みて得した気分になるし。



次はセレッソ大阪戦。

タイムリーな話だと豚インフルエンザが気になる相手ですが、まぁ強いよね。
ただし、相性は悪くない。なんとKKでは負けてないんだね。

熊日曰く、カウンターを想定しているとのこと。
ってか、ここまでどんな相手にもパスサッカーやってきてセレッソにはカウンターってなんだかなぁ。結果にこだわらずやってきたなら第一クールはセレッソ相手でもパス回しでいいんじゃないかな?そんな気もする。

ま。セレッソは強いよ。
今年のセレッソは攻撃より守備と思う。
マルチネス、チアゴのラインはほんと困る。うまいこと退場させられたらいいのに。むりか(笑)
攻撃はカイオがいないのは少しラッキーかな。まぁ小松に去年決められてるからなんとも言えないけどさ。あと、香川も怖いけど乾だよね。

うちは木島がいない分、前線の仕掛けの面で不安はありますが、宇留野&西森はやってくれるはず。特に西森。大チャンスだぞ。頑張れ。久しぶりに左サイドからのピンポイントクロス見たいな。

試合のキーになりそうなのは、相手ゴール前でのファールをとれるかどうかかな。
最近拓ちゃんの直接FK見てないけど。栃木戦で点とったからこっちでもやってくれそうな気がする。

toto対象試合にもなってるし、セレッソ鉄板と思っているやつらに一泡ふかせてやりましょうぞ!


健闘を祈る!

vs ヴァンフォーレ甲府 in KK-WING

集まったねぇ。19300人。

ACはじめ、選手、スタッフ、サポーター、スポンサーとみんなが頑張った結果でしょう。みなさま。ほんとにお疲れ様でした。

これで勝ち試合だったなら最高だったんだけど…



試合は0-1で負け。

チャンスとピンチは同じくらいだったと思うし、相手が上位の甲府であったことを考えれば、良く頑張ったとも言えるのでしょうが…

どうなんでしょうね。正直なところ。

19300人の中には今回初めて生観戦された方もたくさんおられたでしょうし。
彼らに聞いてみたい。

今日の試合は面白かったですか?と。



J'sGOALのプレビューを読みました。
ちょっとだけがっかりしました。
あれが記者の方の意見であり、監督の主張でないことを願います。

シュート数を増やすことは単に増やせば良いとは当然思ってません。
そして、シュート数を増やすことで今のスタイルが崩れるとも、攻撃が雑になるとも思いません。
シュート数が少ないことを心配したのは、シュートが打てるのに打たない場面がありますよって思うだけです。


ここに切り込みすぎると論文になるのでやめときますが(笑)、監督もシュート少なくて良いとは思ってないと思うんで。開幕前に「1試合シュート15本」を目標の一つに掲げてましたし(でしたよね?)、選手たちのコメント・発言を考えても、積極的にいこうという意思は感じられます。

頑張ってほしいですね。
うてるときにうたないと悪い癖になるからさ。



失点場面は、石井さん決めてよ!と(笑)

まぁ相手GK上手かった。

石井さんがダイレクトでって判断もあったかもしれませんが、1タッチしたのは間違いとも思わないし。あの体勢だとニア上もかなり厳しいしな。難しい。

そのあとゲームを切れなかったのが一番痛かった。
単純にディレイかけれないならファウルでもとめたかった。

ゴール前の状況ではファウルもできないし、人数も足りてない。
いなやんは自分が止めなきゃとコメントしてたけど、シュートもうまかったし、ばっさんたちの守備も含めてやむなしかな。

今年の甲府の強みはパスサッカーじゃなくて、ああいう縦パス一本で得点できる切り替えの早さだよね。
今回はパスサッカーによく付き合ってくれた方じゃないかな?中盤かなり省略してるよ。今年は。0-1は理想的なんじゃないかな。

そういうとこも、プレビューの記者さんとのズレを感じたよ(苦笑)


なんか記者さん批判みたくなってる(笑)
違いますよ。ちょっと気になっただけです。



さて、甲府戦ですが、評価が微妙です。

この試合単体で見たら、頑張ったと思うなぁ。
客観的に見たら、良い試合だったと言えると思う。
一見さんや去年の熊本甲府戦を知ってる他サポなら唸るんじゃない?

一方で、これまでの流れで開幕戦からずっと見てきたサポーターとしては、まだまだなところが非常に目につく試合だったんじゃないでしょうか?


だから、19300人の人たちに聞いてみたいと思ったんだよね。どうだったのかな?って。

チャンスの場面を見てて、チームの成長は感じます。
前・後半の修正も見事だし、出ている選手たちもそれなりのパフォーマンスは見せていると。

個人的には、欲を言わせてもらうと、負け試合でも必ず1点とってほしいんだけどな。
ポゼッション型のチームが無得点は寂しいし。今がパス志向なら、守備より攻撃にバランスは傾いているんだと思うしね。




次は栃木ですか。
ここまで新規参入チームに勝ててないし、連敗しての栃木戦ですから勝ちたいとこです。

栃木はここまでなかなか結果を出せていませんが、松田サッカーの浸透は感じさせます。中盤での激しいプレスはうちのスタイルの天敵でしょうね。

連戦から一呼吸しての試合。
課題もたくさん出てきたし、修正して栃木に乗り込みたいですね。


第一クールもあと三試合。
第二クールに向けていい感じで仕上げていきたいね。
そろそろパスサッカーの定着から次の段階のテーマに上がってほしいなと。

期待してます。

vs カターレ富山 in 富山県総合運動公園陸上競技場

若手だから

スタメン休ませたから


なんて言われて悔しくないのか!


自分は悔しいです。


みんな好きだし、結果残してほしいし。
何よりめっちゃ期待してるから。

まぁこんなもんだよねー

…なんて言葉で済ませたくない。絶対。



全ては石井さんがコメント出している通り。

チャレンジしてほしかった。

慎重さやミスしないことも大事だし、失点しなきゃ負けはないし、みんなが繋いだ大事なボールを自分のとこで失いたくない気持ちもよくわかる。

でも、今節の試合の結果の通り、サッカーはノーミスでやるのが奇跡のスポーツ。どっかでリスクを冒して点をとらないとワンミスで負けることもある。

サッカー好きな人はそういうこと分かってるから、チャレンジする選手には歓声をおくるし、完全な判断ミスやよほど無謀なチャレンジじゃなければ失敗を責めたりしないよ。

チャレンジしてほしかった。



今節は色んな意味でJFLの時の試合みたいだった。
レベルが低かったっていう意味じゃないよ。

うちがポゼッションして、相手がプレスをかけカウンターを狙う構図。
相手が富山であり、個々の力は概ねこちらが高い状況。
フィニッシュを大事にしすぎるがために点をとれない内容。
先制されてようやくスイッチが入る流れ。
終わってから残る何とも言えない悔しさ。


フラッシュバック。


でも、あの時とは決定的に違うことがある。

リーグにおける自分たちのポジション。

JFLの時は戦力が頭一つ抜けており、J参入のために勝たなければいけなかった。負けるわけにはいかなかった。

今は違う。
うちは去年11位のチームであり、スタイルの変換を決意した新しいチームであると言ってもいい。J1に昇格するのが第一目標じゃない。是が非でも勝利を!って状況じゃないよね。結果より内容を求める段階だよね。

だからこそ、思い切りの良さは出したかった。
無謀な仕掛けでも良いじゃないか。
失敗しても、活躍したいんだ!っていう気持ちは伝わるよ。

試合としては、パスを繋ぐっていうことは出来たかもしれないけど、シュートが少なく、得点も無しじゃあね…面白い試合だったとはいいがたし。


良かったのは積極的に攻撃参加してた両SB、ノーミスの石井さん、前半だけだったけど運動量・技術の高さを見せたコモくらいか。

守備陣は比較的無難、中盤を含む攻撃陣は酷評されるレベルだろうね。


残念だ。本当に残念だ。



富山はセレッソ完封し、岐阜、栃木に圧勝してたから相当強いんだと思ってたけど、それほど圧倒的でもなかった気がする。圧倒的ならうちの今回の出来だと惨敗してたし。まぁ現時点でのチームの完成度は完全に向こうが上でしたよ。良いチームだと思った。



うちは富山より一年先輩だけど、先輩であることで決定的に差がついたものがあるとすれば試合経験や実力じゃないと思う。

思うに、J1昇格・定着という目標までの道筋の現実把握でしょ。
クラブとしての差はあると自信をもって言える。

でも、クラブとして前進したこととチームが前進することとは違うからね。

先輩だから負けたくないって選手が思うのは間違いじゃないけど、周りが当然相手より強いと思うのは違うかなって。


今は負けても仕方ないと思うことにする。
残り2試合勝てばいいやと思うことにする。


だけど、J1に昇格する時期は絶対に負けちゃいけないよ。
それが一年先輩としてのあるべき姿でしょ。


我慢です。
今はとにかく我慢です。


あー。ほんと悔しゅうございます。


次の甲府戦はスカッとする試合を期待。
甲府は強いけど、ここ何戦かイマイチな感じなんだよね。つけいる隙はあると思う。一年前の再現を是非。


良い試合を。

vs ファジアーノ岡山 in KK-WING

んー。

らしいっちゃ、らしいのか?
当然悪い意味で。

去年もこういう感じで連勝チャンスを逃してきたもんな。

直さねば。


でも、去年のままだったら先制されて負けてたと思う。

相手が弱ったときにきっちり自分たちの形で点をとったのは成長の証。

きっちり逆転できるようなチームになるとJ1がみえてくる。

それまでは、もう少し余裕があるからさ。
じっくりしっかりやっていこう。


ということで、反省からスタート。

今節は相手がどうっていうより自分たちの問題のような気がします。

連戦の場合、特にポゼッションで優位に立てるような相手の場合、まずはボールを動かして相手を走らせ疲れさせる。そして、後半頭で試合を決める。

そういうプランだとしたら、前半シュート1本だったことや後半攻め勝ったことはプラン通りだと思うし、問題なしなんだけど。

きっとそうじゃないんだろうなぁ。

相手がどうあれ自分たちのスタイルを貫くのが今のチームのテーマみたいだから。

ならば、失点よりもシュート1本の方は絶対にどうにかしなきゃいけない。
仙台戦、ヴェルディ戦とシュート狙いにいってた翔平ちゃんもパスばっかだったし。

藤田さんみたく飛び出したけど直前でカットされるのは仕方ない。

でも、バイタルでボールもってるのにパスばかりというのは…どうなんでしょう。なにより面白くない。

後半の拓ちゃんのミドルとか最高だったよ。


次に、フィード。

岡山の陣形がコンパクトでラインが高いから意識的に裏を狙うのはわかる。
でも、縦にばかりは通りにくいよ。出来たら、斜め。
拓ちゃんが右サイドへとかいいのあったよ。

ただ、そろそろばれてきた。
最終ラインで回してるとき拓ちゃんと石井さんへのチェックが明らかにはやくなってる。
矢野・ばっさんはそんなにうまくないし、イチもフィードタイプじゃないから、二人が抑えられると厳しいよね。
メンバーを変えないんなら個々もそうだし、回し方も工夫せんといかんかもね。中盤の方々と良い方法を見つけてほしいっすな。



そして、セットプレー。
攻撃ではとれない。守備では守れない。

攻撃の方は悪くないと思うけどな。キッカーいるし。
ただ、矢野・ばっさんがいるときはショートコーナーはどうなんだろうって思うなぁ。動き直しもいるし。

例えば、作戦として、ショートコーナーで角度をつけると、相手がライン上げるから、それを見計らって、飛び込んでくる選手を一人決めておくとかあればいいんだけど。その場合はファー使いたい。

あとは、普通に上げるときもニアでだれかが少し触って軌道を変えてみるとか。
味方が触れずに終わることが多いからもう一工夫やりたいとこだね。岡山戦もCK多かったから。あれを1本でも決められるとDFは次にCKやらせたくないしさ。守りにくいんだよね。


守備は直接決められてるから、その前のプレーが問題になるか。

結局、シュート打ててないとかパスミスで簡単に相手にボールを渡すとかそういうことに行き着くよね。
取られ方が悪いから良い守備ができないってことなんでしょう。
安易なファウルをしないって言っちゃえばそれまでなんだけど、そこは審判や相手といった不確定要素も入ってくるし。
自分たちでボールを持てるから精度を上げていくことが守備にもつながっていくんだと思います。



反省はこれくらいにして。

西森が元気そうでなによりだね。
最後のは惜しかった。力入りすぎたね。コース甘かったし。動きはいいんだし、次は是非。

ゴンさんや翔平ちゃんの交代の仕方が心配だったから何事もなければいいね。

あと、得点の形は最高やった。
木島が言ってたけど、フィニッシュが決めるだけって理想的だよね。次も是非。



次はカターレ富山と。
調子良いみたいだね。富山。

でも、あまり負ける気はしないんだ。
甘くみてるわけじゃないよ。
富山は好チームだと思うし、うちは苦手なタイプと思う。

でも、岡山戦があったから。タイミング良いんじゃない?やることは同じだ。

やられた部分、反省点の修正はやってくれるものと信じてる。


良い試合を。

vs 東京ヴェルディ in 味スタ

2点差っておそろしいよね。


うちはあまり大逆転された記憶はない。
一昨年の天皇杯くらいかな?
幸せだよ。
でも、これからきっとある。
もっと強くなってからだろうけどね。



今回の逆転劇。
みんなが言ってたけど、藤田さんのゴールが大きかった。

あれが全ての始まりだから。

木島の同点ゴールも。
ゴンさんの逆転ゴールも。
ただよのダメ押しゴールも。
いなやんのスーパーセーブも。
みんなみんな頑張った。

でも、あの反撃の狼煙は時間帯も崩しとしても最高だった。
チームのテンションも全然違うしねー。


前半2失点は大黒さんにやられまくったね。
良い走りしてた。おかげで、ラインぐっちゃぐちゃ。
1失点目は良い飛び出しだったなぁ。
でも、あの時のいなやんのポジショニングはどうなんでしょ?
ニア抜かれるのは絶対ダメだけど、あの角度だとニアに寄りすぎに見えたけどな。ま。現場でみないと分からんけど。

あと、たまにソンジンのつき方って怖いよね。
たぶん知らないんでしょ。日本人選手に対する知識がないんでしょ。

いや。責めてるわけじゃなくて。
例えば、大黒という選手がどんだけやる男とか。
少なくとも同じ世代の日本人よりは確実に。

2失点目もひどかった。
あんなポジでキープされたらキーパーどうしようもない。


だけど、後半は踏ん張った。
センターの二人もライン整えてたしさ。
前半あんだけ崩れると立て直すの難しいと思うんだよね。

いなやんもスーパーセーブ連発。ポジショニングも良かったしさ。


今節はトラブルでセンター二枚を変えることになりましたが、うちのスタイルを考えたら今節の二枚がベストなんだろうな。足元うまいもん。矢野とばっさんは対人に強いから、どっちが良いとはいえないんだけどね。

悩ましいなぁ。DF陣。


吉井と翔平ちゃんのコンビもいいなぁ。
フリーランニングが長い。
ダイシもそれなりにやるけど、回数もすごい多いし。

連戦中はスタメン変わったりもするって話だし、今回の試合は勝ったことも嬉しいけど、出てなかった人たちが頑張ってたのが一番だ。


明日は、岡山戦。
全国地域決勝大会以来か。
初勝利の勢いでくると思いますが、中二日のアウェイは鬼だし、前半をきっちり闘うこと、できたら先制すること、これが出来たら負けはないと思う。

うちは去年、連勝するまで相当かかった。
難しいんだよね。連勝って。
岡山は去年のうちに雰囲気が似てる気がするから、頑張ってほしいんだけどさ、明日は負けられない。

良い試合を。

vs ベガルタ仙台 in KK-WING

ひっさしぶりにダメ試合でしたな。

誉めるところが見当たらない…orz

強いて言うなら、吉田くんの感覚が戻ってきてること。
キックのイージーなミスが多かったのはいただけないけど、セービングは良かったと思うよ。3つの失点は仕方なし。吉田くんのせいじゃなかろう。



というわけで、今節は仙台がすごかったというよりは、うちの自滅だね。
仙台のFW陣にはチャンスほとんど与えてないしさ。
仙台は試合巧者だった。それは言える。


うちは鳥栖戦で何か狂ってしまった感はある。
らしくない試合が続いてるね。
攻撃のリズムが全く良くない。
やはりプレスきついとダメなのかな?
チームの問題か個人の問題か。
多分後者の方だと思うので、時間はないけどしっかり修正してほしいところ。



気になった点をいくつか。

1つ。出したら動く。
どうも少ないよね。
それで前にいかないこともしばしば。
逆に、動いてるときに出してないこともしばしば。
動いたときにでないと無駄に疲れるし、逆サイでミスがあったりシュートまでいけなかったらなおさら。全部使えとは言わないけど、使わないことが前より増えてると思う。相手の対応もあることだけど、うまくやりたいよね。
とにかくイチには同情するよ。

2つ。速攻がない。
速攻できる状態でもそれを選択しない。
パスを念頭に置くスタイルを採用してるのは分かるし、意図のないロングパスは減ったけど、速攻のためのフィードは蹴っていいのに。

今回は特にバックパスを狙われてた感はある。酷いときは最終ラインに1人ずつマークされてた。
逆に言えば、相手の最終ラインは余らせてなかった、もしくは中盤にフリーの人がいたことになる。逆サイはどフリーって何度もあった。
試合中にそこに気づいて、チームで使えなかったのはまだまだってことですね。ゲームリーダーも欲しいとこです。


3つ。シュートうとう。
前半は翔平ちゃんが一番ゴールに向かってたよ。
藤田さんにはいくつかチャンスあったね。
ゴンさんはあんだけサイドに流れたらダメと思う。スペースあってそれを他に活かすときはいいけどさ。押し込んでる状態だと意味ないし。あなたのヘッドが頼みなので。
木島にはいいポジでボール渡したいよね。ビルドアップ時にあまり触らせたくない。
何にせよ、ただでさえチャンスが少ないのに、シュートうってくれないのはストレス以外の何物でもないですよ。


4つ。交代の意図がわかりません。
翔平ちゃんを西に代える意図は攻撃的にってことだったのかもしれませんが、だったらダイシは代えたらダメでしょう。中盤のバランスが崩れすぎです。
しかも、ゴンさんも木島も残して、コモ投入って…パワープレーということでしょうか?
らしくないよねぇ。去年みたくワイドで起用ならいいと思うけど。木島も西もいる状態ではワイドってこともないだろうし。おかげでセカンド拾われまくり。
木島のイライラは画面からも伝わってたし、前半から調子良くなかったのに、1つ下げて守備までさせるポジにしたのも分からん。下手したら、警告もらって矢野とともに次出れなかったかも。
返す返すも、一枚目の交代が翔平ちゃんだったのは攻撃面でも守備面でも痛かったし、その後の交代の使い方にも無理が出たね。

そして、極めつけは矢野とソンジンの交代。
矢野は怪我とかじゃなさそうだし、ソンジンが次出るからなんですかね?いるかな?そんなん。負けてるのに。
逆に矢野は次出れないんだから最後までやらせて、ソンジンに試合勘つかませたいならボラで出場させるという手もあったのでは?
あ。今日は勝つ気ないんだ?ってフッと思ってしまったんですが。
で、ソアレス出てきて、絶対やられるとも思ってしまいました。
ホームの試合でただ負けるのもいやなのに、完封されてる状態で守備メンバーを交代っていくらなんでも…

北野監督をダメだと言う気は全くありませんが、おれみたいに思ったやつがいるってことは、他にも何人かはいると思いますよ。せめて意図が知りたい。納得できたらそれでいいし。もやもやしたままです。
できれば、勝ってやる、一矢報いてやるって気持ちは見せてほしかったな。選手は試行錯誤しながら闘ってるのはわかったんで、何だかもどかしい気分になりました。


ちょっと厳しくなりましたが、たまにはいっか。
ここを見てくれた人の溜飲が少しは下がればいいなと。
逆にストレスになったらすんません(汗)


次は東京ヴェルディ戦。
中二日でアウェイなので、かなり厳しい試合になると思います。互いの今節の試合をみてるとさらにね。
是非次こそは勝つ、ないしは点をとる、ないしはやり切る試合を。

負けてもボコボコにされても、選手スタッフが諦めなきゃ、サポは絶対諦めませんよ。

良い試合を。

vs サガン鳥栖 in ベアスタ

九州ダービー1stラウンド第2戦。

鳥栖。


福岡があんだけ引きこもるチームとは思わなかったんですが、鳥栖とは絶対ガチでやれるだろうと思ってました。

戦前に抱いた1つの期待、そして、その期待と表裏一体の不安。

ハイプレスのパスサッカーチームに対して、うちのパスサッカーはどこまで出来るのか。

今節最大のテーマであり、仙台やC大阪などのポゼッション型チームと対戦する前の試金石。まさしく絶好の相手と言えるでしょう。

結果…

微妙と…


今までは引いてカウンター狙いのチームが多かったので、ある程度持たせてくれた。だから、パスを回してリズムが作れた。

そうも言える。

そうじゃないと言うには、これから当たる攻撃型のチームに対して、同じレベルで回せることを証明しなきゃいけない。


ただ、鳥栖戦に関してはリズムよく回るという感じじゃなかったかなぁ。


その1つの要因としては、試合が白熱してたことが挙げられるかな。

両チームともに非常に気合い入ってた。
特に、鳥栖の飯尾、うちの矢野。
唯一の得点がオウンゴールだったことを考えれば、両チームともによく守ったと思うよ。
他の場面でも木島vs渡辺、イチvs島田は見応えあったよね。西がそろそろ知られてきたせいか早めにフィジカルで潰される場面が多かったですね。ま。彼ならその壁を越えてくれると信じてますが。

とにかく、両チームとも、そういうターンさせる前にチェックする出足の早い守備をしてたから。パスでリズムを作るのは厳しかったかなというのはありますね。主審も微妙なジャッジ多かったし。


それにしても、フィードがいつもより多かった。
去年の終盤と似た感じになってしまったかな?という印象があります。


でも、随所に新しいスタイルの片鱗は見せれた。
前半の終わりごろのイチのシュートだったかなぁ。後半だったかなぁ(笑)90分で2本くらいあったと思うんだよね。ワンツーとかで崩せてイチが最後に出てくるやつ。
翔平ちゃんもよくシュート撃つようになってるしさ。
右サイドから逆サイドへの大きな展開で、藤田さんと拓ちゃん絡みで惜しいのもあったね。

攻撃のバリエーションはすごく増えてる。

拓ちゃん絡みで言うならセットプレーもすごいね。
直接2本目は、相手GK室もすごかったけど、もうちょい浮いてたら絶対触れないとこにとんでたからなー。早く1本欲しいね。

あと、1番良かったのは、運動量じゃないかな?
鳥栖も運動量多い方なのに最後まで走りきれてたのはうちだったよ。
ああいうのを見てると、普段の練習の成果ももちろんだけど、ポゼッションサッカーの一定程度の成功というか、良い攻め、良い守りが出来てたのかな?とも思う。



これで九州ダービー1stラウンドは1勝1分。
あとは、ホームで4試合ですか。
何気に鳥栖にも福岡にもホームで勝ってないよね。
逆にアウェイじゃ負け無し。
今年は負けないようにしたいですな。



さて、次節はホームでベガルタ仙台と。
去年勝てなかったチームは昇格した広島、山形。苦手な水戸、岐阜。そして、仙台。
昇格していった2チームとはしかたなしだけど、他のチーム(今年からJ2参戦のチームも含めて)には勝ちたいとこですね。
その1つ水戸には勝てず、その1つ札幌には勝てた。

仙台。去年昇格しててもおかしくなかったからね。
今年はあまり調子良くないみたいだけど、選手は去年より確実にパワーアップしてるし、普通に強いからなー。

そして、今度こそロアッソ熊本のサッカーが通用するかどうかが問われますね。
今の時点で全てがうまくいくとは思ってませんが、ロアッソタイムを1分1秒でも長く作ってもらいたいね。


そんで、勝ちたい。

vs 湘南ベルマーレ in KK-WING

湘南強いなぁ。
かたい。しぶとい。

クールにプランを遂行しながら、プレーでは熱さを見せる。

実に理想的。
非常にシンプル、だからこそ崩れない。

本気でJ1を目指すチームなんだなと強く思いました。
うちとの路線は全く違いますが、頑張ってもらいたいとこですね。



さて、うちの方ですが、「持たされた」的見解もありますが、そうは思いません。何かこないだと同じですね(笑)

というのも、「持ってる」「持たされてる」って結果論だと思うんですよね。

湘南のスタイルは「持たせる」スタイル。
うちのスタイルは「持つ」スタイル。

それが噛み合うんだから、結局最後に勝った方の言い分で表現されるだけなんじゃないかと。

だから、湘南目線ならば「持たせた」でいいと思うんですが、うち目線はいつも通り「持った」でいいと思います。負けたってここはロアッソサポのブログ。うち目線はぶれません。



内容はどうなんでしょう。
久しぶりの3トップで少し勝手が違ったかな?という部分もあり、一方で、2トップの時に築いたスタイルも活かされているなという部分もあり。


個人的には、悪くなかったと思います。

惜しいシュートもいくつかありました。
ギリギリのところで防がれたり、外したりしてしまいましたが、そこは個人の部分になるし、鉄壁の湘南DF陣を慌てさせたことはチームとしての完成度の高まりを感じさせますね。

守備陣も、見た目以上に、無難にやってたと思いますよ。
湘南のカウンター素晴らしかったしね。
それでやられなかったし。

失点は2つともアンラッキー。

1つめは集中力の問題もありますが、原田に当たって軌道が変わらなければ、なかったんじゃないですか?

2つめは矢野のパスミスから。最近安定してたのは絶対に3枚いたから。あの場面の前後はずっと2枚。
チームとしてのスタイルを貫きたい選手とロングフィードで一気に裏に走りたい選手との意思がちぐはぐになってしまった部分があるかなと。誰かが意思表示せなんかったなー。あそこは。みんなの責任です。
ま。それに原のシュートうまかったよ。あの軌道なら10本うって1、2本でしょ。あんなん。


逆に言えば、最悪でも引き分けにできたやん!と。
そこはしっかり修正しないとね。
ま。それが出来れば、トップ5いけちゃうね(笑)


攻撃面での課題は池ノ上さんもおっしゃってましたが、もう1テンポ早めに仕掛けること。
味方が万全じゃなくてもいくとこはいかないと!って感じでしたよね。
サイドはどうしても切り返しが多かったり、手数が増えたり。
待ちたい気持ちは分かるし、待つのもありだと思うけど、そこはバランスだからねー。

守備面は特にないかな。
思いの外、うまくやってると思う。
人数少ないときも安易に飛び込まずにきっちりみてるし。
能力の高い選手が持ってるときは複数でアタックいけてるし。
昔ほどマークも外さないしね。
カウンターへの対応もかなりうまくなってる。

あとは、精度と個人のアップにかかってますね。
何遍もになりますが、今回は無失点でもいけた。
ここが大事。



次は日曜、ベアスタで鳥栖と。
九州ダービー第2戦ですね。

鳥栖は完全なリトリートタイプじゃないので、ガチンコで攻守の切り替えの早い熱い試合になりそうです。

岸野監督ばりにうちの北野監督も熱いからね。
岸野監督はよく福岡を意識した発言をしてサポを盛り上げてくれますが、そこに是非熊本を加えさせましょう。

vs アビスパ福岡 in レベスタ

ナイスゲームでした。
勝てなかったことを除けば。

札幌、福岡と今季J1昇格を掲げるようなチームを相手に互角以上の闘い。

加えて、内容がまた…

素晴らしいよね。ほんと。


さて、今回も気になったところを。


前半。

福岡が押し気味だったという意見が多いようですが、自分はそうは思いません。
45分あれば流れが行ったり来たりするのは普通ですし、そこで点が取れたのが福岡だっただけだと思います。

強いていえば、スタイルとプランニングの問題でしょうか。

うちがポゼッション、福岡がリトリートの形が90分通して試合の構図でした。

とすれば、福岡の攻撃は大半がカウンターで、崩したというよりは崩れている状態で攻めきろうというスタンス。決定機は作りやすいからさ。押し気味に見えるんじゃない?

前半の失点とそれ以外の決定機もそんな形。
うちとしては、対応が非常に難しい場面でした。
城後の走りとシュートは素晴らしかったしね。

仕方ないかなぁ。
守備陣は責められない。

責めるとするならボールの失い方ですかね。
悪い時間帯だからこそ、上手く時間を使えれば良かったんですが。

ただ、そこで崩れなくなったことは成長の証。
中盤はよく耐えたよ。みんな素晴らしい。


そして、セットプレーが面白いね。
原田拓素晴らしすぎる。
去年は少なかったからなぁ。セットプレー、特にCKからの得点。今年は大きな武器になりそうですね。

鳥人山下とのコンボとかどうする?
一撃必殺すぎてやばいですよ(笑)

それに、左SBが本職じゃないってのが嘘みたい。
後ろでのパス回しも安定してるし、1つ決定的なクリアミスと失点シーンで大久保に引っ張られちゃったのとありましたが、概ね良しでしょう。

山形の石川を思い出しますね。
陰のゲームメイカーですよ。
原田拓にアタックに行かなかった時点で福岡のプランニングはミスですよね。

あと、セットプレーと言えば、ダイシですよ。

ゴール正面でのFK1本目は今までの試合の中でも抜群の軌道とキレだった。浮いちゃったけどね。あれは入る球筋。
2本目は拓ちゃんが蹴っちゃったけど、もっかい見たかった。

これは決める日も近いね。
ガンガン蹴らせるべきと思う。
入りはじめたらしめたもんなんで。嘘みたいに入りだすよ。



で、後半ですが、福岡はどうしてあんなに引きこもっちゃったんでしょうか?
後半開始時点ですでに疲れていたとは思えませんが。
引きこもったせいで、前後左右にふられて疲れてしまった感はありましたね。

うちにとってはラッキーだった。
やりやすい後半だったと思います。
黒部の投入がFW同士の交代じゃなかったのも良かったよね。
前から連携したプレスをかけてくるわけでもなく、中盤にスペースができて。



うちは、拓ちゃん加入で最終ラインでのパス回しに落ち着きが出てきたし、矢野もうまくなってるよね。彼は器用だわ。
あと、イチが後ろ気にせずガンガン上がれるようになったのも良い効果。

チャ様は相当やらんと取り返せないよ。
網田くんは是非原田拓を目標に。彼が答えだ。

ばっさんはもう少しパス判断早くせんとね。カードもらったシーンはひやり。

吉田くんはどうだろ?
試合がご無沙汰の割りに無難だったかな。
棚ぼたで回ってきたスタメンの座。
お兄様方が復帰しても簡単には譲らないような気合いが欲しいっすな。


中盤は安定してるからいうことないね。
ダイシと翔平ちゃんの飛び出しも最高だったし。

強いていうならペナ付近ではまずシュート考えて欲しいけど。
後半押せ押せのとこで無理っぽいパスが1本あったよ。翔平ちゃん。
前節とったんだから蹴れば入るって。

Wとしやは最強です。


FWは宇留野が気になるよね。
前節のこと書いた時に「宇留野が心配」って書いたんだけどさ、やっぱ怪我してたのかー。何か動き悪かったんだよなー。
長引かないことを祈る。焦ったらダメ。
最後までコンスタントに闘ってもらわなきゃ困る。
君は必要な選手なんだから。

キジはちょいと読まれ気味だったような。
左に転がすのをことごとく止められた印象あるね。
最後まで走ってくれたのは最高だったけど。
ペナ内ではやり切ってくれるのはさすがです。

ゴンさんは得点良かったじゃん。
相手は当たってたし、PK難しかったと思うよ。
画面みれんかった。オシム状態(笑)
その他だとニアで合わせたかったのが何本かありましたが、あそこに入り込んでるのが1番大事だから。次決めてくれれば大丈夫。


あとは西か。
なんだ?やつのドリブルは(笑)
あの5人くらい引き連れたやつ決まれば良かったのに。
GKには空気読んでほしかったな…なんつって。

スタメンとなるとまた勝手が違うのかもしれませんし、今の構成はとてもバランスとれてるので、なかなか変えられませんが、パス・シュートもできるし、ジョーカーとしてはかなり秀逸。まずは結果を残したいね。

今はいない大迫くんも含めて、面白い選手盛り沢山だよ。うちは。

楽しいねぇ。



さぁ次は日が変わって明日。
湘南戦であります。
うちはどっちかっていうと苦手かなって思いましたが、去年の第3クールで勝てたし、いい感じでやれそうです。

湘南今2位。
調子良さげだけど、試合を見ると結果ほど内容は良くない印象があるので、勝てなくはないと思う。

守り合いだと田原に放り込める湘南に分があるかもね。

ならば、撃ち合いっしょ!

鳥栖みたいに劇的に勝ちたいですな☆

totoゴール的にもうちが2、3点入れるとみんなが泣くので、是非ともやってやりたいっすなぁ(笑)

vs コンサドーレ札幌 in KK-WING

あんだけの勝利なのに更新が遅れてしまいました。

失礼。



いやはや何なんでしょうね。これは。
前回の記事の最後に「うまくやれば勝てそう」とか書きましたよ。たしかに。
でも、まさか、これほどとはね。びっくりです。

そして、あと二回ある札幌との試合が非常に恐ろしい(笑)



この試合は北野監督がおっしゃったとおり「成長している」という言葉がぴったりです。

といいますか、ここまでの試合すべてが「成長している」と評価されていいなと思えることが、1番嬉しいね。


前回の水戸戦で、サイドバック勝負できてないよね!って書いたら今節のイチは上がりまくり。クロスも冴えてた。

緩急、特に「急」をつけれたらいいね!と言ったらショートカウンターから翔平ちゃんのJ初ゴール。

守備面でもラインはいい感じで保ちながら、要所をしめての初完封。

いやいや。すごいな。
相手の良し悪しもあろうけどさ、ここまで見事に修正してもらえると書きがいありますよ。


システムの変更はありましたが、大きな変更じゃないんでしょう。使いたい選手を選んだらそうなった感じ?


ま。全員が全員100点かと言えばそうではないし、もっと良くなると思うんだけど、一つ結果を残せましたね。去年と比較したら2勝目も完封も早いし。これは来ちゃうんじゃないですか?第2クールのロアッソ旋風。


最後に良かったとこと課題を簡単に書いてしめたいと思います。

良かったこと。
・攻撃が多彩になりつつあること。
・中盤の押し上げが質・量ともに十分だったこと。
・先制したこと。
・勢いのある前半で勝負を決めれたこと。
・サイドバックが上がれたこと。
・原田拓が計算できたこと。
・セットプレーが計算できそうなこと。
・ばっさんが復活してたこと。
・矢野ちんがキレキレなこと。
・いなやんが初出場で無失点だったこと。
・復帰、新加入の選手を試せたこと。
・ゴンさんが今季初ゴールを決めたこと。
・翔平ちゃんがJ初ゴールを決めたこと。


課題。
・宇留野がちょっと心配。
・藤田のいないときのゲームメイク。
・ミドルのゴールがほしいこと。
・セットプレーでのゴールがほしいこと。
・後半ややヌルッと入ったために押し込まれたこと。

あたりでしょうか。

さすがに今回は具体的にあーだこーだというとこはありませんけど、後半の頭はもっとうまくやりたいところですね。次に期待です。



さて、次節は福岡と。
ゆたかさんも調子良さそうでなによりですね。
ま。連勝してるようですが、スーパーゴールとセットプレーのようですから、思いのほか苦戦してると評価しています。
今節札幌に対してやれたことは必ず福岡戦でも活きると思いますので、まずは勝ちたい、できれば2点差つけて追い抜きたいとこですね。

vs 水戸ホーリーホック in 笠松

はー。やっぱ水戸とは何だか相性悪いよなー。

いや。良すぎるのかも。
あまりにはまりすぎて、チームとしての地力の差が出てくるのかも。


今日は前節とはシステムが変わって、というか戻しての4-3-3。徳島戦とはトップがコモから中山に、CBがばっさんからスンジンに。


そだなー。個人的にはそんなに悪くなかったと思う。
攻撃陣も守備陣も一定程度の成果はみられた。

攻撃陣は愛媛戦に比べて断然「ツー」の意識は高かったと思う。ワンツーの数が比べものにならないくらい増えたよ。中三日でキチッと修正してきた選手・スタッフはもっと評価されていいと思う。その時その時しか見てない解説者や相手サポには知ったかきめられても、うちらだけはしっかり見てあげたいですね。

で、今日出た課題は、精度もそうなんですがそれは練習で伸ばしていくとして、去年の良さが死んでることですかねぇ。去年の良さが無くなるってことは、木島の良さが減るってことで。
この試合は明らかに速攻が少なかった気がします。スペースがないとドリブルもチャレンジしにくいし。宇留野が止められるシーンも多かったし。SBのフォローが少なかったというのもあるけど。相手がライン上げてる時にもっと裏で勝負したかったな。先制された後や後半になってからだと裏のスペースはケアされてしまいますからね。ショートパス繋ぐのももちろんやってほしいけど、急ぐべきところは急いで欲しいなと思って見てました。

あと、SBは前で勝負できなくなったなぁ。イチは元々広大なスペースをダイナミックに使うのが得意だから1対1に強いわけじゃないけど、チャ様はどっちかっていうと1対1でガンガン勝負するタイプだったのに。チャ様、今日クロス上げてなくない?らしくないよね。絶対。なんかおかしいんだよなー。チャ様。

3トップでSBが上がってきたとなれば当然ペナ内の人数は十分なはず。クロスさえ良ければ1点もの。そういう危険なクロスを増やしたいものですね。


あ。前半のセットプレーは面白かったね。解説は前で木島がミスったとか言ってたけど、完全に狙ってるやろ。ゴンさんが触ったとこをみると有効なようですね。


一方の守備陣ですが、ライン高かった。まぁ「勇気と無謀は違うんですよ」と言われたらそれまでですが、荒田という飛び出させたら一流のFWを相手にあのライン設定はふてぶてしかった(笑)いいよいいよ。チャレンジしての失敗は今は歓迎すべきと思う。

失点の場面は初歩のミス。
一見オフサイドでしたが、うちの選手が全員水戸陣内にいたんで、オフサイドはとられませんでした。サッカー漫画の名作・シュートで見た(笑)
今日は矢野がよく前にチャレンジしてた。すごく良かったと思う。でも、スンジンにフォロー任すのはまだ早かったね。石井とチャ様も最終ラインにいたけど、やっぱりCBの問題だろう。ばっさんやただよならしなかったと思う。スンジンは最後に退場もしてしまいましたし、悩ましい試合になりましたね。

ま。スンジンのイライラも高崎の怒りも分かるつもりです。
うちもリードしてたらキープするしね。J1でもやるもんな。
でも、そろそろJリーグでは禁止してもいいと思う。時間をうまく使うっていえばかっこいいけど、見方を変えればただのヘタレだからねぇ(苦笑)

失点はあの1点だけだったし、少しずつ安定してきてると思う。
うちの失点が多いのは、そもそもカウンターの得意なチームとばかり当たってるにもかかわらず、自分たちのサッカーを貫いているからだと思いますね。

だもんで、心配はあんまりしてない。
実際、前回はセットプレー、今回は普通にやってればオフサイドで事なきを得たプレーでしたしね。崩されかけてはいるものの最後の最後で耐えてたのは評価されていいかなと。


最後に、審判か。
コバのやつはきわどいけどバックパスじゃないと思う。矢野は明らかに自分でクリアしようとしてた。表面的なプレーで判断せずにそこまで踏み込んだ(と思われる判断をした)のは素晴らしいレフェリングだったかと。
逆に、最後の本間のプレーはおそらくハンドでしょう。ただ、縦にロングを入れて早い展開ではレフェリーのポジショニングもズレてくるのはしょうがないし、主審は責められないかな。見てほしかったけど。むしろ手前側の副審だな。ダメだったのは。

実は水戸との試合は疑惑の判定多いんだよなー。
去年の笠松での第一クールの試合の荒田のゴールはオフサイドだし、第二クールの試合の後半では本間が一旦足元に離したボールを木島かだれかに詰められて慌てて再度キャッチしたのにハンドとってくれないし。
なんかそういう運命なんでしょう。
うちと水戸は。
ほんと相性悪いよねぇ。



ま。負けは負け。
水戸は強かったです。良いチームだしね。



あー。やっぱ今は我慢だな。
次節からは強豪との連戦だけど、引きこもらずにガチンコで勝負挑みたいとこですね。

札幌には悪いイメージないし、うまくいけば勝てそうな気がするけど。totoの対象試合じゃないのが残念だ。

vs 愛媛FC in KK-WING

実は他所で身内で集まってtoto予想をこそこそわいわいやってるんですが、下記は今回のtoto予想の熊本愛媛のマイコメントの締め。

「正直愛媛には負ける気がしない」

そして、引き分けを本命にしました。


愛媛のみなさんが見たら「あぁ゛」ってつぶやくかもしれません。

や。決して愛媛を下に見ているわけでも、去年のたかが三試合やっただけの結果だけで相性良いなんて思っているわけでもなく(焦)

そういう雰囲気といいますか。サポってポジションから離れて俯瞰したイメージというか印象というか。

ちなみに、その前の徳島戦では「嫌な感じがする」 的なコメントつけて対抗で徳島勝ちをつけました。


サポには分かるフワッとしたイメージってありませんか?
こと熊本の試合に関してはかなり精度が上がってきてる気がします。

え?次?水戸ですよね?

ぶっちゃけ勝てる気がしません(笑)

や、ちゃいますよ。
勝ちを諦めてるわけじゃなくて、自チームを卑下してるわけでもなくて。やるからには勝ちたいし、勝ってほしい。そう思って応援してます。

でも、去年みたく毎試合勝てる勝てる!と言ってたのとはまた違う境地に達してるというか…まぁ色々ありますよね。




さて、そんな感じで観戦に入った昨日の一戦。

開始してすぐに失点したのには「えー」でしたね。
あれ?イメージ勘違い?みたいな。

最近の勢いそのままに愛媛のカウンターの雨あられ。
なるほど強いなぁとやや感心しながら見てましたよ。

ちなみに、FK蹴った大山は一昨年浦和から愛媛にレンタルで来た時から目をつけてました。
当時は鹿児島にいたのでキャンプ見放題だったんですよ。
で、柏だったかな?のTMにいったときですよ。
右でも左でも精度の高いキック持ってて、視野も広いし上手かった。
極めつけは、当時髪長くてちょんまげ作っててさ、カウンターでルーレットかましてて(笑)

それから「オシャレちょんまげルーレッター」ですよ。

おっかけましたねぇ。データ上だけですが。

愛媛に戻ってきてくれたことは、愛媛サポさんばり喜びました。良かった良かった。


おっと。逸れましたね。


うちは新システムでしたが、特に違和感はありませんでした。

いはしょーも西くんも合格点をつけられる出来。良い選手になってくれそうですね。移籍金撤廃はんたーい!(笑)

そして、ソンジンが良かった。あそこまで出来るとは。
元々能力は非凡だと思ってましたが、DFラインなだけにコミュニケーションがとれるようになってからかな?と思ってました。
今の能力であの出来なら100点でもいいんじゃないですか?
フィジカルとDF技術はまだまだこれからですが、熊本からまた一人良い選手が生まれそうな予感。



そんなプラス要素ばかりなのに前半は全然うまくいかなかった。なぜうまくいかなかったのか?

個人的には、「ツー」の意識だと思います。ワンツーのツー。
北野監督もおっしゃっていたようですが、パス出した後の動きが全く足りない。
うちの選手は思いやる意識は強いみたいで、ボールホルダーの横かそれより後ろにはフリーで受けようとする人がいるけど、肝心のくさびを受ける人、裏に抜ける人がまるでいない。いてもフリーじゃないから出しにくいし、出してとられてカウンターを受けたりする。

リスクマネージメントの点でフォローはすごく大事だし、みんなが俺が!俺が!でも当然困るんだけど、パスサッカーを標榜するチームとしては致命傷。
現代サッカーでは、ツーどころか第三の動きとか言われてるのに。要改善ですね。

そういう意味では、DFラインでのパス回しやバックパスばかりが批判されたりするのはちょっと違うかなぁって。
普通に考えて、縦に蹴れたら絶対蹴るし。
蹴れないから横や後ろになるってことなんじゃないのかな?
もし前線が動き出してるのに出てこない、出し手が見えてないんだったらコミュニケーションでしょ。おれを見ろ!っていうアピールでしょ。

攻撃面ではそんなとこでしょうか。
ドリブルやシュートの積極性は出てきたし、昨日はよく枠に飛んでたから。
願わくば、シュートはもう二、三歩前で打てると入っただろうし、ドリブルのつっかけ方も周りのフォローの体制の取り方とか気をつけたいかなと思いましたけど。
ま。これからですよ。



一方の守備面ですが、やっぱりちょっとビビったかもね。相手スピードあったから。ラインが下がってたような気がします。前半の田中のシュートがバーに当たったやつとか顕著。ペナ内で勝負させなきゃ矢野なら奪えたと思うんですけど。
あとは、チャ様はあんな守備できなかったっけ?中央が下がってるのに、チャ様は突進しすぎだろう。DFはもっとどっしり構えて、後ろに重心置きながら守るもんだと思いましたが。
去年もやられることはしばしばありましたが、あんなにアッサリとやられてはいなかった気が。
悪い意味で緊張感がないような印象を受けました。コンディションが悪いようには見えないけど。
矢野と話し合ったが良いと思います。


最後に、個人的な昨日のMVPを発表します。

ジャンッ!

石井俊也

石井さんですね。

いやー。良い選手獲得した。J1でも全然やれると思う。
ポジショニングほんとに気が利いてるし、運動量も素晴らしい。終盤でのクリアボールに躊躇なく頭を出す気持ちの強さ。
好きだなぁ。彼のような選手は結構好きだ。派手さはないけど、職務を粛々と遂行するあたりがかなり好きだ。いないと絶対困る。
吉井あたりは良い目標になってるんじゃないかな?



試合全体としては、良い試合だったし、展開としても内容としても面白かったと思います。

ただ、少なからずラッキーだったかな。
PKをとってもらえたのもだし(倒されたとは思うけどああいうのは往々にして見てくれないから流されても仕方ないと思ってたので)、バー直撃が何本かあったのも。

ホーム開幕戦とは逆ですね。あの時は不運だった。


まあまあ今年も始まったばかり。
新戦力がことごとく当たりだし、やってるサッカーも可能性を感じさせてくれる。ゴンさんがついに戻ってきて、これからも怪我人がどんどん復帰してくる。
そういうのが、チームののびしろを、しかもかなり大きなのびしろを期待させてくれますよね。


第二クールかな。
そこら辺でバーンと行ってくれる気がします。

今は我慢。応援するのみ。

vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

今日は私用で全く見れませんでした。

が、結果は知っています。

見るべきなんでしょうか?(笑)
まぁ見るべきでしょうね。
いいとこ見つけてきます。


さておき、ポカスタはあまり良いイメージないですなぁ。
今年は二試合あるでしょ?去年はうちがホーム二試合だったから。
できれば、早めに払拭しておきたいところ。


まぁ一般人が思ってるより今年の徳島は強いと思うし(このわたくしにtotoのチェックをさせるほど)、まだまだ序盤だから。うちも色々あるでしょう。

とりあえず一周目は自分達のスタイルを貫いてみて、二周目からまたチャレンジするくらいの余裕をもってやればいいんじゃないでしょうか。


だいじょぶ。

うちは今シーズンもう一回勝ってるんだから。

vs 横浜FC in 三ツ沢


第2節ってのは、どうやらうちにとっては特別な「節」のようですね(笑)


勝ちました!

おめでとう!ありがとう!

各所で書かれてあるとおり、まだまだな部分は当然ありますが、今は100%喜んじゃっていいんじゃないですか。



ザスパ草津とのホーム開幕戦を落とし、迎えた第2戦は、あの三ツ沢での横浜C戦。
アンデルソンにハットトリック決められたなーとか。あのPK微妙だったなーとか。
あれよあれよの5-0。コバとイチの「今日は地獄やな」会話があったこともつゆ知らず(コバトークにて)、呆然でしたよ(投げやり)。ええ(苦笑)。

まぁ本州アウェイの苦手意識は、去年の湘南戦での勝利により、大きく薄れていたことは良かったかも。あと、あの5-0の試合以外の対横浜C戦では、うちにとって、かなりいい試合だったから、苦手意識はなかったかな。

カズさん出てたのも嬉しかったし、アツくん出てないのは残念ながらもラッキーと思ったり。
試合開始前、開始直後はわりとのんびりした気持ちで観戦してましたよ。



うちは前回に比べて、格段にとは言いませんが、良くなっていると思いました。
ビルドアップもそうだし、フィードするところ、クリアするところ、ボランチの引き出す動きまで。

得点の仕方も、横浜C側のサポさんからすれば、「うちらのミス」ってことなんでしょうが、前線からの守備、両ウイングの裏への鋭い飛び出しはうちの武器ですから。パスワークで崩すのも素晴らしいし、高い位置で奪って少ないタッチでゴールまで繋げるのも素晴らしいと思います。前者は技術で魅了する、後者はハートで魅了する。

3トップは攻撃面ばかりを取り上げられますが、4バック主流の現代サッカーにおいて、影のコンダクターを担うSBを誰が見るのか、どうやって圧力をかけるか、ってすごく大事になってますからね。近年、1トップや3トップの、サイドの高い位置に選手を置くスタイルが流行っているのも当然なのかもしれませんね。

そういうところがはっきり出たというか、うちのフォーメーション・スタイルががっちりはまったのがチャ様のプレスからキジの先制点だったのではないでしょうか。なぜ相手SBをうちのSBがチェックできるのかはそれぞれで考えてください(笑)まぁ通常ならありえないですよね。それが出来るのが、うちの今年の強みってことで。

キジのシュートも巧かったね。あれ難しいよ。
蹴る間合いでキーパーのタイミングを外してるのも巧いし、あのファーに若干アウトで蹴ってのストレートボールをあっさり転がすあの技術。素晴らしいね。角度や態勢からして、インサイドだと難しかったし、インステップだとニアの上だけでタイミングは外しづらいし、ファーを狙えばカーブかかる可能性だってあるし。まじすごいっす。心からすごいっす。

横浜の樋口監督だったか、うちの誰かだったかが言ってましたが、相手ボランチが藤田に引っ張られすぎて、翔平ちゃんが余ってたってのも大きかったよね。翔平ちゃんは素晴らしい技術持ってるから。ポジション的にミスってるところが目につきますが、ピッチよく見えてるし。キックも色々持ってる。運動量でのし上がってきた感はありますが、彼の本質はゲームメイクにあると思ってるんで。藤田・小藤田くらいに思ってもらわないと(笑)

失点後も焦ることなく、中盤の構成も良かったし、DFのミスも前回に比べたら格段に減ってたと思う。
両SBや中盤のフォローもたくさんあったし、前節の反省点を生かして、修正・成長してきた証を見せてもらったと思ってます。


ばっさんのは…まぁ仕方ないかな。DFでのパス回しはもっともっと煮詰めていくところだし、うちだけじゃないから。同じ問題を背負っているのは。今の時点でここに着手できてるってことは4年後のJ1昇格に向けて、実に堅実だと思うし。今しかないよね。逆に言うと。


それにしても、カズさんは最年長ゴール記録だって?すごいね。
カズさんはなんだか動き軽やかだもんねぇ。

でもさ、うちってさ、あれじゃないっけ?J2最年少得点記録にも貢献してるよね?
去年の第2クール湘南戦での菊池。

よっしゃ。最年長と最年少記録制覇(笑)



後半も木島から宇留野という大きな展開から、最後は宇留野の「技術」で追加点と。
前節も超絶ボレー決めてたけどさ(オフサイドだったけど)、宇留野ってボレー巧いよね。
前節は右で今節は左でしょ。すごいじゃん。
宇留野は個人的に好きで(前にも書いてますが)けっこう見てたんですが、甲府でめちゃめちゃ活躍した印象はないよね。良いところで怪我したりとか、メンバーはずれたりとかで。

うちへの移籍大成功だね!


あとはまぁ書き出すときりがないけれども、悪い意味で気になったのはカードの多さか。
厳しく行かなきゃやられるから、悪質なのはなかったと思うし、後半に増えてるから疲れでしょうがないところもあるとは思うんだけど、これからのことを考えると大変だよねー。特に、CBの2人。
まぁファウルになってしまうって言うのは、技術よりも判断の遅れ、そして、ミスからの急な対応。
カードが多くなってしまうのも、チーム全体でのミスがまだまだ多いですよってことなのかもしれませんね。
少しずつ減らしていきたいモノです。ただよさん。早く戻って来てー。


最後に、相手・横浜Cですが、戦前は池元・難波がスタメンだと思っていたので、彼らが入れ替わり立ち替わりに引いたり裏狙ったりしながらポストプレーとかされると、ファウルも増えるだろうし、そこでアツくんからのセットプレーとかいやだなぁと思ってたんですよ。一番気を付けなければいけなかったのは、そこ。それと、カウンター対策。

なので、うちとしては、アツくんがいなかったことでカウンター対策に絞れたし、藤田のおかげで中盤の優位を保てたので、落ち着いていけたかなぁと思いますね。

まぁ次の対戦ではアツくんやら根占やらがいると思うし、池元・難波も好調なときはすこぶる怖い相手ですからね。今回は運も味方にできたのかなと思いました。


以上。まとまんないけど、感想をば。


次節はポカスタで徳島戦ですか。ポカスタでは負けたからなぁ。
そうでなくても、ホームの徳島は強いイメージがあります。
去年とはかなり違うメンバーですが、なんとかして勝ちたいですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ザスパ草津 in KK-WING


どうも。どうも。ご無沙汰しています。
今年に入ってから私用で忙しくて。
おそらくこの状態は7月あたりまで続きそうなので、たまにめっちゃ短い記事になるかもです(苦笑)
今年のJ2展望も書きたかったんですけどねー。できませんでした。

でも、試合は観るし、感想も書く予定です。



さて、本日は我らがロアッソ熊本にとってのJリーグ開幕日。

相手は昨年、J初勝利をあげた相手・ザスパ草津。
あの試合はうちらにとっても、草津にとっても相当大きかったようで。
負けられない。負けたくない。そういう激しい試合になることは、戦前より予想されていました。

フォーメーションは4-3-3。
コモを1トップにおき、ウィングに木島と宇留野をおいたプレシーズンでよく見られた形。
中盤は藤田・石井・孝輔。翔平ちゃんがすんなり入るのかなと思いましたが、孝輔でしたね。
DFは去年の終盤から引き続き、チャ様・矢野・ばっさん・イチ。
GKはコバでした。


試合は一進一退。
どちらにもチャンスがあり、双方にバーを叩くシュートがありました。

攻撃面では練習してきた形もみられ、ある程度は計算できるように見えました。
守備面では失点に繋がる大きなミスがあったので、ダメだと思われる方も多かろうと思います。

書きたいことはけっこうあるんですが、余裕もないので1つ2つ。

攻撃面での課題はチームのヴィジョンをもっとはっきりさせること。

個々の力はある程度出せてたと思うし、コンディションの良し悪しはあったものの、J2ならば十分に通用するというところは見せられたと思います。惜しくも枠外に外れたシュート(木島・藤田・井畑)、ネットを揺らしたがオフサイドだった超絶ボレー(宇留野)、バーを二度叩いたヘッド(藤田)、ファーからのダイビングヘッド(コモ)あたりの見所がそれを証明してくれるしょうか。

ただし、雑な場面も多かった。
サイドに展開したとき、中に入ってくる選手が少ないときがあったり、複数人いてもかぶってしまったり。コモにきちんとボールを入れなきゃいけないところで、アバウトなフィードがあったり。そのパスで、トラップで、ドリブルで、次はどうしたいのか、周りはどう動かなければならないのか。そういうイメージのある攻撃を増やしていくことが今シーズン通しての課題になると思うし、それが複数人で共有できたなら、うちは素晴らしいサッカーを展開できると思うよ。


ビルドアップ面でも、あぁ、それに関連するので、この流れで書いておきますが、2失点目。
矢野のミスパスはおそらく誰しもが叩くと思うし、あれは当然、矢野のミスという部分は少なからずあるので全く悪くないと言う気もないですが、1点だけ。

去年と今年で一番変わったことって、高橋が抜けたことでも、コモが1トップであることでも、藤田が入ったことでもなくて、チームのビルドアップの仕方だと思うんですよね。

去年は、急がなくてもいい場面で縦のフィードを入れて、3トップに走ってもらう形が多かった。そういう形で得点を量産した。今年はその形を捨てるところから始まった。そこのところをもっと真剣に見なきゃと思う。DFからのつなぐ意識の徹底。矢野のミスはそれを意識するあまりのミスであったと思う。

そして、パスのミスは出し手と受け手のミスであるということも付言したい。1点ビハインドでDFラインから縦に入れたいと思った。うちのボランチの1枚は両SBが上がるため、最終ラインに入る決まりがあるようなので、1つ前は、両サイドとボランチ1枚。彼らはどこにいたのか。そして、矢野があそこまで上げたラインがどうしてずれているのか。あの時の矢野に限らず、あの辺のパスミス、縦に入れる機を逸する場面は今日の試合で数多く見られた。今日の試合で出た課題で一番おおきなものだったのではないかと思われる。


守備面では、DFラインは継続と書きましたが、チームのスタイルが大きく変わったことによって、DFラインのやる仕事も大きく変わっている。去年までのカウンタースタイル、前戦の守備からはいるスタイルだと最終ラインのやることは前2列のフィルターでかかったボールの掃除が主。ところが、今年はポゼッションスタイルを標榜しているため、今日のようなカウンターに対する守備が主になってくる。去年に比べて、今年の方がより高いDFのポジショニングや読み、判断の能力が必要とされる。そういう意味では、選手の成長、そして、システムの成熟度も含めて、長い目でみるべきところかなと思う。



今日の収穫は、攻撃面で一定程度の結果を残せたことが1つ。フィニッシュのところでうまくいかなかったけど、形は良いものもあったし、それが現段階で発揮できたことは良かったと思う。

もう1つ良かったことは、井畑・西の大卒ルーキーコンビがJ2でもある程度計算できる選手であることが分かったこと。井畑くんが当然通用すると思ってましたが、怪我で出遅れた西くんまでもが、あれだけできるとは思いませんでした。これは嬉しい収穫。左SBでやれたってことが輪をかけて嬉しいよね。ドリブル・クロス共に良し。井畑くんは点こそ奪えませんでしたが、彼が出ると点が入りそうな雰囲気が出てくる気がします。1トップで90分となると、コモやゴンさんの高い壁があるので、即スタメンとは行かないでしょうが、今日のような形で出場機会はあると思うので、是非ともゴールを奪って欲しい。



あとは、相手の草津ですけども、思ってたよりフィットしてた。

というのも、某スタメン予想サイトでは玉乃・廣山の両方がスタメンに名を連ねるという予想だったので、島田不在をどちらかが埋めるというならまだしも、2人いっぺんだと逆に去年の草津らしさがなくなるんじゃないかと予想してたんですが。結果、スタメンには廣山がはいり、それ以外は去年のメンバー。あぁ。やばいなと思いましたよ。ぶっちゃけ。

シンプルにつなぐサッカーが徹底してたし、廣山が違和感ないのは大きいよね。
去年を越えるために、これからどこを変えて、どこを維持していくのかは非常に楽しみなところです。

変わらないようなら、醤油スタではリベンジ達成してみせるぞ!

…と、負け惜しみを言ってみる(笑)



とにもかくにも、Jリーグが始まりましたね。
そういう実感を今悔しさと共に噛みしめております。

今年はきっとうちが旋風を巻き起こす。

それだけを信じて、今年も変わらず応援していきたいなと思いました。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


TM vs 全北現代 in 水前寺

行ってまいりました。

TM vs 全北現代 試合前
試合前

気が向いたので(笑)
いや。ホントに動けないんですよ。なかなかね。

明日は長崎で山形戦。がまだすリーグでしょ?
プレシーズンマッチといいますか、TMですね。やはり。

ここで考えました。

明日、長崎に行くメンバーはだれか。

個人的には、新加入組を見ておきたかった。なので、どっちなんだろうか?と。
明日出場しそうならば、今日はむりむり行く必要もないか。明日は動けないけど。

でも、まてよ…と。
去年はそういや長崎組は控え中心だったなぁ。
Kリーグチームは荒いって聞くけれども、レベルは高い。
それに、ベテラン組に長崎を日帰り往復させるだろうか…いや、しない。
ならば、今日の方が新加入組の出場する確率は高いのではなかろうか?と。

こうなると、心に点った「GO」の炎はちょっとやそっとじゃ消えないもの。
一番恐ろしかった天気も崩れず。

水前寺競技場内まで車で乗り付けて、スタンド観戦に成功。


ってか、人多かったなぁ。
去年と今年で全く違う気がするんですけど。
ぽつぽつのんびりだった頃が懐かしい。
これがリーグ戦での観客動員数に繋がれば、嬉しい悲鳴ですけどね。



さて、結果ですが、0-1で負け。
ただし、スコア以上に内容のつまった試合になったように思います。

メンバーは、全北現代の方はメモとりませんでしたが、2番と15番以外は20番台と30番台、そして40番の選手がいる感じでした。ほぼ2軍ってことなんでしょう。韓国代表の選手たちも所属するってことで楽しみにしてたんですけど。友だちに調べてもらったところ、李東国は20番って聞いたのですが、20番はいましたよ。本人かは分かりませんが。

フォーメーションは4-4-2のボックス型かな。
体の大きい選手たちが多く、がっちり跳ね返すタイプが多いように見えました。裏には弱いっぽい。
攻撃のスタイルはサイドからの崩しですね。そんなに手をかけずにシンプルに回して、崩してくる。上にも書いたとおり、がたいの良いのが揃っているので、玉際に強く、中央でもキープが出来るため、シンプルな攻撃が可能なのでしょう。ただ、技術はそれほどでもないかな。あと、シュート練習を見てた感じ、シュートはそんなに巧くない。サイドからのは切り返さなければ枠にも飛ばない。ただ、パワーというかスピードというか迫力はありました。

さすがにACLに出るようなチームだけあって、個人個人はしっかりしてたように思います。
でも、無理!って愕然とするほど強くもなかったような。2軍だったからでしょうか。



さて、我らがロアッソ熊本ですが、メンバーは以下の通り。

1本目開始時
------小森田------
西森--------宇留野
-------山口-------
----吉井--山本----
-車-----------石井
----矢野--福王----
-------吉田-------

最初背番号だけ見て、えっ!?ばっさんが右SB?って思ったんですが、全然違って。
石井さんでした。なんで3番を着ていたのかは謎です。

2本目開始時
------小森田------
西森--------宇留野
-------松岡-------
----吉井--山本----
-車-----------石井
----矢野--福王----
-------稲田-------

2本目途中
------小森田------
山内--------宇留野
-------松岡-------
----吉井--山本----
-23------------29-
----矢野--福王----
-------稲田-------

ここからすぐに石井が入って、吉井アウト。
何かあったか。手違いか。変なタイミングだったのは間違いないです。
その後、残り30分はなかったと思いますが、2本目の途中で、木島・喜名・井畑・宮崎が入りまして、結局…

終了時
-------井畑-------
木島----------山内
-------松岡-------
----石井--宮崎----
-23------------29-
----矢野--福王----
-------稲田-------

こうだったと思います。

23番と29番については、練習生だと思いますが、23番は原田拓ってことで間違いなさそうです。
遠目からですが顔、それに背格好、走り方、利き足など。タクって呼ばれてたことまで含めて。
29番は逆サイドだったし、完全に不明。小さめだったように思います。マツケンが戻ってきたのかと思いましたが、違いました。

TM vs 全北現代 噂の練習生
今回はちょっとわかりにくい。水前寺なんで勘弁してください。

原田はJ1クラブに所属してただけあって、がっちりしてたなぁ。
自分でやれることきちんとやってたし、蹴る止めるの技術もしっかりしてた。
何より、タイプ的に前へガンガン突破するタイプじゃないけれども、岡山戦で考えてた斜め前へのサイドチェンジに何度かチャレンジしてましたね。結果、通りませんでしたが、良く見れていると思うし、あれができる選手はうちにいない。そして、何より網田くんとタイプのかぶる良き目標となれる先輩になるんじゃないかと。もろかぶりだと思います。実際。
金額的にいっぱいいっぱいだと思いますが、うまいことまとまると良いですね。

29番はあまり目立たなかった。バランス気にしたのかなぁ。左中心で攻めたのもあると思います。
とにかくうちはSBが足りないと思われるので、急募。

といっても、獲らないなら獲らないでも良いと思う。
今いる選手たちがチャンスと思って、頑張ればいいと思う。それが一番素晴らしいと思う。

SB関連だと、イチがランニングしてたので安心しました。
順調とはいかないでしょうけど、きっちり治して開幕にあわせてきて欲しいですね。



では、折り返しの後は、内容と思ったことを少々書きたいと思います。

今しばらくおつきあい下さいませ。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


TM vs ファジアーノ岡山 in 県民総合運動公園補助競技場

行ってきました。
この間のは行けなかったし、明日も行けないので。

試合開始前
試合開始前アップ中

久しぶりに試合らしきものを観ましたが、良いですね。スカッとします。

天候は曇り。TM中、雨は一滴も降らず。風はほとんどなし。
気温はそんなに低くなかったです。10℃以上15℃未満くらいじゃないでしょうか。
湿度は高くないんじゃないかな。じめじめした感じはしませんでした。
自分はスタンドじゃなくて、逆サイドの方で観戦してたんですが、下も濡れていませんでしたし。


結果は、こちら↓
2009-01-30 トレーニングマッチ結果
1/30(金)県民総合運動公園補助競技場

45分×2本、30分×1本
1本目:ロアッソ熊本 1-0 ファジアーノ岡山
(8分 小森田)
2本目:ロアッソ熊本 1-0 ファジアーノ岡山
(36分 小森田)
3本目:ロアッソ熊本 0-1 ファジアーノ岡山
(10分 失点20番)


オフィシャルの動画をみましたが、なんだかピンチばっかに見えますね(苦笑)
でも、そんなことはなかったですよ。


うちの1本目メンバーは↓

------小森田------
山内----------西森
-------宮崎-------
----吉井--山本----
車------------市村
----矢野--福王----
-------稲田-------

バックラインと中盤は去年のスタメン組がほぼですね。
前線はゴンさんとキジのコンディションがまだまだってことでしょう。
井畑くんも出なかったので観られませんでした。あぁ。彼のプレーをいつ観られるんだろう。

ちなみに、岡山の布陣は↓

----西野-小林康---
川原----------臼井
----玉林--馬場----
田所----------澤口
----坂本--野本----
--------李--------

手元の背番号メモと岡山公式の去年のメンバー表・トピックスのメンバーを照らし合わせて作ってみました。岡山サポの方で「いや。それはない!」っていう配置になってたらコメントしていただくか、間違いとしてスルーしていただけると助かります(苦笑)


着替えて一番最初にピッチに出てきたのはコモ。気合いの高まりを感じさせます。
それからうちのメンバーがバラバラっと出てきて、外にあったホワイトボードでフォーメーションとか戦術とかを確認したんでしょうね。その後で岡山の選手たちが出てきました。

ピッチに出た後、コイントスをするってわけじゃないんでしょうけど、ボール決め。
キャプテンのばっさんがいないのにだれが出てくるのかなぁと思ったら、この人でした。

コイントス
ロアッソの未来を担う男

そうです。22番といえば、孝輔です。
ばっさんがいないときはキャプテンマークを巻く可能性もあるってことでしょうか。
それもまた楽しみですね。


そう思っている間にピッチに選手たちが散らばり…
vs 岡山 1本目前 ロアッソ側
ロアッソ側

vs 岡山 1本目前
岡山側

キックオフ。
ってか、このペースで写真貼り続けたらやばいことなりそう(笑)

開始早々、ロアッソが押し込む展開が目立ちます。
SBのポジションがめちゃくちゃ高い。前のワイドを常に追い越さんばかりの攻め上がり。しかも、両サイドとも。北野監督が攻撃的にって行ってたのはこういうことなのか?ちょっと怖いけど、今だから挑戦してみるっていうのもありだと思いますね。

その勢いで左CKゲット。キッカーは西森。右足で蹴ったボールは弧を描きながら真ん中からニアへ走り込んできたコモへ。その長身を生かし、マーカーをものともせず、GKも寄せ付けず、きっちりゴールへ。ロアッソ先制。まさしくあっさりというやつです。

今はどちらのコンディションもそんなに上がってないと思うんですが、やっぱり負けるのはいやだなーと。しかも、一応先輩ってことじゃないですか。Jでは。力の差は多少なりとも見せられたらいいなと不安先行で観戦してたんで、このゴールはホッとしましたね。

しかし、安堵したのもつかの間、自陣側のセンターサークル付近、イチが後方タックルを受け、負傷退場。これもめっちゃ早かった。イチふっとんでたからね。大丈夫かなと思ってたら、おんぶされてピッチ外へ。更衣室(控え室?)に入るところではケンケンでしたから、相当痛いんじゃないかな?右足ケンケンだったので、負傷箇所は左足だと思います。前戦からの守備でボールを奪った直後の惨事。

相手は3番だったから玉林かな?
うーん。まぁ後ろからだったし、あれだけじゃなかったからね。玉林くん。
一方で、攻守のリズムを担っているのも彼のように見えたし。
岡山としては彼のような人材を下手なファウルで欠くことになるのは痛いことだと思うので。
JFLもひどいけど、J2の審判もやたらファンタジーな人がいるからね。気を付けた方が良いですよ。
サッカーやってれば、ケガはつきものだし、イチの早期回復を祈ってあげて下さいとしか言えません。

その後、当然準備なんてしてなかったロアッソはそこからチョソンジンのアップスタート。
勝敗にこだわるゲームでもないし、焦らずゆっくりアップさせてたようにも見えました。
ゲームに出てる選手たちは相当大変だったろうなと心中お察ししますが。

なので、1本目の半分程度は10人だったんじゃないかな?うち。
空いた右SBの位置には西森が下がり(チョソンジンが入ってからはただよが右にスライド)、4-4-1のような形。
それでも、人数が少ないのを感じさせない展開。
岡山のキャンプ疲れもあるでしょうが、終始走り勝ち。
それが一番良かったんじゃないでしょうか。

危ない場面はほとんどがカウンターからでした。
シュートへの意識は高い人とまだまだの人といますね。やっぱり。
チャ様の「シュート!」という声は何度も聞かれましたが。
つなぎのミスは今の時期なのでやむなしな部分もありますが、逆にシュートは今だからこそ外すのを恐れず打たないと。その点、西森やコモ、山内あたりは良かったですよ。

今年は、先輩後輩ができるので、ゲームのやり方としては難しいところも出てきそうです。
今年入る3チームや大幅に若返った岐阜との試合では、もしかするとポゼッションを高められるような試合展開になるかもしれません。去年は全てのチームが格上で、まず守備から…という意思統一がしやすかったのは言わずもがなです。ゲーム内でのリスクマネージメントや選手のメンタルコンディションなんかは去年よりも断然難しくなりますね。そして、51試合というハードスケジュールから考えて、チームが立て直せぬまま連敗しやすいということも言えると思います。注意したいところですね。

まぁ今のところ岡山との差はあると思います。
というか、去年1年でだいぶ成長したような気がしますね。
一昨年までJFLにいて、1本目のメンバーなんてその時のメンバーがほとんどなのに。
あの時は今のようなプレーは出来てなかったと思いますよ。
矢野・翔平は特に段違い。もう各々のポジションで頭1つ抜け出たね。
プレーの判断の質、スピードが全く違いますもん。

コモは2本目も1トップでしたが、1年前のTMでの1トップとは少々意味合いが異なってきてるのかもしれませんね。去年は遊び、今年は本気。確かに、ゆたかさんの正当な後継者タイプになれそうな人材はコモかもです。ポストできる・パス巧い・決定力ある・頭両足どこでもござれ・FKが蹴れる。さらに、ゆたかさんより明らかに守備が巧い。一番難しいポジショニングのセンスで負けていますが、良いFWになれる要素は揃ってます。また、中盤で試合に出るよりは1トップで出る方が確実にうちらしい。今はまだ窮屈そうですが、是非頑張って欲しい。一旦型にはめると思ったように動かなくなりますが、我慢してると一気に開眼しますので。本気でコモを1トップで使うならサポも辛抱でしょうね。考えるより身体が動くようになるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、チャレンジして欲しいなと思います。



これが1本目。長くね?これやばくね?(笑)
まぁ気休めですが、折り返しましょう。

練習生の話もあるし、まだまだ続きますので、よろしくお願いします。



...read more

(伝聞)TM vs熊本県大学選抜 in 県民総合運動公園補助競技場

2009-01-27 トレーニングマッチ結果
1/27(火)vs 熊本県大学選抜
(県民総合運動公園補助競技場)

45分×2本
・1本目:ロアッソ熊本 6-0 熊本県大学選抜
(24分 井畑、29分 井畑、30分 山内、32分 山内、41分 井畑、42分 松岡)
・2本目:ロアッソ熊本 4-2 熊本県大学選抜
(12分 西森、17分 西森、31分 失点、35分 山口、41分 失点、43分 西森)



今、徘徊中です。読ませていただいてます。どうもボクです。

タイトルどおり、見学にいかれた方のレポートを読んだだけなので、新情報は全く出ません(笑)
うちはJ.B.Antennaさんにお世話になってるんでそっちの方から。
ここ読みましたって勝手にリンク貼るのも憚られるので、こういう形での紹介にとどめておきます☆
あそこにあるTM関連の記事は全部読んだといっても過言ではないとだけ言っておきます。
全部面白かったです。これからもどうぞよろしくお願いします。



というわけで、一通り読ませてもらった印象だと、まぁ人それぞれ感じるところはあったでしょうが、「井畑くんが良かった」ということは共通してたように思います。やはり!と言っておきましょう(笑)

大卒選手ってルーキーと表現されるには経験値ありすぎるかな?って思うんですよね。

Jクラブから移籍してきた選手を即戦力と言うならば、大卒選手も即戦力であると、ことJ2においては特に、そう思ってます。例えば、去年でいうところの水戸の荒田みたいな選手。いっぱいいると思うんですよね。残念ながら、所属クラブを間違えてしまう選手も多々見受けられますが。

せっかく高卒でプロにならずに大学で技術や経験を積んできたんだから、それをプロでもつないでいかないともったいない。ここで言う「つなぐ」っていうのは、試合に出場し続けるってこと。1年空いたらFWはゴールの感覚を失ってしまうよ。そして、大卒選手はすぐに20代後半になってしまう。せっかくの才能を伸ばせないまま、埋もれさせるのは本当にもったいない。

ゴールの感覚って本当に特別で、枠にとばすとかすごいスピードとか、そういうものを全て超越した何かなんですよね。本物のストライカーって向き合うと絶望的な気分になるものです。前にチームメイトだった本職GKの人も言ってました。シュートが止められる気がしないって。何か、ふわっとしたオーラ、そういう余裕みたいなものがあるんですよ。あとから考えるとゴールの感覚なんじゃないかなって思うんですよ。

井畑くんは東海リーグの得点王だったと聞きました。
公式で質問を受け答えする動画も見ました。
あのオーラは尋常じゃない気がするんですよ。
かなり実力のあるストライカーではないかとお見受けましました。

キジの調子にもよりますが、開幕はキジ・井畑くん・ゴンちゃんでいいと思うんですよね。
そしたら、いきなり炸裂するかもなとも思ってます。ここで正式にイチオシします。
ヤスとか宇留野とか西森とかワイドの選手は必死にならないとやばいかもよ。
キジとゴンちゃんは去年の終盤にやってたっていう一日の長みたいなものあるからね。
これが一回はまるとスタメンに割り込むには相当のアピール必要になるもん。

まぁまだ、井畑くんの全然プレー見てないですけど(笑)



あ。これをもって、「熱烈歓迎!井畑くん!」に出来ないかな?(笑)




さて、その他にも、どうやら鐵戸くんやら長谷川くん(共に元鳥栖)がTMに出場してたみたいですね。
どちらもそれなりにアピール出来てて、特に鐵戸くんは良かったとそういう印象を受けました。
運動量が多いって時点で、すでに、うちの中盤には向いてるってことだからね。頑張ってアピールして欲しいものです。長谷川くんも、レポートを読ませてもらった限りだと、周りの連携を見ながらのアピールになったんじゃないかな?という印象を受けました。ま。いつも以上の力を出そうとせずに、普段の力を出すとか、得意なプレーをしてもらえたらいいんじゃないかなと。あのサガン鳥栖に声かけられたわけだから力はあるよ。あとは、近くの人とコミュニケーションをとれるとスタッフの評価は高くなるんじゃないでしょうか。

どちらも地元出身なので、うまいこと契約できたらいいですね。


他は、西森くんがハットトリックしてたんでちょっと嬉しかったです。
もしかしたら今日の活躍は西くんがロアッソ熊本に来て余計に燃えてるんじゃないかと想像してます。
彼のキック、特にインサイドのクロスは絶品ですからね。セットプレーのキッカーとしても抜群に巧い。2007年ホームでのHonda戦の1点目のアシストは忘れます。超絶でした。あとは、突破力とポジショニングがもう少し上達したらワイドのスタメン候補になれると確信しています。
今年は是非チャンスをつかんでもらいたいですね。



まー。こんなとこですかねー。なんせ見てませんから(笑)
よくもまぁこんなに長々と書けるよね。自分でも感心する。

金曜日のファジアーノ岡山とのTMは何とか目処が立ちそうなので、頑張ってレポート書こうと思います。
土曜日のニューウェーブ北九州との試合は厳しいかな。関がいるかもしれないし、行きたいんだけれども。なので、こちらはまた他のサポさんのレポートに期待。

今はまだ結果に一喜一憂するような段階ではありませんが、これからベテラン選手たちも出場するようになって、どんどん白熱したポジション争いになっていきそうですね。サポとしては、非常に楽しみです。

選手の方々には疲れもあるでしょうし、思いの外動けなかったりもするでしょうから、様子を見ながら怪我しない程度に頑張って欲しいものですね。

ま。多少は無茶しても大丈夫です。

うちのフィジカルコーチは一流ですから!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


代表戦


行ったひとー?

いいなぁ。
3万人で一緒に何かをするなんてなかなかないことだよ。
盛り上がってる感じがしたし、いつもはサッカー見ない人が楽しんでもらえたら何よりだよね。

これをなんとかロアッソ熊本の方につないでもらって(笑)


はい。わたくしめはこの流れで分かりますように家での観戦となりました。
まぁ代表熱はそんなにないからなぁ。
ロアッソの選手が選ばれたら本気で応援し始めるかもね(笑)


熊本のサッカー協会もこの日を目標に色々準備されてましたが、どうだったんでしょう?
交通対策とか。コンコース対策とか。試合の運営対策とか。諸々うまくいったんでしょうか?

その辺の結果を聞いてみたいよね。
いや。うまくいかなくても責める気は毛頭ないですよ(汗)
なるほどーって言いたいだけです。


それでも、今日の代表戦開催は色んな人の学ぶ機会を提供してくれたんじゃないかな?

上に挙げた運営面での県のサッカー協会もそうだし、それをみてのロアッソ運営関係の人たちもそう。
キー局のカメラの使い方や番組の編成面はローカル局、特にRKKは参考になったと思うし。
ロアッソサポ以外の熊本県の観戦したお客さんも良い雰囲気感じられただろうし。
もちろん代表の試合を見て選手やスタッフ、熊本のサッカー少年がプレーの参考にするのも含めて。

大きかったんじゃないかなって思います。みんなにとって。

今日みたいな雰囲気のスタを作っていくことは、当然ロアッソ熊本が目指すところだし、今回の試合で満足することなく、毎週こんな試合を開催しても大丈夫な運営を目指したいところですよね。夢です。

昨日の夢はちっさかったけど、これはかなり壮大な夢でしょ?(笑)



それにしても、日本代表の試合の背景が見なれた画っていうのは違和感あったなー。
バックスタンドは去年の最終戦とかわらない感じだったんだけど。違和感ありありでした。

全然違うもんだね。あれがKKなんですなぁ。別世界だ(笑)


ま。何にせよ、日本代表が熊本で勝てて良かったです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


入れ替え戦 第2戦

考えてみた。想像してみた。今、自分が出来るプレーを遥かに越えて。


だけど、松浦の1点目のプレーにはたどり着かない。


ワンタッチを考えるなら、高さが微妙だけど無理無理でヘッドを試みるかな。
でも、それじゃニアを打ち抜くのが限界で、ファーには飛ばせない。

前田の折り返しのボールが良かった訳じゃない。
じゃなきゃ、あんな変則的なフィニッシュにはならない。
けれど、松浦の届く範囲に蹴ったという点で、グッジョブだったと言うことだろう。

梁をまた抜きで交わし、また1人抜いて、左へはたき、そのままニアに走り込んでフィニッシュ。
あの流れは美しく、ファンタジーと呼ぶに相応しい場面だと思う。

最近、使われすぎていて、やや安い言葉に成り下がった感はあるけれども。
敢えて使いたい。

あの流れでの松浦はまさしくファンタジスタだった。


出来るか出来ないか以前の話。
あの場面であのプレーを思いつけるか。
そして、それを実行する勇気があるか。

勇気と無謀は紙一重。

確かな技術。
勇気と評されるには、技術に裏打ちされた確信が必要となる。

その点で彼にはファンタジスタになりうる資格があるのではなかろうか?

彼がどのようなプレーヤーになるのか。
来季の楽しみがまた1つ増えた。



…というわけで、この試合のMOMのことにつき思ったことを書いてみました。
やはりどうしても、彼の活躍っぷりには触れざるをえないよね。
本当に見事でした。


試合全体を通しても素晴らしかった。

大きく感想を述べるとすれば、第1戦の不具合の修正を磐田がきっちり出来ていたことが勝因だったかな。仙台は、今シーズン常に抱えていた課題がここ一番でもでてしまったという印象。もし2点目をとるようなチームだったら、きっと自動昇格できていたと思います。

ただ、差はそれほどなかったんじゃなかろうか。

J1の16位とJ2の3位。J1下位とJ2上位の差だろ?って言う人もいるかもしれないけれど、そうじゃないと思う。オフト監督就任後の磐田はずいぶんチーム力が上がった印象あるし。入れ替え戦ラインと中位のチームとは勝ち点的に団子だったしね。J2の5位、6位までも団子だったことを考えれば、リーグ間の力の差は着実に狭まっていると思っている。

来季の仙台は非常に楽しみですね。

って、悠長なことも言ってられないか(苦笑)
今季うちは2分1敗で仙台に勝ってないし、来季こそは是非。



さて、そういえば、栃木の監督が今季神戸を率いていた松田さんになったとか。
おー。すげー。良い監督でしょう。実績十分。
今季も守備が固く見事なカウンターを決めるのをたびたび目の当たりにしましたからね。
カウンターが苦手なうちとしては、かなり厄介な相手になるんだろうなという印象は持ってます。


栃木に限らずですが、来季のスタイルが、監督が決まることによって、少しずつ見え始めてきましたね。湘南の反町監督、東京Vの高木監督とかもすごく面白い気がします。来季のJ2はJ1昇格を達成した経験のある優秀な監督が多いね。選手同士の勝負に加えて、指導や修正なんかの采配の妙も楽しめそうです。

それに加えて、継続か転換か。そして、スタイルに合う選手を獲得できるか。
今からはそっちの方に目を向けて評価していかないとね。

どこがどうだからという悪い意味での比較はしたくない。
同じJクラブ同士、常に敬意と向上心を持って、評価していくことを心がけたいですね。
じゃないと、うちのクラブのスタンスに反しますから。
日本一温かいスタジアム。それがKK。我らがホームスタジアム。


うちのことに限って言うなら、技術や能力があっても、有名なだけで選手を獲得するのは避けたいですね。今季良い発進だったからといって来季もっと上でなければ意味がないってわけでもないですから。

当然期待はしますが(笑)

まず継続。そして、成長。それに結果が伴ってくることがベストだと思います。
安易に外国人に頼るとか、赤字になってでも有名人ひっぱってくるとかは、うちのやり方ではないよ。


結果にはもっとのんびり、余裕を持って、だけど、過程や姿勢にはシビアに。

ってのが、来季のテーマになりそうです。

もちろん選手や監督は勝ちたいと思うだろうし、勝たなければ観客も収入も増えないし。クラブが結果を求めていくのは当然だと思いますけどね。一サポとしては、もうすこしゆったりというか変に気負わずに、ロアッソ熊本を通して、サッカーというスポーツを楽しんでくれる人を増やすことに尽力していこうと思っています。

微力ですが。頑張ります。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


入れ替え戦 第1戦


※NHKでは今夜録画で放送があるということなので、ネタバレOKの方はご覧ください。





...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs サンフレッチェ広島 in KK-WING

いやぁ。素晴らしかったね。


スタメン見て泣ける。

木島さんのゴールで泣ける。

木島さんがアリさんと交代するときに抱き合う姿で泣ける。

くまさんやうえみー、よしおさんら引退するメンバーたちの奮闘ぶりを見ても泣ける。

2万人の観客たちがタレント軍団・広島ではなくて、「ロアッソ熊本」の1プレー1プレーに反応してくれるのを目と耳と肌で感じて泣ける。

試合が終わって、充実感あふれる表情の選手たち、今シーズンで熊本を去る選手たちがグラウンドを一周してくれるのをみて泣ける。

広島サポがうえみーコールをしてくれてるのを見て泣ける。

神城文化の森の社長さんが木彫りの猿をゆたかさんに渡しているのを見て笑う。

公式にアップされているロアッソ写真館の写真を見て泣ける。



今の時期は、他のクラブもそうなんだけど、非常に厳しい時期ですよね。

サポとしては、どんなに試合に出てなくても、必死で頑張ってる姿を見てるから、それぞれに思い入れがあってさ。試合でのミスを書き連ねたりもするけど、別に嫌いだからじゃなくて。早く褒め称えられるようなプレーヤーになって、1年でも1日でも長く、うちのクラブに居て欲しいって心から思うわけで。

誰が出ていくとなっても納得はしない。
っていうより、したくないっていう感じかな。
もはや論理的な説明は出来ないもの。感情論です。ヒステリーです(笑)

でも、理解はしようと努力する。
どこへ行っても応援し続けるって形でいいですか?ってことで、踏ん切りをつけようと努力する。

一緒に闘ってきた仲間に対して、別れを決断するGM兼監督の気持ち、お察しします。
離れていく選手たちが、キヨシみたいに、「熊本最高!」って思ってくれたらありがたいです。

キヨシ最高!


そんな中でも、うちのクラブの態度は真摯で、熱かったんじゃないかなと思う。
引退試合で、J2に上がったばっかのチームなのに、今まで見たこともないような観客を集めてくれる、集まってくれるなんて。それだけで、サポとフロントぐっじょぶでしょう。

1000人程度のところから4年ですよ。ロッソ熊本が出来て、今年が4年目。

20000人って。

J1クラブにも胸を張れると思う。
20000人集めるって本当にすごいことだよ。


引退選手たちのインタビューを公式で見たけど、一様に「やり残したこと、後悔していることはある」って言ってたね。それがすごく心に残りました。そして、そのやり残したこと、後悔していることをロアッソ熊本の未来が達成していかねばなって、また1つクラブとして思いを背負わせてもらったんだなという気がしました。

駅伝で言うところのタスキのように、ロアッソ熊本のユニフォームがたくさんの思いが詰まったものになって、後継者たちがそれを「誇り」として受け継ぎ、また次の世代へうまく継承していってくれたらなって思いますね。


フロントや池谷GM兼監督の計らいも良かったと思います。
これからも是非、所属してくれる選手を尊敬し「礼」を尽くすクラブでありますように…
サッカーに真摯に取り組む選手たちに一目置かれるクラブになりたいものですね。



さて、いつものですが…


正直どうなんでしょう?

今節はどこが良かったとか悪かったとかじゃなくて、もっと気持ちで楽しむものだったんじゃないかなって思うんですけど。ここをこうした方が良いとかいう類のものじゃなくて。

いや。決してめんどくさいわけじゃないですよ(笑)



ま。それを理解してもらった上で、いつもよりサラッと書くと、前半は完全に広島の掌の上でころがされた感じはしました。

広島とうちの差といったら、これは(数字上では)相当なものですが、かなり抜かりなく研究されている感じがしました。なんだか広島の方がチャレンジャーみたいなスタンスでビックリ。プレスをかけたら、落ち着いてはたき、プレスをかいくぐれる縦パスのルートを見つけ、そこにボールを入れたら、素早く攻める、シュートまで行ききる。ものすごく徹底されてましたね。ただ、なんていうかギリギリのところで耐えてた守備陣の奮闘もあり、先制はされましたが、あの時間まで、広島は全力で動き、その疲れが後半に出たという印象はありますね。前半終了後に控え室に戻る選手たちの表情は、何というか、リードしてるのはどっち?っていう感じでしたもんね。

後半はリードした後の気の緩みにつけこんでというか、熊本の選手たちの方がメンタル面ではあきらかにまさってたというか、走り勝つ場面、ピンチもDFやコバのファインセーブで防ぐ場面、リスクを負ってでも勝ちに行くという気持ちがプレーに表れましたね。木島のゴール素晴らしかった。

結局、寿人のスーパーゴールで突き放され、負けてしまいましたが、本気の勝負であそこまで踏ん張れたことは誇っていいと思います。

以上です。


あとは、来シーズンまで試合ないですから、他のクラブの移籍の動向とかをまとめたり、うちの補強ポイントを勝手に考えてみたりしようかなと思ってます。試合ないと書くことないけど、普段は他クラブの話を書く余裕もないし、ロアッソサポ的他クラブの印象と意見と疑問みたいなのをその都度書いていくことにします。その際は「余計なお世話」であることを心にとめつつ、粗相のないように十分に気を付けて書くことにします(笑)



あぁ。あと、今シーズン限りで熊本を去る選手、引退する選手にはここまで触れませんでした。
広島戦前に触れてしまうと、そこで1区切りになってしまいそうだったので。

よし。だれが去るとかはもういいや。書かないことにします。

でも、どっかに決まったら、その時はがっつり書かせていただきますので。

良いチームに決まっておくれよ。
そして、できれば近いところか、JFL以上のカテゴリーのチームに決まっておくれよ。

え?当然見に行きたいからさ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。