ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ファジアーノ岡山 in カンスタ

ふと思ったけど、ネーミングライツって昨今の流行じゃない?
我らがKK-WINGも募集してたよねぇ。たしか。で、売れなかったんじゃなかったか…

これって建物の名前を企業が買って宣伝させてもらいますってことですよね?
でもー、正直、略しちゃったらなんのこっちゃ分からんよね(笑)

カンスタに限らず。レベスタもベアスタも味スタもアウスタも。

CCレモンホールとか正直どうなん?とか思ったけど、略しづらい点と商品名で分かりやすい点はうまいよね。
徳島のポカスタもうまいよね。略してもピンと来る感じはあるね。
味スタはそろそろ定着してるけど、他はまだまだ以前の良い名前の方が印象強くてよく分かんないときがあります。



さておき…

今節は岡山で。0-0でした。
良い方に言うと無失点で良かったねって話だし、悪い方に言うと無得点ってどうなのさって話です。

これは第3節であることやここまで負けずに来てることを考えれば、悪い方に考えるのはちょっとどうかなと思っちゃうかな。現場が両方をきちんと受け止めていれば、サポーターとしては守備に大幅な改善が見られることは手放しで喜ぶべきかと。


高木監督のコメントにもあるように「ミラーゲーム」、つまり、岡山とはスタイルがほぼ同じ、配置されているメンバーのタイプもかなり似ているということで、個人でどちらが上回るか、チームでどちらが上回るか、その完成度が明暗を分ける試合になるという感じだったのかな。

0-0だったということは、どちらも相手を出し抜くほどの力は見せられなかったと。

決定機もほぼ同じくらいじゃなかったか。
こっちが本当に危なかったのは澤口のバー直撃ミドルと、後半の西野のニアに飛び込んでヘッドで合わせた攻撃くらい。
細かく見ればピンチはあったけど、南をはじめ、CBの2人とSB特に筑城がよく守っていたと思います。
最後ギリギリのところで体を投げ出せていたり、きちんとマークしていたり。危ないところのケアもうまかった。
守備の部分で言うなら、開幕からずっとだけど、DFラインとボランチの間隔が危ういことがある。
特にボランチが前がかりになりすぎているということもないんだけど。
もっとコンパクトにしなきゃいけないのかもしれないね。

ブロックラインは出来てるけど、例えばこの試合は両サイドにドリブルタイプの宇留野・山内両選手が配置されたから、サイドで簡単に奪われることも目立った。もちろん彼らのせいだけじゃなくて、パスコースがないとかフォローが遅いとかもあるんだけど。そこからのカウンターに対応するとき、前から行くときと一旦リトリートして立て直すときとバラバラなことがあるのかなと思いました。
前回も書いたけど、あの辺は詰めないと、セカンドアタッカーに決定力のある選手がいるチーム、例えば大分のキムボギョンとか徳島の柿谷や平繁とか柏の澤とか、そういうスペースでやられる可能性は高いですね。やられる前に修正したいですけど。


攻撃は今までより少し繋げたかな。でも、一昨年レベルじゃない?
選手同士の間隔が遠いときがあるよね。あと、CBの2人がわりとロングボールが多い。
相手のタイプ的に決して悪い選択じゃないけど、後ろで回すパスが1つ多かったり、1タッチでいけるところを1テンポ遅かったり、まだまだでしたね。特に、ボランチ2人はもっと頑張らないと。松橋・井畑のコンビはチェイシングもしてるし、良い関係で下がって引き出す、裏を狙うを繰り返してました。井畑はポストもうまいよね。良いキープ・良い落としもあったし、このまま化けて欲しいですね。松橋には良いタイミングで出せなかった場面は多かった。それはSH含めて全員の責任かと。山内はドリブルでつっかけるのもいいけど、もっとゴール付近で仕掛けないと奪われたときが危ないし、逆サイドに展開したときにもっと中に入ってファーからゴールを狙って欲しかったなぁ。後半1つあったけど。うちは決して中央が高いわけじゃないから、ニアの松橋・中央の井畑が囮になって、サイドハーフがフィニッシャーになる形はもっとあってよかったな。そのための宇留野であり、山内であると思うので。

まぁ千葉や東京Vに比べたら、岡山のDFラインは低かったし、攻めにくさはあったけどね。
これから徐々につめていくところでしょうか。



なんていうか、去年の熊本のサッカーを知っているからこそ、こんなもんじゃないじゃない!って気持ちはあるんだと思いますよ。
去年のままじゃ、今のような安定した戦い方はできてないと思うし、比較してどっちが良いって話でもないんだけど。
去年繋げたのに今年繋げないって思うと、観客の中にはイライラしながら観てる人もいるかもですね(苦笑)
まぁそれだけ去年のサッカーは難しかったってことでしょう。

この辺は藤田さんをうまくつかえるかどうかで全然変わってくると思うよ。
0トップでも良いし、そのままトップ下に置いても良いし。高木監督がどうするかですよね。
コンディションの問題はあるかもしれませんが、ベンチに置いておくにはちょっともったいない。
特に、スタイルや力が似ているタイプとの試合には、藤田さんで違いを作りたいと思うけどなぁ。


前回の最後に書いた「引き出し」はまだ見られませんでした。100点満点でいくなら30点とか40点とかじゃないか?
まだ焦るような時期じゃないし、「無敗」っていう結果も出してるわけだから、長い目でみるべきでしょうね。


次節は、ホームで岐阜戦です。
これまで岐阜は苦手だったけど、それはひとえに「ポゼッションの熊本」vs「カウンターの岐阜」の構図がJFLからずっと続いてきて、カウンターにしてやられることが多かったからです。その意味で言うと、今年はうちもカウンターを多用しますし、今節の岡山戦に近い展開になるんじゃなかろうかと思います。

守り合いからのカウンター合戦。

ジャックナイフのような切れ味のカウンターが続けば、当然に切り替えの早いスリリングな試合展開になりますんで、これはこれで楽しめると思いますけど。まぁ見てて心臓に悪いですよね(笑)

個人的な見所は、「岐阜が苦手」という印象をスタイルの変更で変えられるのかと岡山戦で出来なかった引いた相手、自分たちと似たような相手から得点を奪えるかの2点ですね。

正直、千葉みたいな強豪チームと引き分けるより、順位の近そうな岡山や岐阜に勝ちきることはものすごく大事ですからね。ま。千葉との引き分けが悪い訳じゃないですけど。勝つべき相手に勝つことは順位アップに直結しますしね。

次も期待して応援したいと思います。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 東京ヴェルディ in 味スタ

ご、ご、5位てーーーーー(笑)

ありえませんね。我がチームながら。うまくいきすぎです。
まぁ逆に、これだけうまくいっても5位と思って、気を引き締めましょ。


それにしても、ナイスゲームでした。東京ヴェルディ戦。

前回の終わりに、J参入後第2節の勝率100%と書きましたが、無事記録更新。
しかも、全試合2-1(2008vs草津、2009vs横浜C)。
しかも、全試合逆転勝ち。
しかも、全得点FWのゴール(2008ゆたか氏×2、2009ウルキジ)。

先制されても崩れず、やるべきことやり、決めるべき人が決める。

これもう3年連続3回目。

困ったね。顔がほころぶよ(*´∇`*)



さて、試合内容ですが、選手監督含めみんなが言っているとおり、前半を悪いなりによくまとめた。
守備陣筆頭に、中盤や前線の選手たちもよく走ってた。
日曜は晴れてて、ちょっと気温高かったし、きつかったと思うけど、よく頑張ってたと思う。
これが勝因なのは間違いない。

同じ先制でも前半やられてたらちょっと厳しかったかもしれない。

東京Vはオフにチーム存続まで危ぶまれましたから、選手も大幅に変わっています。
若い選手も多くなってて、今シーズンは厳しいのかなと思ってましたが。どうしてどうして。
高木兄弟を始め、井上平やJでも実績のある河野や菊岡など若くて巧い選手たちがたくさんいました。
彼らが新生ヴェルディの基礎になるのなら、末恐ろしいよ。

あのチームが勢いに乗ったら強そうだなって思いました。
だから、前半耐えたのはすごい良かった。
結局、後半先制されましたが、ハーフタイムに気を引き締められて後半に臨まれるのと、やっと先制したと一息つくのとではやりにくさが大きく変わるものね。
もちろん土屋や平本がいますから、東京Vが緩かったとは思いませんが、先制の7分後に追いつかれたところを見る限り、ゲームの作り方としてはまだまだだったのかなと思います。これからですね。柴崎晃が成長しチームがまとまれば、十分フォローできると思います。次ホームで迎え撃つヴェルディはもっともっと強くなってるでしょうね。


あと、前半に関して言うなら、DFラインと中盤の守備ブロックの間隔がイマイチだったかなと思いました。
セカンドボール取られすぎたし、繋ごうとするパスも選手同士の間隔が長すぎたかなと。

想像ですが、開幕戦の千葉戦は相手のプレスに対抗するために簡単に前線に放り込んだ。
東京V戦は戦前の高木監督のコメントにもあったように、より攻撃的に、ビルドアップしながら繋ぐイメージがあった。
その辺のバランスが、中途半端になったのかなと。千葉戦のポジショニングで東京V戦に臨んだっていう感じ。
後半は幾分修正されて良い感じになりましたが、その辺はハーフタイム迎える前に、だれかがDFラインを上げるなり、ボランチを気持ち下げるなり、フォーメーションのバランスとるような声かけをした方がよかったかもしれませんね。
次の岡山戦はどうなるか分かりませんが、このままいくとどこかでやられますし、きちっと確認して欲しいところです。


失点シーンに関しては、南のミスと言うには厳しいかなと思いますね。
あれは、出ても届かなかったと思うし。蹴ったのは左足だった記憶があるから柴崎かな?彼が巧かった。
平本がヘッドで得点しましたが、土屋もどんぴしゃのタイミングで飛び込んでますし。
それに対して、うちのDFは完全につけなかった。GKに任せるイメージだったのかも。
とにかくキックが絶妙でした。南が迷うのも分かるし、DFも対応しにくいのは分かる。
まぁどうにかしないとね。
DFが競れないなら、オフサイドトラップとかも考えないといけないのかな。でも、リスクが高いよね。


同点のシーンについては、右CKからの変化。2つ戻して、右サイドから吉井?のクロス。
ピンで井畑にあったけど、相手GKが触ったかでポストに当たり、跳ね返ったボールに章太が詰めたと。
クロス見事。井畑のヘッドも見事。章太の嗅覚も見事。みんなが仕事したね。

井畑があんなにヘッド強いとは思わなかった。決勝点もあるし、体強いね。よく頑張ってる。
個人的には、去年覚醒すると思ってたんですが、まぁ覚醒してくれればいいや!
大学では東海リーグの得点王でしょう?感覚取り戻せば、ゴール量産し始めるよ。得点の感覚って持ってる人しか持ってないもん。どんなリーグであれ大会であれ、得点王なんて取る人は絶対になんか持ってる人です。

章太も良かったね。うちは他でくすぶってるFWを再生するチームとしては一家言持ちですから(笑)
このタイミングで得点とれたってことは大きいかもしれない。章太は近年公式戦あんま出られなかったしね。
シーズンベストが大分で10点だったっけ?これは超えるな。今年か遅くても来年には超える。
押し込むのはあまり格好良くは見えないけど、ごっつぁんゴールは常にゴールを狙っている証拠だから。
ゴールに飢えているギラギラしたオーラはプレーに出てるじゃない!
FWとしては大切だと思うし、まだまだやれる選手だなと思います。


決勝点については、井畑かっけーで(笑)それのみな感じはするね。
去年加入したときから、ゴール前での感覚はすごい独特で、変なリズム持ってるからね。
昨シーズン出場したときは、ボール触る回数も少なかったし、守備面での貢献が多かった。
本当は今シーズンみたいにボール入れてDFと闘わせるタイプだったんだろうね。裏に抜け出してスマートに決めるというより、相手にマークされても、ゴールの方を向いて無くても、ボールを入れて勝負できるスペースを作ってあげる。そういう使い方の方が良いのかもしれないね。去年は繋ぐ意識が強かったし、木島や宇留野がドリブルで勝負してたから、井畑の居場所はなかったかもね。
まぁ良かった。これからに期待。


あと、藤田さんがやっぱすごいよ。
本当はもっと長く試合に出てるところ見たいし、得点決めたりアシストしたりして欲しいんだけど、このクローザー的役割?素晴らしいよね。全盛期の大魔神佐々木並みに素晴らしいよ。完璧なリリーフ。
何て言えば良いんだろう。ただ、出るだけでわくわくする。何かをしてくれそうなオーラは去年よりある気がする。
開幕戦でゴールのチャンスもあったし、出場の機会はこれかも十分にあると思うから、藤田さんの活躍を心待ちにしておりますよ。


いやぁ良かったですね。
まだチャンスもらっていない選手もいますけど、是非ともこの良い流れにのっかって欲しい。
去年、一昨年と負けが続く時期もあったし、せっかくの良い流れに乗り遅れるのはもったいないぞ。



次節は、またしてもアウェイで岡山との試合。去年の第3クールでは負けました。
格上の千葉、そして、東京Vときて、順位的に近くなるであろう岡山との試合は、高木ロアッソの真価が問われる試合になると思います。去年までは、強いチームと試合をすると善戦するんだけど、順位の近いチームと対戦するとダメダメになったり、負ける試合も多かった。

千葉戦はカウンターを重視して、ロングパスを多用した。
東京V戦はもう少し繋ぐはずだったけど、それはできなかった。

岡山戦は去年の感じをみても、今年の岡山の試合をみても、相手はカウンターを狙ってくるような試合になるはず。崩すフットボールが求められるはず。章太の活躍できるスペースが今までより狭くなる。井畑はコンディション悪かったらしいけど、ここでは踏ん張ってもらわないと。拓ちゃんや吉井のミスがより致命的になるであろう次の試合は高木ロアッソの引き出しがたくさんあるのか、去年のパスサッカーは今年も健在なのか、ここら辺に注目したいと思います。

2010シーズン開幕戦 vs ジェフユナイテッド千葉 in KK-WING

おそらく…

戦前の大方の予想を覆し、マスコミ各位はもちろんのこと、たぶんサポでさえ、こんな試合になるとは思ってなかったんじゃないかと。

結果引き分けでしたけど、相手が優勝候補の千葉であることや地元出身の巻がいること含め、試合の内容、観客動員その他諸々、現状でのベストを出したのではないかと。そう思っています。

決してネガティブな意味ではなく。皮肉でもなく。そのままの意味です。


「もしかしたら勝てたかもしれない」

そう思った観客は多いはず。

「あの千葉に勝てたかもしれない」


サポとして、どんなに相手が強かろうと、J1チャンピオンの鹿島だろうと、ヨーロッパ王者のバルセロナだろうと絶対負けない負けたくないという気持ちはもっています。
が、その気持ちとは裏腹にサッカーファンとして選手の知名度や実績、能力を冷静に分析し、でも厳しいかもなと考えることは否定しません。

今回、千葉に、あの千葉に、練習試合で0-4で完敗したあの千葉に…

「もしかしたら勝てるかもしれない」

試合前そう確信していたサポはきっと1人もいない。

ま。言い過ぎかもしれませんが(笑)
サッカーファンであればこそですよ。冷静に分析してしまうのは。

うちは降格チームキラーですからね。
一昨年の広島には勝てなかったけど1度は引き分けたし、一昨年は甲府にも勝って、横浜Cにも勝って。
去年も札幌・東京Vに勝てましたし。
なんででしょうね。降格したチームの勝ち点を削るの得意だったりしますよね。



内容で言うなら、1つはやっぱり南だよね。GKでこんなに変わるものかと。

彼らの動く範囲は限られてる。しかも、活躍する時は99%ピンチ。
良い補強だと思うけど、効果はいかほどだと。内心思っていました。
失点が10から20減ったとしても守備の弱いチームという枠組みから脱出することはできないんじゃないかと。

キャッチ1つ。パンチ1つ。安定感あるなと。
得点されない雰囲気。あのクロス、あの程度のシュートなら大丈夫っていう安心感。
DFラインも自分の役割しっかり果たせてたし、攻撃だって守備から始まるわけだから。
良いキャッチングは次の良い攻撃の礎になりますよ。なってました。

他のGK陣、これは勉強になるよ。試合に出る機会は減るかもしれないけど、この1年学ぶ物は多いと思う。
みんな頑張って欲しいね。


2つ目は、高木采配よね。
TMはいくつかやってても、やっぱり実戦での結果よ。
この監督にならついていける。言うとおりにすれば勝てる。そこから生まれる信頼関係。
高木監督は就任したときから「残り15分での得点」という目標を掲げてた。
藤田さんや西がどういう理由でベンチだったのかは分からないけど、2人とも怪我で出遅れてたのもあるし、西なんかの試合後コメントを読むとあまりコンディションが良くなかったのかしれない。

それでもこの使い方ね。普通は攻撃の要の2人が90分厳しいってなったら不利と思うよね。
まさかこれを逆手にとって、残り15分での猛攻のきっかけをつくり、目標を達成させるとは。

高木さんは「引き分けで満足するのはおかしいんですけど」って言ってたけど、試合プランニングをする上で、リードされて終盤を迎えることは絶対に想定してたはず。試合が始まれば、監督の出来ることなんて微々たるものでしょうから、この試合の流れで考えうるベストの選択はできていたと思います。

結果勝てなくても、この一戦で得られたものは大きかったと思う。
おそらく高木監督にとってのプラスが一番大きかったんじゃ無かろうか。

まぁこれからうまくいかないこともあるだろうけど、高木監督に任せたらいけるんじゃね?的な雰囲気が続けば良いシーズンになりそうですね。久しぶりに采配の妙を楽しませていただきました。


得点シーンは、西からイチでしたね。
イチのトラップシュートは完璧。利き足じゃなかったし、よく決めたよ。さすがです。
西は、その前の藤田さんへのスルーパスもあったし、サイドから中へ絞る動きで相手DFラインを完全に釘付けにできた。他の前線の選手たちがダイアゴナルにニアに動いて、ファーにスペースを作るも動きも素晴らしかった。
千葉は4-5-1のフォーメーションでしたが、深井や谷澤は元々攻撃的な選手だし、きわめて4-3-3に近い形。村井が入って、中盤でブロックを作るような意思統一ができたら守れたんでしょうけどね。ちょうどイチの対面の選手が代わってマークの意識が希薄なまま終盤を迎えたことは大きな誤算だったのかもしれませんね。

ま。そもそもミリガンを中盤と代えて出場させた時点で、「あれ?千葉意外と余裕ねぇなぁ」なんて思いましたけどね。
それぞれのポジションで良い選手揃ってるし、ベンチが薄いわけでもないし。あそこでミリガン出す意味がよく分からない。普通にボランチの選手出して、巻と倉田残しでカウンターしてれば守れたろうと。もちろん結果論ですが。

個人的には巻がいることもあって、千葉にはJ1に復帰してもらいたいと思ってるんですけどね。
ちょっと不安ですねぇ。


守備面では、1トップの巻に矢野とただよの2枚できちんとアタックすることで相手のチャンスだいぶ潰してたので良かったと思います。筑城も目立たなかったけど、堅実に守備してたと思います。イチは失点の場面でヘッドで触れなかったのは痛かったですね。

失点シーンは、誰が悪いと言うより、偏にチーム全体の攻守の切り替えが明らかに千葉に劣っていたことが原因であると思います。右からクロスを上げられる前、左からショート2本でサイドチェンジされてるんですけど、その1人目に拓ちゃんがしっかり絡めなかったことに始まり、サイドチェンジでずらされた。最初の選手はDFで挟んでたし、シュートも南がしっかり触ってたけど、あそこ詰められたらどうしようもない。相手が切り替えを早くしてきたのか、うちが疲れて遅くなってしまったのかは分からないけど、90分の中には良い時間帯も悪い時間帯もあるし、悪い時をどうやって過ごすか、しのぐかはこれからの課題として残ったかなと思います。



でも、まあ良し!でしょ。
選手や監督が引き分けで満足していないのも嬉しいし。サポとしては満足してます。



次は、アウェイで東京V戦ですね。
相手は第1節試合がなかったため、うちとの試合が開幕戦になります。
モチベーションは相手の方が高いと思いますが、千葉と引き分けた勢いそのままに、勝率100%の第2節に今季初勝利の期待をしています。頑張って欲しいですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。